防災ジャック広告_2022_左防災ジャック広告_2022_右 防災ジャック広告_2022_スマホ
  1. Home
  2. グルメ
  3. 【国道グルメ】新潟県最長だからいい店もいっぱい! 国道8号(新潟市〜糸魚…

【国道グルメ】新潟県最長だからいい店もいっぱい! 国道8号(新潟市〜糸魚川)のうまいもん17選!

国道グルメ(国道8号)

  • 情報掲載日:2022.09.18
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

県内最長を誇る国道8号沿いに軒を連ねるうまい店を一気に紹介します!

※掲載内容は取材時のものです。その後、料金や営業時間など変更された場合もありますので、お出かけ前にご確認いただきますようお願いいたします。

 

肉のうまみを最大限に引き出したステーキ
【新潟市南区白根】くれよん

『ビーフステーキランチ』(1,370円)
『ビーフステーキランチ』(1,370円)

ログハウスのような外観が目印の洋食店です。
看板メニューは店主の出身地・名古屋の八丁味噌を使った味噌カツ。
味噌カツもいいけれど、ここへ来たらぜひとも食べてほしいのが『ビーフステーキランチ』。
国産牛を塩とコショウでシンプルな味付けに仕上げ、肉のうまみがあふれます。
テーブルに運ばれてくるときのジュ―! の音を聞いたら食欲が倍増する!

完食できたら男気あり!? ド迫力の味噌ラーメン
【新潟市南区白根】らーめん神田屋

『男前味噌らーめん』(1,380円)
『男前味噌らーめん』(1,380円)

『男前味噌らーめん』は常連客のリクエストから誕生したメニュー。
一番人気の『こってり味噌らーめん』に鶏の唐揚げを4つ、コーンとバターをトッピングして、味玉と海苔を増量! さらに炒め野菜も400グラム入った男気あふれる一杯です。
麺の量は90~300グラムの間で選べるんだって。もちろん大盛りにするぞ!
カロリーは考えない考えない、、、美味しければいいのだ。

フレッシュさと濃厚な口溶けのジェラートはファン多数!
【三条市】果樹園のジェラート 田沢農園

『ジェラート』(1個250円~。写真は3種盛り650円)
『ジェラート』(1個250円~。写真は3種盛り650円)

無肥料農法で果物を栽培する田沢農園が運営しています。
果汁80%以上を使用したジェラートはドライブのお供にぴったり!
大きめにカットされたフルーツがトッピングされているのもうれしいですね。
常時10種類ほどを提供しています。
2個盛り以上の注文には生クリーム付き!

昔も今も変わらない「原宿」カルチャー
【三条市】らーめん原宿

『味噌野菜たっぷりラーメン』(900円)と『餃子』(350円)
『味噌野菜たっぷりラーメン』(900円)と『餃子』(350円)

昔は「ドライブイン原宿」としてレストランやラーメン店を運営し、人々に親しまれていました。
約40年前に人気だったラーメン店だけを残して今の形に。
ドライブイン時代からの「原宿」という店名は、当時の社長の苗字「原」と、訪れた人にゆっくり過ごしてほしいという意味を込めた「宿」をくっつけたものだそう。
創業から変わらぬ味わいに何だかホッとします。
ぜひ餃子と一緒に味わって!

熱い侍魂が込められた店名の秘密とは!?
【三条市】侍ラーメン

『トロラーメン』(880円)に『どろたま』(170円)をトッピング
『トロラーメン』(880円)に『どろたま』(170円)をトッピング

侍ラーメンという店名は「ダメなら切腹するという覚悟を込めて付けたんだ」と大将。
創業当時はお金もなく、市街地から離れた店だから厳しい状況だったそう。
でも今や背脂ラーメンと半熟で濃厚な醤油味の『どろたま』で人気の店!
現在もスープの改良を行うなど、ハングリー精神で営むラーメン店です。
『トロラーメン』に『どろたま』トッピングは必至!

