長谷川さん_ジャック左長谷川さん_ジャック左 長谷川さん_ジャックスマホ
  1. Home
  2. グルメ
  3. この店といえばこのひと皿! 新潟人気洋食店の看板メニュー6選

この店といえばこのひと皿! 新潟人気洋食店の看板メニュー6選

ピーア軒/だいどころや/キッチン加山/文化洋食 ino/スノーマン/Bistro Kitchen V

  • 情報掲載日:2020.08.02
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

新潟で人気の洋食屋さん。
なにを食べてもおいしいんだけど、
ここに行くならこれ!っていう看板メニューが有名な店も多いよね。
そんなお店の看板メニューをまとめてみたよ。

ピーア軒のタンシチュー|新潟市中央区白山浦

3〜5日かけて煮込んだ牛タンを提供直前に切り分け、デミソースで軽く煮込んで完成。

箸でも切れるやわらかさで、デミソースの心地よい酸味と深いコク、牛タンのうまみが口の中でとろけるように融合します。

老若男女に幅広く愛され、宴会料理、弁当やオードブルの一品としても人気です。

だいどころやのカニクリームコロッケ|燕市吉田

サクサクの衣に、カニクリームがみっちり包まれた『カニクリームコロッケ』(1個350円税込)。

カニのうまみがぎゅっと詰まって食べ応え抜群!

オーダーを受けてから揚げるため、アツアツの状態を味わえます。

キッチン加山のステーキ|新潟市中央区万代

新潟市の繁華街・万代エリアで愛され続けて40年。

現在は、2代目の加山雄一郎さんが看板を守っています。

オムライスやハンバーグ、牛スジカレー、チーズフォンデュなどが人気で、学生からお年寄りまで多くの方に愛されているんです。

開店以来の看板メニューといえるのがステーキ!

『国産牛ステーキ』(200g 2,200円税込)には、国産牛のサーロインを使用。厚めにカットした肉を、油の引き方、煙の出方に気を配り、火力を微調整しながら、両面にしっかりと焼き色が付くように焼き上げています。

文化洋食 ino(イノ)のハンバーグ|新発田市

2021年の 10月で創業 20周年。

創 業当初からある『ハンバーグチーズ焼きセット』(1,200円税込)が看板メニューで、なんと全オーダーの8割を占めるそうです。

ひき肉の割合が多く、肉本来の甘みとうまみをしっかりと感じられるのが特徴。ナイフを入れた途端にジュワ〜ッとあふれ出す肉汁がたまりません…!

スノーマンのオムライス|妙高市新井

お店の自慢は、なんといっても完成までに3週間かかるデミグラスソース。

香味野菜やフルーツを半分になるまで煮詰め、継ぎ足し…を繰り返すことで深いコクを生み出しています。

これを使った定番メニューが『オムライス(デミグラスソース)』(1,000円税込)。

自家製のトマトソースで作るケチャップライスは、ニンニクのいい香りが食欲をそそります。

Bistro Kitchen V(ビストロキッチンブイ)の松坂鉄板焼|新潟市中央区東堀通

アツアツの鉄板の上には、やわらかい牛バラ肉がドンッと160グラム!

『松阪鉄板焼』(1230円税込)は約 55 年前 の創業当初から提供され、新潟市民が愛してやまない名物メニューです。

食べた人を虜にするのが、お肉によく絡む自家製の「Ⅴソース」。
バターの風味と醤油の香ばしさ、これを引き立たせる白ワインのバランスが絶妙で、間違いなくライスが恋しくなります。

 

 

※掲載内容は取材時のものです。その後、料金や営業時間など変更された場合もありますので、お出かけ前にご確認いただきますようお願いいたします。

 

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS