新潟のパーソナルジム新潟のパーソナルジム 新潟のパーソナルジム
  1. Home
  2. スペシャル
  3. 【アルビ連載】 同じJFAアカデミーで育成時代を過ごした宮本英治選手&石…

【ORANGE CROSS】アルビレックス新潟とアルビレックス新潟レディース ふたりのクロストーク

【アルビ連載】 同じJFAアカデミーで育成時代を過ごした宮本英治選手&石田千尋選手による対談。 蔵出し動画も公開中!

  • 情報掲載日:2024.06.15
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

アルビレックス新潟とアルビレックス新潟レディースから、ふたりのアルビ戦士がクロストーク形式でお互いのプレーやスタイルを深く掘り下げる『ORANGE CROSS』。

第3回には、アルビレックス新潟の宮本英治選手とアルビレックス新潟レディースの石田千尋選手が登場!

ピッチ上での悩みについて共感し合ったり、新潟の印象を語り合ったりしました。

さらに!!
両選手のサイン入りタオルを1名様にプレゼント!
詳細は、月刊にいがた6月号をチェックしてくださいね!

【ORANGE CROSS 蔵出し動画】Vol.3  宮本英治選手&石田千尋選手

——自身のポジションについて

石田・新潟に来てからは、私は真ん中だけです。

宮本・新潟に来る前はどこのポジションだったんですか?

石田・アンカーのポジションがある時はずっとアンカーでした。

宮本・じゃあ以前は低めのポジションが多かったけれど、新潟に来てからはもう少し前寄りに変わったんですね。

石田・そうなんです。

宮本・前にも行けるし守備もするし…という感じですね! 僕は昨年、センターバックもサイドバックもやりました。アカデミーでの育成時代っていろいろなポジションを経験させられるんですよね。

石田・わかります! 私もアカデミー時代はいろいろな経験をしました。

宮本・僕は中学・高校とサイドバックだったんですよ。主戦場がサイドバック、サイドハーフでていたので、大学入学後にボランチとかアンカーに定着したという感じ。プロになっても、そのままサイドよりも中央のポジションをやっています。

——「真ん中」のポジションにおけるボールの持ち方とは

石田・私は、体から少し離してオープンにボールを持つことに苦手意識があるんですよ。相手に取られるのが怖いなって。

宮本・オープンに持つと相手FWのプレスバックが怖いですよね。

石田・特に横から来たボールをオープンに持つのが苦手なので、意識して練習しています。

宮本・止まって状況を見てボールを受けるのではなくて、ハードワークして動きながら周りの状況も把握する。そのうえで自分がパスを出しやすい位置にボールを置くのは難しいんですよ。だから石田選手の気持ちはよくわかります。動けば動くほど周りが見えなくなるんですよね。

「オフの日はサウナハットをかぶってサウナを楽しんでいます」と石田選手
「オフの日はサウナハットをかぶってサウナを楽しんでいます」と石田選手
石田選手は4月28日の千葉L戦で華麗なゴールを決め、スタジアムを沸かせた
石田選手は4月28日の千葉L戦で華麗なゴールを決め、スタジアムを沸かせた

—— ともに加入1年目。新潟の印象は

宮本・やっぱりお米がおいしいです。でも一番はやっぱり海鮮かな。海鮮のおいしさに衝撃を受けました。だから外食する時は、海鮮のお店やおすし屋さんをチョイスすることが多いですね。

石田・新潟はとにかく海がきれいだなって思います。昨年の夏にチームのメンバー数人で笹川流れに行って、泳いだり飛び込んだりしてきたんですよ。

宮本・わんぱくですね〜(笑)!

石田・あと、大きな花火が打ち上がる花火大会も魅力です。とってもきれいなんですよ!

 

「初ゴールを決める姿を見てほしい」と意気込む宮本選手
「初ゴールを決める姿を見てほしい」と意気込む宮本選手
「新潟で自分の幅を広げたい」と語る宮本選手から目が離せない!
「新潟で自分の幅を広げたい」と語る宮本選手から目が離せない!

—— 今後の試合で見てほしいポイントは

宮本 僕は初ゴールを決める姿をぜひ見てほしいですね。

石田 私は守備の球際の強度。やっぱりそれが自分の長所だと思っているので注目してほしいです。あと、私はアルビレックス新潟の試合がある日はユニフォームを着て応援しているんですよ!

宮本 ユニフォームを着てですか(笑)!?

石田 同じ気持ちになって戦うことが大事ですからね!

今回は両選手のサイン入りタオルを1名様にプレゼント! 月刊にいがた6月号のp.106『NEWS&TOPICS』をチェック!
今回は両選手のサイン入りタオルを1名様にプレゼント! 月刊にいがた6月号のp.106『NEWS&TOPICS』をチェック!

月刊にいがたは、
アルビレックス新潟とアルビレックス新潟レディースのメディアパートナーです。

関連記事