半羽揚げと焼鳥の二刀流定食!
【見附市】ひな鳥金子 今町店

『ひな鳥セット』(1,200円)
『ひな鳥セット』(1,200円)

三条市と見附市で4店舗を展開する老舗の食事処。
養鶏場直営店で、生産から処理、加工までを一括で行なっています。
おすすめメニューは、上質な鶏肉を使った『ひな鳥セット』。
皮はパリッとジューシー、やわらかい肉質の『半羽唐揚げ』と焼鳥が一度に食べられる贅沢な定食です! サラダ、小鉢、ご飯、味噌汁、漬物が付きます。

中毒性あり!? ガッツリトンコツラーメン
【見附市】ラーメン弐豚

『豚そば』(850円)
『豚そば』(850円)

開店前から行列ができる人気店。
その先にあるラーメンとは、、、看板メニューの『豚そば』!
モチモチの平打ち太麺にトンコツベースのマイルドなスープが絡む一杯です。
国産豚のトロトロチャーシューとてんこ盛りの野菜がこれまたたまらない!
麺の量は180グラム、270グラム、360グラムから選べます。しかもどれも料金は同じ。
ニンニクをプラスしたり、カレーパウダーで味変したりするのもおすすめ。

やっぱりこの味! 長岡市民のソウルフード
【長岡市】フレンド 喜多町店

『イタリアン』(手前・350円)、『ギョウザ』(奥・8個350円)
『イタリアン』(手前・350円)、『ギョウザ』(奥・8個350円)

長岡市内に7店舗を展開する、人気のチェーン店。
路面店は同店のみで、ドライブスルーの車がズラリと並びます。
長岡市民で知らない人はいない? 『イタリアン』は、細麺の焼きそばに甘じょっぱいミートソースがたっぷりかけられたソウルフード。もうひとつの定番メニュー『ギョウザ』も外せません。30品目の具材を使用した食べ応えのある一品です。デザートはもちろんソフトクリーム! 実は、ドライブスルー国内発祥の地としても有名なんです。

鮮魚店だからこそのネタの豊富さが魅力
【長岡市】海宝丸 長岡インター店

奥から『本まぐろ三昧』(913円)、『赤身』『中トロ』(各396円)、『大トロ』(913円)
奥から『本まぐろ三昧』(913円)、『赤身』『中トロ』(各396円)、『大トロ』(913円)

県内のスーパーや百貨店に店舗を持つ鮮魚専門店・海宝丸が手掛ける回転ずしの店。
注目のネタは国産マグロの大トロ、中トロ、赤身、鉄火巻を一度に味わえる『本まぐろ三昧』です。マグロ好きにはたまらない豪華な一皿! 贅沢な食べ比べですね。
1個150円で味わえる名物の宮城直送のカキは売り切れ必至! 
土曜限定で生本わさびを自分ですりおろすことができるサービスもありますよ。

コーヒーとヘルシー丼で特別なランチを
【柏崎市】Cafe Fraise

左からCafe Fraise+Le lienの『白だし揚げ鶏』、『塩麹ハーブチキン』(各550円)、Cafe Fraiseの『フレーズブレンド』(400円)
左からCafe Fraise+Le lienの『白だし揚げ鶏』、『塩麹ハーブチキン』(各550円)、Cafe Fraiseの『フレーズブレンド』(400円)

スペシャルティコーヒーとフルーツドリンクを販売しているテイクアウト専門のカフェです。
近くの姉妹店Cafe Fraise+Le lien(カフェフレーズ ルリアン)の手作り惣菜のカフェ丼も提供しています。(平日は15時以降にLe lienにカフェ丼が残っていた場合のみ)。
カフェ丼とコーヒーをテイクアウトして海辺でピクニック!
潮風を感じながら、オシャレなランチタイムを過ごしてみては。

インパクト大! トンカツがのった名物ラーメン
【柏崎市】食堂くいしん坊

『トンチャーラーメン』(1,050円)
『トンチャーラーメン』(1,050円)

「ボリュームがあって、安くてうまい」がモットーの老舗の食堂です。
ラーメンに大きなトンカツがのった「トンチャーラーメン」は、言わずもがな食べ応え抜群!
まさにくいしん坊も大満足の一杯です! ラーメン×トンカツの化学反応はもう幸せでしかない。
麺はこのメニューのためだけに作られた平麺。
スープは醤油と味噌の2種類から選べます!

