アピタ_左アピタ_右 アピタ_スマホ
  1. Home
  2. グルメ
  3. 【コーヒー基礎講座その2】焙煎のこと。「深煎り」と「浅煎り」の違いって?

【コーヒー基礎講座その2】焙煎のこと。「深煎り」と「浅煎り」の違いって?

  • 情報掲載日:2019.12.02
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

コーヒー基礎講座その1では、コーヒー豆が日本にやってくるまでの行程をご紹介しました。

続いては、日本に来たコーヒー豆がどのようにして私たちのもとに届くのかを見ていきましょう!

今回も鈴木コーヒーで焙煎士として活躍する白井渉さんに教えていただきました。

(コーヒーの基礎講座その1と白井さんのプロフィールは下記のリンクからチェック!)

「焙煎」ってなに?

黒くて香ばしいイメージがあるコーヒー豆ですが、初めからそんな姿をしているわけではありません。

コーヒー豆は ↑ のような「生豆」の状態で日本にやってくるんです。

これを専用の機械を使って煎ること、それが「焙煎」です。

焙煎を行うことで、豆の個性が最大限に引き出され、私たちがよく目にする黒くて香ばしいコーヒー豆になります。

また、焙煎の仕方によって、同じ豆でも味わいや香りが大きく変化するといわれています。

その手順をご紹介します!

1. 豆の重さを量る

焙煎をすると豆の中の水分が蒸発するので、 焙煎後は目方が20%ほど減ってしまいます。

量によって 焙煎の時間・火力調整・温度上昇率などが変わるので、まずはしっかりと重さを量ることが大切です。

2. 焙煎機で生豆を煎る

焙煎機は直火式、熱風式、半熱風式の3種類。

焙煎中は、焙煎士が付きっ切りで窯の温度と時間を調整しています。

また、実際に豆を取り出し、目視で焙煎度合いを確認します。

3. 煎り止め

窯の中から「パチッ」という音が聞こえたら「 1 ハゼ」の合図。

焙煎士さんは、1ハゼ~煎り止めの時間が一番神経を使うんです。

豆の種類や目指す焙煎度合いにもよりますが、10~15分ほどで窯から出します。

4. 豆を冷ます

網の下に敷いてあるファンを回して熱を吸い込み、200度以上ある豆を冷まします。

余熱でも焙煎が進んでしまうので、一気に冷却するのがポイント。

「深煎り」と「浅煎り」の違いって?

違いはズバリ焙煎時間。

「浅煎り」は豆本来の特徴を感じやすく、 「深煎り」は香ばしさや長い余韻を感じられます。

一般的に「浅煎り」は酸っぱく、「深煎り」は苦いとされていますが、 焙煎の仕方で、いかようにも風味を変えることができます。

ミディアム(浅煎り)
ミディアム(浅煎り)
ハイ(中煎り)
ハイ(中煎り)
シティ(中煎り)
シティ(中煎り)
フルシティ(深煎り)
フルシティ(深煎り)
フレンチ(深煎り)
フレンチ(深煎り)

焙煎について少しは知っていただけたでしょうか?

次のコーヒー基礎知識では代表的なコーヒーのいれ方をご紹介します。

こちらもぜひチェックしてみてください!

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS