長谷川さんクリスマス日刊にいがた_左長谷川さんクリスマス日刊にいがた__右 長谷川さんクリスマス日刊にいがた_スマホ
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 週末、新潟空港から2泊3日で行く。北海道新発見の旅!!!

週末、新潟空港から2泊3日で行く。北海道新発見の旅!!!

【網走・北見】 オホーツクの流氷に感動!

  • 情報掲載日:2018.03.06
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

せっかく旅行するなら、普段は体験できない場所で素敵な思い出を作りたいもの。そんな読者に推薦できる良い旅はないかな…と探したら、ありました! 目指すは北海道、網走・北見という日本の最北。意外にも新潟空港発なら数時間で到着と、簡単に行けちゃうんです。この新潟空港発・2泊3日北海道の旅を編集部・大澤が報告します!

1日目:新潟空港を朝7時半に出て、9時頃に新千歳空港に到着。あっという間のフライトを経て、昼前にはもう道北へ!

なかなか飛行機に乗る機会もないので
記念にハイチーズ!(笑)

網走市に到着後、早速、念願の流氷を見ようと『おーろら号』で氷の海へ出発。

乗船してすぐ、目の前は、みるみるうちに流氷に囲まれ白銀の世界へ…
無数の流氷が目の前を通り過ぎる様子はロマンチックすぎて…
まさに興奮と感動の嵐。

こんな光景を見ている私たちが数時間前まで新潟にいたなんて信じられない!

感動体験と言えばその後に体験した網走湖のワカサギ釣り。
運よく天気に恵まれ、青空の下で、初ワカサギ釣り体験にチャレンジしました。


見てください!こんなにも空が青々としています。
そして今自分たちが、網走湖の上にいると思うと、驚きですよね。

冬になると1メートル近い氷が網走湖を覆うと言います。
さっそくワカサギ釣り!の前に、まずは、氷に穴を空けるところから。

ん?
ん?
あれ。
あれ。
なかなか掘れない。。
なかなか掘れない。。

意外にも氷は固かった!(当たり前)
そんな時も、スタッフさんたちが私たちを
優しくエスコートしてくれます。
女性でも安心して、チャレンジできるのが嬉しいですね。

さて、お目当てのワカサギ釣りはと言うと…

。。。。

しでかした。肝心の獲ったどー!!!
の写真がなかった!!!
いやしかし、これでもかってくらいどんどん釣れる。じゃんじゃん釣れる。
難しい動作は何一つなく、とっても簡単!

網走湖のワカサギはサイズが大きいと有名です。
私たちがお邪魔した時も、ししゃも並の大きさの
ワカサギがたくさん釣れました。
最後は、おいしくいただきましたよ!

テンションが上がって、思わず、
スタッフのみんなで、写真の撮影オンパレード。
写真を見てわかる通り、本当に楽しかったんです。

2日目:グルメシテイ「北見」で北海道の味を満喫!

北海道の魅力はまだまだあります。
そうです。みなさんご存知、ジンギスカンです!
やっぱり、食べちゃいましたよね~。

旅行2日目に、北見市にある四条ホルモンというお店にお邪魔してきました!

おいしかったー!
おいしかったー!

くう~!うまい!ビールが飲みたくなりました(笑)
その他、網走ビール館さんでは、網走和牛も食べてきましたよ!

上手に食レポができませんが…(笑)
程良い脂が口の中にじゅわ~と広がります。
もう、全部いただいちゃいました!
しかもこんなキレイなビールが網走市にはあります!

キレイ! まさにインスタ映えビール!
キレイ! まさにインスタ映えビール!
ビールのお供はやっぱ焼肉
ビールのお供はやっぱ焼肉

すごくないですか??!!
キレイ~とスタッフ一同声を上げ、思わずうっとり。
お土産にも大人気だそう。
まだまだあります!

全国から注文が来るという、大人気の『チーズベーク』
全国から注文が来るという、大人気の『チーズベーク』
『オホーツクベーク』も看板商品
『オホーツクベーク』も看板商品

こちらは、北見市にあるチーズケーキが有名なお店。
ティンカーベルさんのチーズケーキ。
おいしかったー!

続いては、レストランエフさん。
北見市のローカルグルメを堪能してきました。

こちらは『オホーツク北見塩やきそば』
こちらは『オホーツク北見塩やきそば』
『オホーツク干貝柱塩ラーメン』
『オホーツク干貝柱塩ラーメン』

地ビール&お肉も最高だったし、
週末に有給休暇を1日足した2泊3日でしたが〝感動と美味の宝庫〞北海道を思いっきり楽しめました。

とにかく、北海道の方はいい人たちばっかり。
また、北海道には魅力的な観光スポットが札幌や函館以外にも
たくさんあるのを身をもって体験してきました!

ホント、この感動を表すにはこれでも書き足りません(笑)。
新潟空港発着の旅行なら、有給休暇を1日取れば土日に絡めて行けるので、
ぜひ皆さんにも実際に体験して同じ気持ちを味わってほしいです!

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS