大地の芸術祭左大地の芸術祭右 大地の芸術祭携帯
  1. Home
  2. グルメ
  3. 燕三条の文化と魅力が詰まったスペシャルな会席ランチ|三条市

燕三条の文化と魅力が詰まったスペシャルな会席ランチ|三条市

  • 情報掲載日:2021.12.17
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
フードディレクターの梅沢さん
フードディレクターの梅沢さん

ものづくりのまちとして有名な燕三条で150年続く割烹料亭。

老舗としての品格を感じさせつつ、町のマルシェへの参加など時代のニーズに合わせた取り組みも積極的に行なっています。

近所の商店街のマルシェに参加すると、すぐに売り切れてしまうそう!

「(すぐに売り切れてしまうのも)まわりの方々のおかげですね。その期待に応えるために、常にお客様が何がほしいのかを考えています」とフードディレクターの梅沢久美子さん。

創業当初のロゴが唯一残っているという灯篭です
創業当初のロゴが唯一残っているという灯篭です

ご近所の人だけではなく、燕三条という地域に根ざす、大切にするという思いは、創業当初から変わらぬままあります。

「初代・結城兵資の頃から受け継がれていることは、魚兵の和食を通して燕三条の魅力を感じてもらうことです」と、料理に使用する調理器具から口に入る食具まで、地元の職人たちが作った逸品を使用。

燕三条のオープンファクトリーの後に、実際にカトラリーなどを体験できる場所でもあるのです。

三条のマルナオの箸やスプーンを使っています
三条のマルナオの箸やスプーンを使っています
燕市の新光堂の鍋は殺菌効果があります
燕市の新光堂の鍋は殺菌効果があります

食材に関しても、野菜は地元の山内農園、魚は毎朝三条市場で仕入れるなど郷土愛を感じさせます。

「提供するお料理で燕三条の四季を味わえるのはもちろんですが、部屋会食は空間としても四季を感じていただくことを大切にしています」と語る通り、各部屋には季節の掛軸や女将・結城和子さんが生けた花が飾られています。

12畳の和室(写真)のほか、大人数用の広い和室や洋間と計4部屋あります
12畳の和室(写真)のほか、大人数用の広い和室や洋間と計4部屋あります
季節ごとに変わるお部屋の装飾にも注目です
季節ごとに変わるお部屋の装飾にも注目です

この空間で味わえるランチは、今回「月刊にいがた」のために作られた特別会席です。

プラン内容

月刊にいがた 限定コース(4,800円)

料理の内容は、先付、刺身、蒸し物、メイン、御飯、汁物、デザート。

2名~受付。

提供は祝日を除く月~金曜の11~14時。

3日前までにご予約をお願いします。

※値段、コンセプトを伝えればお任せコース対応が可能です(おかず5品、お食事1品、デザート1品の計7品で提供)

お品書きはこちら(※時期によって料理に変更があります)

・先付・・・『煮菜』、『かきのもと』、『のっぺ』、『鮭の焼き漬け』、『おから』

・刺身・・・季節の鮮魚3品

・蒸し物・・・『飛燕の茶わん蒸し』

・メイン・・・『新潟牛と越後豚のしゃぶしゃぶ』

・御飯・・・『佐渡産の寒ブリの棒鮨』

・汁物・・・日替わり

・デザート・・・『自家製ガトーショコラ』と三条市にあるジェラテリア ココと魚兵コラボの『ジェラート』

右上から時計周りで『かきのもと』、『のっぺ』、『鮭の焼き漬け』、『おから』、『煮菜』
右上から時計周りで『かきのもと』、『のっぺ』、『鮭の焼き漬け』、『おから』、『煮菜』
メインの『新潟牛と越後豚のしゃぶしゃぶ』
メインの『新潟牛と越後豚のしゃぶしゃぶ』
あ! いました! お肉の上に燕の形に象られた人参がのってます。蒸し物の『飛燕の茶わん蒸し』にも燕の人参がいますよ!
あ! いました! お肉の上に燕の形に象られた人参がのってます。蒸し物の『飛燕の茶わん蒸し』にも燕の人参がいますよ!
御飯の『佐渡産の寒ブリの棒鮨』は、絶妙な火加減で炙られています
御飯の『佐渡産の寒ブリの棒鮨』は、絶妙な火加減で炙られています

随所に燕三条への愛が溢れるスペシャルなコースです。

「料亭と聞くとなかな敷居の高いイメージがあると思いますが、気負わずに気軽に来てほしいですね」と梅沢さん。

ぜひ燕三条の魅力である、「ものづくり」と「食」を体験してみてはいかが?

DATA

遊亀楼 魚兵(ゆうきろう うおひょう)
住所
三条市一ノ門1-2-17
電話番号
0256-33--0261
営業時間
8:30~22:00
休み
月休
駐車場
30台
リンク
遊亀楼 魚兵 ウェブサイト

同じエリアのスポット