防災ジャック広告_2022_左防災ジャック広告_2022_右 防災ジャック広告_2022_スマホ
  1. Home
  2. ライフ
  3. おしえて!こどものめがねえらび。弱視に対して正しい知識を可能性を広げ…

おしえて!こどものめがねえらび。弱視に対して正しい知識を可能性を広げる眼鏡選び

  • 情報掲載日:2022.08.13
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

「子どもが将来、弱視になる疑いがあると診断されて、眼鏡をかけなきゃいけない…」。

こんな風に不安になっているママがいたらちょっと待って! 

小さな子どもの目の機能はまだまだ発展途中。
眼鏡でピントを合わせるように調整してあげることで、視覚が成長する可能性は高まります。

The Priority Opticiansの長谷川 毅さんに聞きました
The Priority Opticiansの長谷川 毅さんに聞きました
The Priority Opticiansは適切な視力測定、ライフスタイルに合ったレンズとフレーム選び、フイッティングなどの技術を持つ認定眼鏡士がいるお店です
The Priority Opticiansは適切な視力測定、ライフスタイルに合ったレンズとフレーム選び、フイッティングなどの技術を持つ認定眼鏡士がいるお店です

「早い段階で発見できたのは、お子さんの将来にとってポジティブなこと。それは、ご両親がお子さんの成長をきちんと見守っていたからです」と長谷川さん。

こどもの眼鏡選びのポイント1.
眼鏡が好きになるようなフレームを選ぼう!

大切なのは眼鏡を好きになってもらうこと。
「似合うよ!」と声がけを。靴を脱いで入るお店だから、子ども目線で眼鏡が選べます

こどもの眼鏡選びのポイント2.
子どもが大好きなポップなカラーやデザインをチェック

ビビッドなフレームカラーや模様がデザインに落とし込まれたフレームもあります。
一緒に選べば思い入れのある眼鏡が見つかります。

こどもの眼鏡選びのポイント3.
大人っぽいデザインの眼鏡がたくさん!

「大人みたいに、おしゃれなフレームをかけてもらいたい!」。
そんなママには、子ども用眼鏡のブランド・omodok(オモドック)がおすすめ! 
日本製で交換可能なパーツが魅力です。

こどもの眼鏡選びのポイント4.
眼鏡の調整は定期的にするのがおすすめ

子どもは元気だから眼鏡がずれたり壊れたりすることも。
また、人間の顔は左右非対称だからしっかりした調整が必要です。

大切なのは、こどもに眼鏡を好きになってもらうこと。

“おしゃれだよ”
“カッコいいよ”
と、こどもの眼鏡をたくさん褒めてあげることです。

似合っていると言われて嬉しいのは、大人も子どもも一緒。
その自信が子どもたちにとって一番重要なことです。

DATA

プライオリティ・オプティシャンズ
住所
長岡市寺島町740 
電話番号
0258-94-5454
営業時間
10:00~20:00
休み
火曜
駐車場
3台

同じエリアのスポット