大地の芸術祭左大地の芸術祭右 大地の芸術祭携帯
  1. Home
  2. グルメ
  3. 手抜きなしの手仕事と心遣いから伝わる誠実さ|新潟市中央区古町

手抜きなしの手仕事と心遣いから伝わる誠実さ|新潟市中央区古町

  • 情報掲載日:2022.05.11
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
厳選10貫が愉しめる『特選にぎり』(3,500円)
厳選10貫が愉しめる『特選にぎり』(3,500円)

 

「古町のカウンター寿司」と聞くと少し敷居の高い印象があるが、鮮やかな緑色の暖簾の先にはそんな緊張感とは無縁の和やかな空間が広がる。

お決まりのコースはあえて用意せず、食べたいものを1貫から愉しめるお好みスタイル。「ちょっと、鮨でもつまもうか」という気軽な利用こそ大歓迎だ。これも店主・猪股さんの「気張らずに寿司を食べて欲しい」という想いから。

くつろげる雰囲気だが、店主の丁寧な手仕事と心遣いはどれも確かな腕を感じさせる。この道30年という長い経験。さらに漁師の経験もあると言うから、魚を扱う知識の深さと鮮度を見極める目利きには絶対の信頼がおける。ネタは新潟はもとより、旬に合わせて全国各地から選りすぐる。

 

酢加減が絶妙な『〆さば刺』とじっくりと焼き上げた『銀だらみそ漬焼』は酒の肴に
酢加減が絶妙な『〆さば刺』とじっくりと焼き上げた『銀だらみそ漬焼』は酒の肴に

 

シャリは柔らかで粘りの強い県産コシヒカリと、しっかりとした粒感が特徴のこしいぶきをブレンドすることで絶妙な塩梅に。握りのほか、刺身や焼き物などの一品料理も多彩。店主の故郷・会津の日本酒や郷土料理も揃うから、気軽に「寿司屋飲み」ができる。腹の具合や用途に合わせてシャリの大きさを変える粋な計らいも見事。

大人が気持ちよく過ごせるからこそ、足繫く通う常連客が多いのだろう。

 

ぷりぷりの身と上質な甘さが堪らない『南蛮エビ』
ぷりぷりの身と上質な甘さが堪らない『南蛮エビ』
店主の手仕事を目の前で見られるカウンター席
店主の手仕事を目の前で見られるカウンター席

2022年度版「新潟大人酒ごはん」も絶賛発売中です!

この記事は現在絶賛発売中の『新潟大人酒ごはん 2022年度版』に掲載されたものです。

会社の接待やハレの日、デートとった「特別な日」にぜひ利用してほしい飲食店さん情報、約50軒を紹介しています。掲載店のランチ情報や新潟県内の素敵な温泉宿も掲載しています。これを読めばもうお店選びに迷わない! そんな一冊です。

書店やコンビニエンスストアはもちろん、オンラインでも販売しています。
興味のある方はぜひチェックしてみて。

DATA

寿司 灯り(すし あかり)
住所
新潟市中央区古町通10-1726
電話番号
025-311-4886
営業時間
17:30~LO23:30(日は17:00~LO22:00)
休み
月曜
席数
16席
備考

同じエリアのスポット