女子ご2022_縦1女子ご2022_縦2 女子ご_スマホ用
  1. Home
  2. スペシャル
  3. 【RYUTistがやってみました!】佐藤乃々子さんが秋葉硝子でガラス職人に挑…

RYUTistがやってみました!

【RYUTistがやってみました!】佐藤乃々子さんが秋葉硝子でガラス職人に挑戦!

  • 情報掲載日:2022.10.30
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

月刊にいがたで好評連載中。

新潟市古町を拠点に活動する4人組アイドル・RYUTistのメンバーが、いろんなお仕事に挑戦する『RYUTistがやってみました!』。

今回訪れたのは、5月にリニューアルオープンした新潟市秋葉区の吹きガラス工房・秋葉硝子。

代表であり、ガラス工芸作家の照井康一さんが手掛けるオリジナル作品を販売するほか、作業風景の見学や要予約で吹きガラス体験(3,000円)もできます。

ガラス職人歴46年の照井さんの指導のもと、のんのがオーダーメイドの花瓶作りに挑戦!

 

「長い竿を支えながらガラスを吹く工程は腕がプルプルしました(笑)」とのんの
「長い竿を支えながらガラスを吹く工程は腕がプルプルしました(笑)」とのんの

まずは完成イメージを決め、50種類以上のなかから色をチョイス。

次に1350度(! )もあるという炉の中に吹き竿を入れ、溶けたガラスを巻き付けて理想の形に仕上げていきます。

「作業中はとても熱くて、ガラスが垂れてしまわないように重たい吹き竿をずっと回し続けるのも大変でした。吹く工程は加減が難しかったのですが、すごく楽しかったです!」とのんの。

透明なガラスに色を付けたり、熱したガラスの形を整えたり、さまざまな工程を体験
透明なガラスに色を付けたり、熱したガラスの形を整えたり、さまざまな工程を体験
照井さんと息を合わせて理想の形に仕上げます
照井さんと息を合わせて理想の形に仕上げます

ガラスは冷めるとすぐに硬くなってしまうため、時間との勝負。

「師匠! 師匠! 助けてください!(汗)」と戸惑う場面もあったが、先輩スタッフさんからの「〝落ち着いて堂々と〞が基本。怖がらずにやれば大丈夫」というアドバイスを受け、どんな作業にも果敢に挑みました。

作品作りだけでなく、商品 の管理や事前準備も重要な仕事のひとつ
作品作りだけでなく、商品 の管理や事前準備も重要な仕事のひとつ
手取り足取り指導してくれた照井さん(左上)やスタッフさんと記念撮影
手取り足取り指導してくれた照井さん(左上)やスタッフさんと記念撮影

「ずっと気になっていた秋葉硝子さんで作品を作る様子を見たり、体験したりすることができてよかったです。繊細な作業が多く、プロの技術に驚きました」。

工房内のショップ
工房内のショップ

DATA

秋葉硝子
住所
新潟市秋葉区草水町2-12-32
電話番号
0250-47-8402
営業時間
10:00~17:00(体験は9:30~16:00)
休み
水曜
駐車場
30台

関連記事