阿賀野わくわく1阿賀野わくわく1 阿賀野わくわく2
  1. Home
  2. スペシャル
  3. 季節の花に囲まれて、心やすらぐひととき──【古町通信】古町×Noism 第37回

季節の花に囲まれて、心やすらぐひととき──【古町通信】古町×Noism 第37回

  • 情報掲載日:2021.06.14
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
林田海里(はやしだかいり)さん/1994年熊本県生まれ。ドイツの舞踊学校、チェコのバレエカンパニーを経て、2018年9月よりNoism1に所属
林田海里(はやしだかいり)さん/1994年熊本県生まれ。ドイツの舞踊学校、チェコのバレエカンパニーを経て、2018年9月よりNoism1に所属

りゅーとぴあの専属舞踊団Noism Company Niigataのプロフェッショナルカンパニー、Noism1メンバーが古町のお店を訪ねる連載。
今回は林田海里さんの登場です。

「小さい頃から花が好き。〝踊れる花屋さんになりたい〞って書いたこともあるくらい(笑)」と林田さん。

「おしゃれな花屋さんを知りたい」とのことで案内したのが、緑色のシックな外観が印象的な、柾谷小路沿いの一花(かずか)。

フローラル一花 本店 外観
フローラル一花 本店 外観

「周辺の企業の方たちのギフト利用が多いですが、最近はおうち時間を充実させたいと自宅用に購入される方も増えましたね」と店長の佐藤さん。

右が店長・佐藤一花さん。外には行きかう人の目を引くよう、特に季節感のある花を置いているそう
右が店長・佐藤一花さん。外には行きかう人の目を引くよう、特に季節感のある花を置いているそう

店内外合わせて約50種類もの彩り鮮やかな季節の生花
が揃い、なかには佐藤さんの好みでちょっと珍しい花も。
そのひとつが林田さんに持ってもらった南アフリカ産のキングプロテア。

存在感満点のキングプロテアを持ってにっこり
存在感満点のキングプロテアを持ってにっこり

「めちゃめちゃかっこいい」と林田さんも大興奮でした。 


その後「花瓶を買ったのでそれに合う花を買います!」と、佐藤さんに相談しながら選ぶこと数分。

緑とピンクが混じったスプレー咲きのバラ、エルヴァレンジ(上写真中央)をメインに数本をお買い上げ

…と思ったら、佐藤さん、何と林田さんにプレゼントしてくださいました!

林田さん、にっこり
林田さん、にっこり

林田さん、本当にうれしそう!

お花のある生活、ぜひあなたも。


さて、林田さんが所属するNoism Company Niigatataの本公演が7月に開催されます!

今回はNoism0,1,2のメンバーが総出演。
昨年プレビュー公演として上演された『春の祭典』、『Fratres Ⅲ』が満を持して「本公演」として上演されるほか、Noism0による『夏の名残のバラ』の上演、そして映像舞踊『BOLERO2020』の上映もあるという、超スペシャルな内容です!

芸術監督・金森穣氏が令和3年春の褒章において紫綬褒章を受章するなど、Noismに対する注目度はますます高まっています。

Noismのすべてが詰まっているといっても過言ではない今回の公演は、Noismを観たことがないという人にもおすすめ!

なにはなくとも必見です!!


詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。

DATA

フローラル一花(フローラルかずか) 本店
住所
新潟市中央区本町通6-1142-5
電話番号
025-222-9235
営業時間
10:00~18:00
休み
日曜
駐車場
なし
リンク
フローラル一花
備考

同じエリアのスポット