防災ジャック広告_2022_左防災ジャック広告_2022_右 防災ジャック広告_2022_スマホ
  1. Home
  2. スペシャル
  3. 【気になる!】Negicco、RYUTistに続け! 注目の新人アイドルグループ、…

【気になる!】Negicco、RYUTistに続け! 注目の新人アイドルグループ、ついにデビュー!!

courtesea(コーテシー)

  • 情報掲載日:2022.08.27
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
courteseaの5人。左からユイ、レミ、マリン、ワカナ、ミア
courteseaの5人。左からユイ、レミ、マリン、ワカナ、ミア

 

編集部が気になる話題を取材する『今月の気になる!!』。

今回は、8月23日にデビューした新潟発のアイドルグループ、courtesea(コーテシー)についてお伝えします。

「courtesea(コーテシー)? 初めて聞く名前だな」という方も多いことでしょう。それもそのはず、courteseaは、シングル『Sea Of Wonder』で8月23日にデビューしたばかりのグループですから!

そんな方でも、NegiccoやRYUTistの名前はご存じのはず。実はこのcourtesea、新潟を拠点に活動するNegiccoとRYUTistのそれぞれの所属事務所が、新潟の次代を担うアイドルを発掘しようと合同で開催した「DRAWAPPS(ドロウアップ)オーディション」で選ばれたメンバーによる新人アイドルグループなのです(つまり、Negicco/RYUTistの妹分的存在というわけ)。

 

今年3月開催の「DRAWAPPSオーディション」最終審査会から5人が選ばれた
今年3月開催の「DRAWAPPSオーディション」最終審査会から5人が選ばれた

 

メンバーは、ユイ、レミ、マリン、ワカナ、ミアの5人で、11才(最年少のユイ)から15才(リーダーのワカナ)というフレッシュな5人組。

グループ名のcourteseaの由来も紹介しておきましょう。これは、もともと愛嬌、好意、礼儀などの意味を持つ「courtesy(コーテシー)」という単語があり、そこに新潟は日本海(sea)が特徴の街だってことも踏まえ、語尾をseaに変えた「courtesea」という造語なのだとか。

親しみやすさと礼儀正しさを兼ね備えたメンバーたちが、無限の可能性に向かって新潟から船出するという、まさに新潟発の新しいアイドルグループならではの意味が名前に込められているのです。

アーティスト写真やデビューCDのジャケットが新潟の海で撮影されたのも納得ですね!

 

courtesea『Sea Of Wonder』1,650円(完全生産限定盤)/DRAWAPPS RECORDS(2022年8月23日リリース)
courtesea『Sea Of Wonder』1,650円(完全生産限定盤)/DRAWAPPS RECORDS(2022年8月23日リリース)

 

そのcourteseaの記念すべきデビューCD『Sea Of Wonder』は、オーディションの審査に参加したシンガーソングライター堂島孝平が作詞作曲、サウンドプロデュースを手掛けた楽曲。

サビの「会いたいな 会いたいな~」という明るいメロディが耳に焼き付く超ポップチューンです。よく聴くと、メンバー5人がフレーズを歌い継ぐ場面がたくさんあるので、それぞれのメンバーの声の違いも楽しめますよ。

カップリング曲『愛してって言ってみたりしちゃって』も、聴きどころ満載。こちらは、同じくDRAWAPPSオーディションの審査員だったでか美ちゃんが作詞、(Negiccoの楽曲で知られる)connieが作曲編曲を担当した王道アイドルソングに仕上がっています。

 

 

8月27日・28日には、新潟市のLive House柳都SHOW!CASE!!にて、『courtsea ファーストワンマンライブ ~海びらき~』も開催。

リーダーのワカナからのコメントも届きました。

「『Sea Of Wonder』をたくさんの人に聴いてもらいたい、手に取ってもらいたい。好きになってほしい。そして、小さい頃から夢だったアイドルでの初めてのステージ。やっとスタート地点に立ちました。全力で突っ走っていきたいです」。

 

新潟発の新アイドルグループ「courtesea」。彼女たちがどんな歩みを見せていくのか、今後の動きにも大注目です!

関連記事