防災左防災右 防災上
  1. Home
  2. グルメ
  3. 【新店】新津に時々オープンしているおしゃれなカフェ|新潟市秋葉区

【新店】新津に時々オープンしているおしゃれなカフェ|新潟市秋葉区

  • 情報掲載日:2021.08.01
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
秋葉公園へ向かう坂の途中にあります
秋葉公園へ向かう坂の途中にあります

店主の高橋さんが高校時代まで過ごし、長い間空き家になっていた実家をリノベーションしてオープンしたカフェ。

関東で絵本を通じた英語教育を行うかたわら、隔週の日・月曜限定で営業しています。

『スープカレー』(900円)
『スープカレー』(900円)

10種類の野菜を使った『スープカレー』(900円)は、スパイスをたっぷり使っていながらも、野菜の素材本来の甘みを感じるやさしい味わい。

トッピングでさらに5種類の野菜が盛り付けられ、見た目もあざやか。

スプーンでほぐせるくらい身がやわらかでじっくりと煮込まれた骨付きのチキンもおいしい!

さらっとしたスープカレーで、ペロリと食べられます。

ご飯をインしたり、別々に食べたり、お好みのスタイルで味わいましょう!

『タルトタタン』(手前、400円)と『バスクチーズケーキ』(400円)
『タルトタタン』(手前、400円)と『バスクチーズケーキ』(400円)

デザートでぜひ味わってほしいのが、『タルトタタン』(400円)。

リンゴの形、味、見るのも食べるのも大好きだという高橋さんイチオシのメニューです。

カラメルでじっくり煮詰めたリンゴの甘みと酸味のバランス、じんわりと溶け出すバニラアイスのハーモニーがたまりません。

『バスクチーズケーキ』(400円)は、濃厚なチーズの味わい。

脇に添えられたフルーツを一緒に食べれば、また違った味わいを楽しめます。

店主の高橋さん
店主の高橋さん

「ずっと空き家だったところを、なんとかしなくてはと思ってスタートしたカフェ。地元の友人にも手伝ってもらっています」と高橋さん。

早くも地元の方の憩いの場として愛されています。

2階部分を吹き抜けに改装したんだそう
2階部分を吹き抜けに改装したんだそう

昔ながらの日本家屋の良さを生かしながら、実家に来たかのようなゆったりとくつろげる雰囲気が素敵。

高橋さんがリンゴを好きになるきっかけとなった『ちいさいおうち』という絵本や、英語の絵本も飾られています。

時々オープンする日を目掛けて、ぜひ訪れてみてはいかが?

DATA

時々カフェ
住所
新潟市秋葉区秋葉3-2-14
電話番号
なし
営業時間
隔週日・月曜11:00~17:00
(詳細はInstagramから確認を)
席数
14席
駐車場
2台
リンク
時々カフェ Instagram

同じエリアのスポット