プロの料理を持ち帰ろう_左プロの料理を持ち帰ろう_左 プロの料理を持ち帰ろう_スマホ
  1. Home
  2. スペシャル
  3. 〚アルビ社長日記 第10回〛過去と現在、そして未来のアルビ

是永大輔の徒然エッセイ

〚アルビ社長日記 第10回〛過去と現在、そして未来のアルビ

  • 情報掲載日:2020.01.02
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

少し前の話になるが、12月1日、サポーターカンファレンスを開催させていただいた。毎年クラブがサポーター向けに公開しているもので、シーズンの振り返りなどが中心だ。
今年は、過去と現在、そして未来のアルビレックス新潟について、60分の予定を大幅に超過して90分間くらい話をさせてもらった。
台本もないので、全部伝えたつもりでも、振り返ると70%くらいしかお伝えできていない。足りない部分は、随時お話をさせていただくつもりだ。

少々、おさらいを。
まずはクラブの根本的な姿勢。
・サッカークラブの存在価値は人々に勇気を与えること
・100年続くクラブ
・おとぎの話の第2章
・新潟に勇気を

そして、アルビレックス新潟を整理すると4つの領域に分けられるということ。
・社会連携
・FOOTBALL
・to C
・経営基盤 ビジョン。

2030年のアルビレックス新潟と、2019年の重点施策。
(ここまで話してもまだまだ序盤…。)

公式モバイルサイトのモバアルZ、あるいはクラブ公式YouTubeチャンネルで全編ノーカット動画を公開しているので、ぜひご覧いただきたい。

最も伝えたかったことは、アルビレックス新潟は、挑戦者であるということ。
最高のサポーター、素晴らしいスタジアムに囲まれているけれど、ただ、すでに、当たり前にJ1にいれるクラブではなくなっているということ。
経営、環境や 機運。全てを、もう一度創らなければならない。
目の前の壁に全力でぶつかって、ぶち破って、なんとしてでもJ1に上がりたい。
できればそのストーリーを、皆さんとともに紡ぎたい。
今もなお、少しでも関心を寄せていただいているアルビファミリーの皆さんと。

今回の記事で紹介したサ ポーターカンファレンス の様子は公式サイトでにアクセスしてください!

是永 大輔 (これなが だいすけ)
株式会社アルビレックス新潟 代表取締役社長

日本大学芸術学部演劇学科卒業後、IT企業を経て、 2008年Albirex Singapore PTE LTD CEOに就 任。 黒字経営を続け、売上規模も50倍に拡大させた。 2019年1月、株式会社アルビレックス新潟代表取締 役社長に就任。シンガポール、ミャンマー、香港のア ルビレックス代表も兼任

関連記事

SNS