しろめチ_左しろめチ_右 しろめチ_スマホ
  1. Home
  2. その他
  3. 【新潟県「あなたの婚活」応援プロジェクト】新潟女子の結婚に対する本音…

【新潟県「あなたの婚活」応援プロジェクト】新潟女子の結婚に対する本音トーク! 座談会をやりました!!

「結婚に対する独身女性の本音トーク」と「結婚に対する意識調査」の結果は…?

  • 情報掲載日:2019.08.29
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

結婚に対する意識を掘り下げる座談会のレポート

新潟県が、県内の結婚したい方を応援すべく、さまざまな出会いの場を創出している[新潟県「あなたの婚活」応援プロジェクト]。

そのプロジェクトの一環で、新潟県内で暮らす独身女性の結婚に対する意識を掘り下げる座談会が行なわれました。

当日は、新潟の女性誌2誌の編集部スタッフとその読者が集まり、ママさんでもあるFM-NIIGATAの人気パーソナリティ・上村知世さんを進行役に迎えて本音トークを展開。

その模様をWEB「日刊にいがた」でレポートします! 記事の最後にはクオカード5,000円分などが当たるアンケートもあるので、ぜひ最後までご覧ください。

○FM-NIIGATAパーソナリティ 上村知世さん/2012年に結婚。一児の母として公私ともに活躍中の人気パーソナリティ
○FM-NIIGATAパーソナリティ 上村知世さん/2012年に結婚。一児の母として公私ともに活躍中の人気パーソナリティ
○月刊にいがた別冊『パンとカフェとごはんの本』編集長 大澤帆波さん/『パンとカフェとごはんの本』を発刊したばかり。今は結婚より仕事優先?
○月刊にいがた別冊『パンとカフェとごはんの本』編集長 大澤帆波さん/『パンとカフェとごはんの本』を発刊したばかり。今は結婚より仕事優先?
○『月刊 新潟Komachi』編集部 藤原詩子さん/キャリア8年、編集の仕事にも慣れ、結婚も意識し始めたという年ごろ女子
○『月刊 新潟Komachi』編集部 藤原詩子さん/キャリア8年、編集の仕事にも慣れ、結婚も意識し始めたという年ごろ女子

上村・早速だけど、この中で結婚したいと思っている人は手を挙げて!

⇒(全員が挙手)

上村・では、その願望が強めの人は?

⇒(1~2人しか挙手せず)

上村・あれ? 「何となく…結婚できたらしたいな」って感じで、意外と皆さんフワッとしているのね(笑)。…大澤さん、どうしたの、急にシビアな顔になっちゃって。

大澤・いやぁ、「ちゃんとそういうことを考えなきゃだな」と思って(笑)。

上村・大澤さんは28歳。きっと今は仕事の方が楽しいんだろうね(笑)。でも同世代のAさんは、結婚願望強めで挙手していたよね?

Aさん・はい。相手がいればいつでもしたいです。

上村・結婚相手はどういう人がいいの?

Aさん・やっぱり自分が自然体でいられる人がよくて。あまりにもこっちが「好き好き!」になると気持ちが疲れるから…。

藤原・確かにね。

Oさん・逆に上村さん、結婚すると何がいいんですか?

上村・ああ…やっぱり「家族がいる」っていうのは安心感がすごくあるかな。好きだった人が急に家族になるわけだけど、その家族ができた安心感は「結婚して良かったな」って思えること。子どもが産まれたときも、今までの人生で一番幸せな瞬間だったし。

大澤・私は「いつか結婚できたらいいな」って感じなんですけど、子どもは欲しいと思っているので、結婚を考えざるを得ないのかなと。お金がたくさんあるならひとりでもいいのかもしれないけど…。

上村・そういう経済的不安は事前アンケートでも上位に出てきているよね。だけど、大丈夫! 結婚したら二人で家庭を築いていくわけだから──ウチだって、財布はお互い別々だけど、家計のことは一緒に見ているし。その辺は心配せずに…要は気の持ちようですよ!

大澤・なるほど。勉強になります(笑)。

大澤さん(左)に、読者のIさん(中)とAさん(右)。3人とも20代後半のOLさん
大澤さん(左)に、読者のIさん(中)とAさん(右)。3人とも20代後半のOLさん
藤原さん(右)と、読者のOさん(中)とMさん(左)。3人とも30代のOLさん
藤原さん(右)と、読者のOさん(中)とMさん(左)。3人とも30代のOLさん

上村・やっぱり大事なのは、そのお相手探しだよね。そこは皆さん、どう? 普段どんなところで出会っているの?

