防災ジャック広告_2022_左防災ジャック広告_2022_右 防災ジャック広告_2022_スマホ
  1. Home
  2. グルメ
  3. 「越後の都」上越市の歴史が学べる博物館で名物ちまきを味わう|上越市

「越後の都」上越市の歴史が学べる博物館で名物ちまきを味わう|上越市

  • 情報掲載日:2022.07.23
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

桜の名所、高田城址公園内にある上越市立歴史博物館。

「越後の都」として栄えた上越市の歴史にまつわる展示を常設しています。

春日山城、福島城、高田城へと移り変わっていった戦国期末・安土桃山時代~現代のあゆみを、年表のパネル展示とともに模型のプロジェクションマッピングやVR映像を交えながら解説していきます。

また、雪深い上越ならではの暮らしや民俗を紹介するコーナーもあります。

上越産こがねもち米の手作りちまきは必食

上越市歴史博物館のカフェ/ミュージアムカフェ 御母家

博物館の1階はカフェスペースとショップになっています。

こちらのミュージアムカフェ 御母家では、上越市で笹団子とちまきの製造販売を行なう御母家(おもや)の名物『兜ちまき』を味わうことができます。

『兜ちまきとみそ汁セット』(1個680円、2個950円)
『兜ちまきとみそ汁セット』(1個680円、2個950円)

『兜ちまき』は上越産こがねもち米を使用しており、『豚肉・筍』『舞茸』などのほか数種類があります。

合わせる具材そのものの味を感じられるよう、醤油、だし、酒等でシンプルに味付けをして、職人さんがひとつひとつ丁寧に包んだものを提供しています。

セットで付く味噌汁は糸魚川産のシャキシャキとしたアオサがたっぷり入っていますよ。

ほか、自家製寒天を味わえる『黒豆寒天』(680円)やケーキセットなどのスイーツもあるので、カフェタイムにもおすすめです。

DATA

ミュージアムカフェ 御母家
休み
休は上越市立歴史博物館に準じる
席数
30席

そして、建物の屋上は展望デッキとして無料開放されており、高田城三重櫓を望むことができます。

桜が満開の時期になると、お花見スポットとして大人気!

都として栄えた当時に思いを馳せながら、美しい眺めを堪能しましょう。

DATA

上越市立歴史博物館
住所
上越市本城町7-7(高田城址公園内)
電話番号
025-524-3120
営業時間
9:00~17:00(観覧券販売は~16:30)
休み
月曜(祝の場合は翌日)
料金
一般510円、小中高生260円
駐車場
40台
リンク
上越市歴史博物館

同じエリアのスポット