プロの料理を持ち帰ろう_左プロの料理を持ち帰ろう_左 プロの料理を持ち帰ろう_スマホ
  1. Home
  2. 編集部連載
  3. 鉄道マニアの聖地 ジオパル。 いっすねー!

鉄道マニアの聖地 ジオパル。 いっすねー!

ご案内役:米田徹 糸魚川市長

  • 情報掲載日:2020.02.23
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
ジオパルに設置されたこの電車。下には本物のレールが敷いてあって、外に出ることもできるんだって!
ジオパルに設置されたこの電車。下には本物のレールが敷いてあって、外に出ることもできるんだって!

「糸に魚に川? ―なんて読むんだ?」。
福岡出身の僕が「いといがわ」と、その読み方を知ってから、勝手に興味と親近感を抱いていた糸魚川が今回の取材先。

糸魚川駅の中にある「ジオパル」は、実は鉄ちゃんの聖地。
まず目に入ったのは広々したプラレールの街!

2歳の息子が大好きなやつ!
2歳の息子が大好きなやつ!
童心にかえっちゃいますねー
童心にかえっちゃいますねー

「日本一の常設プラレールなんだよ!」と米田市長は得意げでした。

空から見る東京の街!
空から見る東京の街!

視線を反対側にやれば糸魚川の街並みから、東京タワー、スカイツリーのある東京の街並みまで細かく再現された巨大なジオラマが! 
階段をのぼれば上から眺められてドローンになった気分! 
この街の中を「Nゲージ」と呼ばれる鉄道模型が走っていて誰でも操縦が可能。
Nゲージにはカメラが付いていて、運転中の車窓も見れちゃうのだ。
こりゃ楽しい。
さらに、マニアな人は、マイNゲージを持ってきて自分の列車を運転できちゃう!
マニアにとっては、たまらんですな。

車掌さんになった気分
車掌さんになった気分
電車の中に入れるよ
電車の中に入れるよ

ここジオパルでは、ユネスコ世界ジオパークに指定されている貴重な糸魚川の地質のことも詳しく解説しているのだ。

「フォッサマグナって何ですか?」と米田市長に聞くと、めちゃくちゃ丁寧に説明してくれて(文字数の都合で割愛するね)。
さらに地球の歴史みたいな壮大な話になって。
最後には「長ーい地球の歴史でみると人間のいる時間はまぼたきと同じくらい一瞬なんだよ。だから何かに失敗したって落ち込むことなし。ホント一瞬なんだから」って、米田市長は笑うのでした。

フォッサマグナの上で人生を悟った私なのでした。

糸魚川市 米田徹 市長

1949年2月26日糸魚川市 生まれ。「糸魚川の職員さんとの山歩きが大好き。梶山元湯という秘湯の洞窟風呂はお すすめですよ」

Information

糸魚川ジオステーション ジオパル
住所
糸魚川市大町1-7-47(糸魚川駅1階アルプス口)
電話番号
025-555-7344
営業時間
8:30~19:00(7月~9月は~19:30まで)
休み
無休
備考

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS