しろめチ_左しろめチ_右 しろめチ_スマホ
  1. Home
  2. 本誌関連ネタ
  3. 工場の祭典開催!鍛冶職人になった気分で ものづくり体験 いっすねー!

いっすねー!山脇の『ニイガタ いっすねー!』

工場の祭典開催!鍛冶職人になった気分で ものづくり体験 いっすねー!

ご案内役:國定勇人 三条市長

  • 情報掲載日:2019.09.23
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

鍛冶屋さんって真っ赤な鉄をトンカン叩いているというイメージだけど、三条市にはそんな鍛冶や金属加工などの工場がいっぱい。

これらの地元の産業を体験できる施設が、今回おじゃました三条鍛冶道場。
ダンディな國定市長と和釘づくり体験だ! 
ちなみに國定市長、東京のご実家が僕が通っていたお笑い芸人養成所NSC養成所の近くだそうで、東京ローカルネタでひと盛り上がりしました。

ダンディできさくなおじさま・國定市長
ダンディできさくなおじさま・國定市長
職人さんの魂を感じますねー
職人さんの魂を感じますねー

ところで和釘とは、昔から鍛冶職人が一本一本手作業で作っている釘のことで、神社仏閣などの建物に使われているそうです。
「伊勢神宮のおよそ 28 万個の和釘や金具をね、すべて三条の職人が作ったんだよ」と、國定市長がウンチクを披露。
「すっげー。三条鍛冶職人、尊敬しちゃうー」。

というわけで大ベテラン職人さんの指導のもと和釘づくり体験。

「鉄は熱いうちに打て」と真っ赤な状態の鉄を躊躇する間もなく打つ。
「実は数年ぶり」と緊張ぎみの國定市長も無心で金鎚を振り下ろす。
少年のような純真さで鍛冶体験を楽しむふたりなのでした。

カン、コン、カン、コン! 真っ赤なうちに躊躇せずに打ちつけよ!
カン、コン、カン、コン! 真っ赤なうちに躊躇せずに打ちつけよ!
先っぽを微妙に細くさせるのがムズい
先っぽを微妙に細くさせるのがムズい
できたー
できたー
「うんうん、いいセンスしてんじゃね」とエラそうにアドバイス
「うんうん、いいセンスしてんじゃね」とエラそうにアドバイス

10 月3日(木)〜6日(日) には燕三条エリアの工場を巡って見学できる「燕三条 工場(こうば)の祭典」 なるイベントもあるそうで。
工場ってすごいんだね。
新発見でした。

 

 

三条市長 國定勇人(くにさだいさと)

1972年東京都千代田区生まれ。ラーメン王国・県央にいることに至上の幸福を感じ、ときには週5日ラーメン、ということもあるとか

関連記事

SNS