筋トレ好き注目! 体作りに特化したカフェ
【柏崎市】PROTEIN CAFE 358

『日替ランチ』(600円)とチョコバナナ味の『プロテインシェイク』(500円)
『日替ランチ』(600円)とチョコバナナ味の『プロテインシェイク』(500円)

トレーニングジム、jack’s gymに隣接するカフェ。
ジムを経営する横田さんのお母さん、悦子さんが営んでいます。
『日替ランチ』や『おにぎりセット』などのフードメニューをはじめ、『プロテインシェイク』や『アミノティー』などの種類豊富なドリンクを提供。
筋トレマニアにはたまらないメニューの数々! 
しっかり食べて、飲んで元気いっぱい!

「看板娘」に会いに行きたい! 道沿いのカニ直売所
【柏崎市】カニ長福丸

『紅ズワイガニ』(1匹600円~)
『紅ズワイガニ』(1匹600円~)

信越線の列車が真横を通過する国道沿いに、ポツンと佇むカニ直売所。
3代目「看板娘」の吉村さんが迎えてくれます。
能生沖で漁をする長福丸の池田さんが毎朝取れたてを届け、店先のショーケースの中は真っ赤なカニでいっぱいに! 国道ドライブのお土産として購入していく人も多いんだそう。

おかしなお菓子屋さんのメニュー名に注目!
【上越市】ぜんしろう

『堅焼きシュー』(1個180円)
『堅焼きシュー』(1個180円)

店内で販売されている和洋菓子の中には、個性的な名前のものがいっぱい!
約20年前に和菓子に加えて洋菓子の販売を始めた頃に、「おかしなお菓子屋さん」という冠を看板に付けたのが始まりだそう。
『ぜんしろ~る』や『どらむすこ』など、ユニークな名前の商品が誕生しました。
注文のたびにクリームを入れる『堅焼きシュー』は時間によって変化する食感が好評!

アジフライのサクッフワッ食感を体感せよ!
【上越市】食堂 徳市

『アジフライ定食』(850円)
『アジフライ定食』(850円)

朝8時の開店前から並んで待つお客がいるほどの人気店!
おかずの入ったショーケースを見ながら、カウンターでメニューを注文するスタイルです。
『アジフライ定食』は、サクッフワッの食感が好評! 
釜で炊いた地元産コシヒカリのご飯と一緒にかきこもう!
『タンメン』(740円)も人気メニューだそう。

新鮮でうまい! 狙うは旬ネタ尽くしの海鮮丼
【糸魚川市】シーサイド磯貝

『海鮮丼』(1,320円)
『海鮮丼』(1,320円)

鮮魚をふんだんに使ったメニューで好評の和食処。目の前は日本海!
人気メニューは、1992年の創業当初から愛され続ける『海鮮丼』。
旬のネタがてんこ盛りで贅沢! ご飯は糸魚川産のお米です。
切り身6種、貝、カニ、甘エビ、イクラ、卵焼き、カマボコがのっています。
プラス330円で、味噌汁をカニ汁かタラ汁に変更可能!

日本海を眺めながら味わう迫力丼
【糸魚川市】親不知ピアパーク お食事処 漁火

『カニ天丼』(1,870円)
『カニ天丼』(1,870円)

道の駅親不知ピアパークに隣接しているお食事処。
店長が釣り上げた魚を使った海鮮丼や定食を提供しています。
おすすめメニューは、数量限定の『カニ天丼』!
丼からはみ出すほど大きなカニの足の天ぷらがインパクト大! 食べ応え満点です。
平日の昼限定の『サービスランチ』は、550円とお手頃。

関連記事