大人酒ごはん_ジャック縦_左大人酒ごはん_ジャック縦_右 大人酒ごはん_ジャック縦_スマホ
  1. Home
  2. グルメ
  3. 【カンタンおうちレシピ】新潟県産切り餅を使ったメニューを楽しもう!

JA全農にいがた「新潟じば食ファミリープロジェクト」

【カンタンおうちレシピ】新潟県産切り餅を使ったメニューを楽しもう!

新潟県産食材にもっと親しんでもらうべくスタートした「新潟じば食ファミリープロジェクト」。生産者のプロ、料理人のプロを通して、食材の魅力をたっぷり紹介します!

  • 情報掲載日:2023.01.23
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

2021年8月にスタートした「新潟じば食ファミリープロジェクト」。

安全安心でおいしい「新潟産」をもっと楽しんでほしい。普段の生活から「地産地消」を取り入れて新潟県産、地場産を食す機会をもっと身近な光景にしたい。そんな想いからスタートしました。

今シーズンは、第1弾「にいがた和牛」、第2弾「いちじく」、第3弾「れんこん」、第4弾「切り餅」の4つをピックアップ。

それぞれで、飲食店で実施する期間限定メニュー編(外食編)と、カンタンおうちレシピ編(内食編)があります。

今回は、新潟県産切り餅『カンタンおうちレシピ』編です。

※記事の最後に、新潟市内の人気飲食店10軒が提供する『期間限定メニュー』編へのリンクがあります。

新潟県産切り餅について学ぼう

おいしさはもちろん、高効率なエネルギー食

普段食べるごはん(うるち米)が精米されて半透明なのに対し、もち米は白く不透明。主要成分であるでんぷん(アミロペクチン)が多く、粘り気が強いのが特徴です。

新潟県産もち米の代表的品種は「こがねもち」。もち米の最高級の品質を誇ります。餅にした際のコシや伸び、舌触りの滑らかさ、もっちりとした歯ごたえが特徴で、餅に最適な米とされています。

そして、切り餅のすぐれている点は手軽さ。時間がない時や食欲がない時でも食べやすく、さまざまなアレンジをして食べることができます。今回、切り餅のトップメーカー・サトウ食品新発田工場に行って、お話を聞いてきました。

サトウ食品株式会社 経営企画部 浅川梨乃さん
「餅のバターソテーのスイーツレシピがおすすめです!」と浅川さん
「餅のバターソテーのスイーツレシピがおすすめです!」と浅川さん

——切り餅のすぐれた点は?

浅川さん・「手軽に食べられるほか、アスリートやスポーツ愛好家にとってもメリットがたくさんあります。持久力系スポーツでバテない身体をつくるため、そのカギである糖質を効果的に摂る食事を、餅を通して実践する“餅カーボローディング”というものがあります。餅にはごはんの約1.4倍の糖質(=エネルギー源)が凝縮されているため手軽に効率よく摂ることができ、それらは筋肉や肝臓にグリコーゲンとして蓄えられ、走り続けるための持久力になります。腹もちがいいのが特徴で、消化のよい食べ方などレシピの幅も広く、実際に多くのランナーが餅カーボローディングを実践しています」

——「サトウの切り餅」こだわりとは?

浅川さん・「『パリッとスリット』という餅の上面にスリットを入れることで、ふっくらキレイに焼きあがります。また、個包装のフィルムには『ながモチフィルム』を採用しており、およそ2年間おいしく召し上がっていただけます」

——おいしさの秘密を教えてください。

浅川さん・「すべて自社精米のもち米から製造し、実際に杵と臼で餅つきを行なっているので、適度な弾力のあるおいしい餅に仕上がります。また、餅をつく回数なども気温や湿度によって調整しています」

カンタンおうちレシピを作ろう!

今回、新潟県産切り餅でレシピを作ってくれたのは、新潟市江南区にあるイタリア料理&バールたんと亀田店。女性を中心に人気のこちらのお店が考案してくれたのは、切り餅を使ったパンピザ。

切り餅とチーズが混ざり合いもっちり&トロ~リ! 食べた瞬間、餅とチーズの相性の良さにきっと驚くはず。

レシピ考案:イタリア料理&バールたんと亀田店
シェフ・鈴木さん
「新潟市の亀田にあるイタリアンのお店です。ピザ、パスタ、デザートなんでもやります。ぜひ亀田に遊びにきてください。待ってます!」
「新潟市の亀田にあるイタリアンのお店です。ピザ、パスタ、デザートなんでもやります。ぜひ亀田に遊びにきてください。待ってます!」

『切り餅のパンピザ』

『切り餅のパンピザ』。鈴木シェフが切り餅の新たなおいしい食べ方を考案してくれました
『切り餅のパンピザ』。鈴木シェフが切り餅の新たなおいしい食べ方を考案してくれました
●材料 (6枚分)

切り餅…2個
バゲット…厚さ1.5cm×6枚分
※食パンでも代用可
シュレッドチーズ…72g(1個あたり12g)
オリーブオイル…大さじ1
大葉…3枚
【ソース(3種類)】
明太マヨネーズ…適量
食べるラー油…適量
海苔の佃煮…適量

●作り方

①バゲット・切り餅・大葉を切る。バゲットは1.5cm幅に、切り餅は1つを12等分に、大葉は千切りにする。

②バゲットに3種類のソース(明太マヨネーズ/食べるラー油/海苔の佃煮)を塗る。

③その上にカットしておいた切り餅を重ならないようにのせる。バゲット1枚に4つが目安。

④シュレッドチーズをのせてトースターで焼く。チーズがとろけたらOK(260度の場合3~4分程度)

⑤オリーブオイルをかけ、大葉をのせて完成。

今回は3種類のソースで作ってみたけど、和洋中なんでもいけそう。「切り餅+チーズ」って名コンビかも!

なお、とても簡単なレシピですが、バゲットの端が焦げやすいのでご注意を。

新潟県産切り餅
Instagramキャンペーン実施中!

JA全農にいがた公式Instagramでは、1月23日(月)~2月5日(日)までキャンペーンを実施中!

クイズに答えて、新潟県産切り餅やJA全農にいがたエコバッグを当てよう! 詳しくは下記をチェック!

なお、新潟県産切り餅を使った人気飲食店の『期間限定メニュー』編は、下のリンクをクリック!

関連記事