大澤・何か、たまたまお友達と飲んだりご飯とか食べているときに、そのまた友達がやってきたり、とか…。

藤原・それ、あるよね。飲み会とかで、気づくと、誰かよくわかんないけど話してる、みたいな(笑)。

I さん・私は、ひとりでスナックに行く! だからおじさんの友達がいっぱいいて。そのおじさんの部下を紹介されたりしますね。あと、そのおじさんの息子とか(笑)。

上村・(笑)それもいいじゃん、行動的で! 藤原さんやMさんは?

藤原・私は、結婚したいはしたいんですが、婚活というものをまったくしてなくて。自然に結婚できると思っていたけど、気づいたら「あれ? …もう30歳を過ぎてる」みたいな(苦笑)。

上村・ただガツガツはしてないっていう?

藤原・そうですねぇ(笑)。

Mさん・私は恋愛の先に結婚があると思っているタイプなので…だから気軽には付き合えなくて。この人と付き合っていいかどうか、すごく考えちゃいますよね。

上村・でも今は、新潟県の「ハートマッチにいがた」とか、出会うための手段はたくさんあるじゃない。私、独身だったら、メッチャ婚活していると思うな(笑)。だって、出会う数が多くないと──さっき言ってた友達の友達のさらに向こう側に「いい人」がいるかもしれないでしょう? だから、とにかくいろんな人に会った方がいいと思うんだよね。

Oさん・アプリとかでの出会いも今はよくあることだし。そういう形で相手を探すっていうのも、別に恥じることでもないし、隠すことでもないのかな、と。

上村・そうそう。とにかく動くことが大事!! だから皆さん、自分の考えをしっかり持って、いろんな中から素敵な出会いが訪れるようにお祈りしています!

この座談会は2019年7月4日・新潟市のGive Me Chocolateにて開催。
この座談会は2019年7月4日・新潟市のGive Me Chocolateにて開催。
オシャレな店内で、美味しい料理を囲みながら話は弾みました!
オシャレな店内で、美味しい料理を囲みながら話は弾みました!

ということで、「結婚に対する独身女性の本音トーク」、いかがだったでしょうか?

ちなみに、座談会に先駆け、新潟市内の20~40代独身女性50名に匿名で「結婚に対する意識調査」も実施したのですが、その主な結果がこれ(↓)。

…なるほど、「いつかは結婚したい」と思っている独身女性は非常に多いし、結婚に向かって相手に求める要素もさまざまあることが伺えますよね。

でも、やはり出会いがなければ結婚には向かえませんし、トーク中で上村さんが「出会うための手段はたくさんある! とにかくいろんな人に会った方がいいよね」と言われているのも、よく分かる気がします。

ちなみに、さまざまな出会いの場を創出している新潟県「あなたの婚活」応援プロジェクトのイベントにみずから参加し、それをきっかけにご成婚されたカップルもたくさんいます。

その方々のインタビュー記事を「日刊にいがた」に掲載しているので、そちらもどうぞ。

 

また、座談会トークの最後に出てきた『ハートマッチにいがた』とは、新潟県が導入した1対1の個別マッチングシステムです。

2019年8月12日現在、会員数は約1,800名で、ここから42組の成婚カップルが誕生しています。現在、10月末まで20代限定で入会登録料割引キャンペーンも実施中。この『ハートマッチにいがた』に興味のある方は、ぜひ下記のホームページやインタビューなどもチェックしてみてください。

 

さらに、この座談会を進行してくれた上村さんがパーソナリティの番組FM-NIIGATA『Life Is Wonderland』(毎週金曜午後オンエア)の中でも、恋愛をテーマにした特別コーナー「ともせのなるほど! 恋愛コミュニケーション学」(~12/20までの毎月第1・3金曜14:32~14:37)が放送されます。恋愛やコミュニケーションの悩みなど、この番組も合わせてチェックする価値あり、ですよ!

2~3分でOK! <Bridal意識調査>に答えると、抽選でプレゼントが当たる!

新潟県「あなたの婚活」応援プロジェクトでは、この記事をご覧になった皆さんなどに向けた<Bridal意識調査>を実施しています。

所要時間2~3分程度の簡単な設問にお答えいただくだけでOKです。

ご回答いただいた方の中から、抽選で2名様に5,000円分のクオカードを、3名様に情報誌『月刊にいがた』を最新号より1年分プレゼント!

応募期間は10月末日まで(ただしお一人様1回のみ応募可)。

下記より、気軽にご応募ください!

※ご応募を通して提供いただく個人情報は、弊社で厳重に管理し、アンケートの集計及びプレゼント当選者への連絡・発送以外の目的では一切使用しません。

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS