プロの料理を持ち帰ろう_左プロの料理を持ち帰ろう_左 プロの料理を持ち帰ろう_スマホ
  1. Home
  2. グルメ
  3. 新鮮海鮮を使ったゴージャス中華【上司のクチコミグルメ】

新鮮海鮮を使ったゴージャス中華【上司のクチコミグルメ】

  • 情報掲載日:2020.02.14
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

新潟県内の企業で活躍されている方に、おすすめのお店を紹介してもらう「上司のクチコミグルメ」。

今回は中越クリーンサービスの坂爪晴幸 常務取締役に取材させていただきました。

紹介してもらったのは、中国料理レストラン慶楽です。

慶楽では、水槽内で活きた海鮮をオーダー後に調理。
生食できるほど新鮮な素材を、炎を自在に操る熟練の料理人が、うまみと美しさを最大限に引き出し提供します。

また、慶楽の料理は厨房で完成するのではなく、ホールスタッフがゲストの目の前に運んだ瞬間に最もおいしくなるように計算されて調理するのだそう。

炎を操る中華の料理人ならではのテクニックですね。

ランチでお薦めは『海の幸の塩あんかけおこげ』(税込1,800円。2月末まで提供)。
エビやカニ、ホタテ、あさりなどが入った贅沢で熱々のあんを、香ばしいおこげにかけた瞬間に聞こえる、ジューっという音もごちそうです。

さらに、トッピングも豪華。
イクラやシラス、韓国のりを器に入れ、豪快に混ぜていただくスタイルです。
個性的なトッピングが加わり、味が変化していくのがとっても楽しいです。

坂爪さんはディナータイムには紹興酒と一緒に料理を楽しむんだとか。

ディナーコースは料理7品で7,000円(税サ込)のほか、5,500円のハーフコースや各種単品料理も豊富。

シェアして楽しむことができるのも中華の醍醐味です。


特筆すべきは目でも楽しませてくれる前菜盛り。
四川省から取り寄せる希少な黄金ピータン、『ツリーヘッド』という希少なクラゲ、鴨の生ハムなど、一品一品は少量ですが、実に濃密で複雑な味わいが、食欲に火をつけます。

「料理を監修する小田調理課長(写真左)は、昨年の中国料理世界選手権大会で日本代表チームとして銀メダルを獲得した実力者です。味付けは上品で、手の込んだ仕事がされているものばかりですよ」。

写真右の亀山料理長は上海料理の達人で、炎と油を自在に使いこなす凄腕の職人さん。

伝統と革新性のある料理が味わえます。

Information

中国料理レストラン 慶楽
住所
新潟市中央区下大川前通3ノ町2230 新潟グランドホテル2F
電話番号
025-228-6172
営業時間
11:30~14:30/17:00~21:00
休み
無休
席数
56
駐車場
駐車券発行

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS