さどぼん_左さどぼん_右 さどぼん_スマホ
  1. Home
  2. グルメ
  3. ひとつ食べたら、もうひとつ欲しくなる新潟らしいお饅頭|新潟市中央区上…

ひとつ食べたら、もうひとつ欲しくなる新潟らしいお饅頭|新潟市中央区上古町

  • 情報掲載日:2020.07.27
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

笹団子のようなお饅頭――

見た目も食べた感じも、まさにそう思わせるのが金巻屋の『米万代』だ。

手のひらにちょこんと乗る大きさ。軽くひと口で食べられるお饅頭だが、通常のそれよりもちもち感が強い。

中にはほどよい甘さの粒あん。この『米万代』が誕生したのが20年ほど前。以来、店の看板商品となった。

「先代の父と当時の工場長、そして私とで〝新潟らしいお土産品〞を目指し作り上げました。皮はヨモギとヤマイモ、新潟産米粉。それで包むのが粒あんです。ひとつ食べたら、もうひとつ欲しくなる大きさを狙いました。確かに笹団子を思わせますが、餅と違って10日ほど日持ちするのが特徴です」と四代目。

金巻屋が菓子作りにおいてもっともこだわるのがあんこだ。

『米万代』は北海道産の小豆を手で炊いた自家製あんを使っている。

店名の頭につく〝美豆伎庵〞は四代目が修行先の御主人から授けられたもの。

以来、〝美味し小豆のなせる技〞を信条とし、それがあんこを使ったすべての菓子に貫かれている。

「饅頭はこしあんが多いんです。でも、粒あんの方が小豆のよさ、風味など、店の個性が出せます」と言う。

今や若者が集まるおしゃれな場所となった、通称〝カミフル〞と呼ばれる地で他店とのコラボで作った『カミフルぽっぽ』なども人気だ。

来年創業150年を迎える老舗の底力に今後も期待。

季節感を反映させる茶席でのお菓子を手掛けるうちに茶器や焼き物を愛でるのが趣味になったという
季節感を反映させる茶席でのお菓子を手掛けるうちに茶器や焼き物を愛でるのが趣味になったという

Information

美豆伎庵 金巻屋(みずきあん かねまきや)
住所
新潟市中央区古町通3-650
電話番号
025-222-0202
営業時間
9:00~17:45
休み
無休
駐車場
なし

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS