防災左防災右 防災上
  1. Home
  2. ライフ
  3. 機能美に溢れた日産『オーラ』はプレミアムコンパクトカーの大本命!|編…

機能美に溢れた日産『オーラ』はプレミアムコンパクトカーの大本命!|編集部試乗記

  • 情報掲載日:2021.09.03
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

扱いやすくて経済性に優れたコンパクトカー

現在、国産・輸入車を合わせるとラインナップがとても豊富で、探している人にとっては選択肢が多くてうれしいが、それと同時に迷ってしまうもの。

今回紹介する日産『オーラ』は、そのなかでも今注目されている一台。

結論から先にいえば「コンパクトだけど上質なクルマが欲しい」「見た目も室内も、そして走りもプレミアム感のあるクルマに乗りたい」という方におすすめです。

新潟日産モーター「は〜とぴあ新潟」さんから車両をお借りして、見て、触れて、走って体感したので試乗レポートをお伝えします!

試乗したのは『4WD G FOURレザーエディション』
試乗したのは『4WD G FOURレザーエディション』

まず、日産には『ノート』というコンパクトカーがあり、その上級バージョン的な存在で『ノート オーラ』がデビューしました。

しかし、最近はもっぱらテレビCMなどでは『ノート オーラ』ではなく、『オーラ』と呼ばれています。

今回体感してみて思ったのですが、内外装の造りや空間演出、そして走りなど、『ノート』とは似て非なるものというか、『オーラ』という別車種として認識してもらうためなのでは?と想像してしまいました。

さて、まずは外観からチェック。

実物を目にすると、フェンダーの貼り出し具合やその佇まいから大きく見えますが、5ナンバーのクルマ(その多くが全幅1695mm)より40mm多い全幅1735mmの3ナンバー。

これまで5ナンバー車に乗っている方もストレスなく運転できそうです。

そして日産車の特徴である『Vモーショングリル』がスタイルに精悍な印象を与えています。

夜間の視認性を高めるアダプティブLEDヘッドライトシステムをはじめ、デザイン性と機能性を両立する装備を採用。

アダプティブLEDヘッドライトシステムとは、前方に他の車両がいる状況でも、その周辺をハイビームで照射することで夜間の視認性を高めます。

ハイビームの照射範囲を状況に応じて変え、先行車や対向車をロービームで、それ以外の場所をハイビームで照射することができます。

それにより路肩の歩行者や標識などを見つけやすくカーブでの見通しも良くなるというわけです。

そして室内をチェック。

木目調フィニッシャーとツイード調織物の加飾など、細部に渡る造り込みや素材の肌触りなどにこだわりが感じられ、まるでプレミアムジャンルのハッチバックのよう。

そしてエアコンスイッチの下には、スマホを置くだけで充電できるワイヤレス充電器もありました。これは今や必須ですね。

運転席に座り込んで、まず目につくのが12.3インチのメーターと、それにつながるように9インチの「Nissan Connect ナビゲーションシステム」があり、コクピット感が強い印象。

とても視認性に優れています。

また、シートは日産自慢のゼログラビティシート。人間工学に基づき疲労を軽減するよう設計されています。

そして気になるのはヘッドレストにある「BOSE」のロゴ。『オーラ』の注目ポイントのひとつとして「BOSEパーソナルサウンドシステム」があります。

ヘッドレスト左右にスピーカーがあって、まるでヘッドフォンをしているような感覚。プライベート空間である車内を、より快適に心地よく過ごすことができる装備です。

耳元で聴こえるような臨場感と音質が特徴で、音の広がり方や包まれ感を好みに合わせて調整できるんです。

さらに、は〜とぴあ新潟の神田店長から伺った話では、「『オーラ』は遮音ガラスを採用していることもあって、とても静かですよ」とのこと。

試しに、音量をかなり上げた状態でドアを閉めて車外に出てみましたが、予想以上に音漏れがなかったです。というかほとんど聴こえませんでした。

きっと信号待ちでも隣の車両に気づかれないほどだと思います。

BOSEパーソナルサウンドシステム+遮音ガラスの組み合わせは、車内で好きな音楽をライブ感たっぷりに楽しみたいドライバーにはうれしい装備ですね。

その後、後席や荷室の広さと使い勝手もチェックしました。

後席は膝まわりにゆとりがあり前席シートバックとの空間もご覧の通り(下右写真)。

荷室は後席を倒さなくても日常生活にはゆとりの広さ。ボディサイズからしたら十分です。

さて、気になる走りをチェック。今回は新潟市内の街中や新潟バイパスで試乗を体験。

『オーラ』は全車e-POWERを採用。それも進化した第2世代のe-POWERです。

e-POWERとはエンジンで発電し、その力を利用してモーターで走ります。『ノート』と比べると、フロントモーターのトルクを向上させたことで、より力強い加速を体感できました。

発進時や追い越し時など、どんなシーンからでも静かに、滑らかに、パワフルに走るのは熟成を重ねたe-POWERならでは。

さらにスゴいと感心したのは、発電のためエンジンが始動する際は、路面状況を判断し、ロードノイズが高い荒れた路面で始動するそうです。なんて頭がいいんでしょう(笑)。

ちなみに走行中にエンジンが始動してもほどんど気になりませんでした。

そしてe-POWERといえば、回生ブレーキによりアクセルペダルだけでなめらかに減速できるワンペダル感覚の走り。運転を楽しめるSモードや燃費重視のECOモードがあります。

一方、ガソリンエンジン車のような感覚で走りたければNORMALモードを選択できるなど、気分やシーンに応じて走りの味付けをチョイスできます。

それと新潟のカーオーナーといえば4WDを選ぶ方も多いと思いますが、「e-POWER 4WD」は4輪すべてを強力なモーターで駆動・制御する次世代電動4輪駆動システム。

さまざまな路面で頼りになりそうです。

さらに安全面では、360°セーフティアシスト(全方位運転支援システム)を標準装備するなど先進装備も充実。

急病時や危険を感じたときに頼りになるSOSコール(オプション)
急病時や危険を感じたときに頼りになるSOSコール(オプション)

スタイルと内装のクオリティ、さらに上質な走りが印象的だった『オーラ』。コンパクトな高級車を探している人には、ぜひ一度チェックしてもらいたい一台です。

気になる人は、「は〜とぴあ」新潟日産モーター各店を訪ねてみてください。

DATA

新潟日産モーター は〜とぴあ新潟
住所
新潟市中央区弁天3丁目4番1号
電話番号
tel.025-243-2302
営業時間
9:30〜18:00
休み
月曜(祝日の場合は営業)、火曜不定休
備考
は~とぴあ新潟
新潟市中央区弁天3丁目4番1号
tel.025-243-2302

は~とぴあ新潟西
新潟市西区山田155
tel.025-266-8161

は~とぴあ長岡
長岡市平島町1-1
tel.0258-22-1515

は~とぴあ三条
三条市上須頃76
tel.0256-34-6161

は~とぴあ柏崎
柏崎市田中11番12号
tel.0257-23-1811

は~とぴあ新発田
新発田市城北町2丁目9番19号
tel.0254-22-5121

は~とぴあ見附
見附市上新田町365-4
tel.0258-66-7878

は~とぴあ五泉
五泉市大字船越140
tel.0250-43-1155

は~とぴあ上越
上越市大字土橋962
tel. 025-524-2323

日産佐渡販売
佐渡市東大通861-1
tel.0259-52-3923

は~とぴあ六日町
南魚沼市美佐島1626
tel.025-772-2686

同じエリアのスポット