防災ジャック広告_2022_左防災ジャック広告_2022_右 防災ジャック広告_2022_スマホ
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 毎日使いたい!オリジナルグラス作りに挑戦|新発田市

毎日使いたい!オリジナルグラス作りに挑戦|新発田市

  • 情報掲載日:2022.03.13
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
大雪ですが...レッツ吹きガラス体験!
大雪ですが...レッツ吹きガラス体験!

月岡温泉街から車で3分の月岡カリオンパーク内にある、手作りガラス工房 びいどろ。

温泉とともに有名な月岡の観光スポットです。

こちらでは、さまざまなガラス製品のものづくり体験をすることができるんです!

オリジナルグッズも販売するショップを併設
オリジナルグッズも販売するショップを併設

館内では、手作りのガラス食器のほか、アクセサリーやオブジェなどのガラス製品を販売。

きらびやかなガラス製品の数々にうっとり。

こちらが吹きガラス体験ができるガラス工房
こちらが吹きガラス体験ができるガラス工房

館内で受付を済ませたら、別棟の工房に移動します。

実は、月岡周辺は昔からガラス文化が根付く地域で、かつては農家さんが冬の休耕期に内職をするために小さなガラス工房が点在していたのだそう。

そんな歴史になるほど~と感心しつつ、さっそく体験スタート!

色とりどりのガラスの粉で柄をつけます
色とりどりのガラスの粉で柄をつけます

今回体験させてもらうのは、びいどろの看板商品であるグラスの制作ができる『吹きガラス体験』。

ガラス職人の中林さんが指導してくれます。

まずはグラスの形と色付けするガラスの色を選びましょう。

取材時は感染症対策のため、吹く工程も中林さんがしてくれました
取材時は感染症対策のため、吹く工程も中林さんがしてくれました

高温で溶けたガラスに色のついたガラスの粉をつけ、さっそくガラスを吹いてグラスの形にしていきます。

と、ここで残念なことに、取材時は感染症対策のために吹く工程ができませんでした…。

でも、中林さんの職人技を間近でみることができましたよ~!

 

グラスの飲み口をひろげていきます
グラスの飲み口をひろげていきます

形を整え、ついに私の出番が!

グラスの内側に「はし」と呼ばれる道具を添わせ、回転させながら飲み口を広げていきます。

中林さんと息を合わせて右へ左へとコロコロ。

炉の中は1300度以上にもなるんだって!
炉の中は1300度以上にもなるんだって!

途中で炉の中で形を整えながら、数回同じ作業を繰り返します。

その間、常にクルクルと回し続けます。

これが意外と難しい!

記念にパチリ!
記念にパチリ!

そしてついにグラスの形が整い、完成!

記念写真を撮る時間もありますよ。

ただし、ガラスが急激に冷えてしまうと割れてしまうことがあるそうなので、素早く撮影してもらいましょう。

完成したグラス。かわいい...
完成したグラス。かわいい...

完成したら、ゆっくりと一日かけて冷やし、後日宅配便で受け取ることができます。

とーってもかわいいグラスで、大満足!

いろんな飲み物を入れて使いたいなぁ、と想像が膨らみます。

今回の『吹きガラス体験』は高温のガラスを扱うため、小学6年生以上が対象ですが、びいどろでは小さな子どもでも体験できるメニューも用意。

体験を通してガラス製品を身近に感じてみてはいかが?

DATA

手造りガラス工房 びいどろ
住所
新発田市月岡1109 カリオンパーク内
電話番号
0254-32-2707
営業時間
9:00~17:00
休み
水曜
料金
『吹きガラス体験』(1人2,200円)
1名~受付。作業時間約20分。通年開催。対象は小学6年生以上。事前の予約がおすすめだが、予約に空きがあれば当日の体験も可。
駐車場
310台(共有)
リンク
手造りガラス工房 びいどろ

同じエリアのスポット