長谷川さん_ジャック左長谷川さん_ジャック左 長谷川さん_ジャックスマホ
  1. Home
  2. グルメ
  3. 気温が上がると値段も上がるかき氷!? 豆乳を使った激うまソフト! どっ…

気温が上がると値段も上がるかき氷!? 豆乳を使った激うまソフト! どっちも食べよう|新潟市中央区

フレッシュ本町で発見! 100円台のひんやりスイーツ♪

  • 情報掲載日:2020.08.07
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

新潟市の古町エリアにあるフレッシュ本町。さまざまなお店が立ち並び、ご近所の主婦の方たちをはじめ、いつも活気のある商店街です。

レトロな雰囲気もあって、まち歩きのスポットとして若い人たちからも注目を集めています。

そんなフレッシュ本町で「100円台で食べられる冷た~いスイーツがある」とのうわさを聞きつけ取材に行きました!

早速、フレッシュ本町の商店を捜査。すると、こんな看板が!
そのお店は「らーめん たごさく」。

名前の通り、もちろんラーメン店。

かき氷が売っているようには見えないが、今年からかき氷を販売し始めたといいます。

しかもなんと値段は100円(税込)。


「ラーメン店なのになぜ?」そして「なぜ100円という安い値段で販売しているの?」と思い、店主に突撃取材!

「今年から始めたから、かき氷の相場が分からずとりあえず100円で売ることにしたんです。

でも、これから暑くなってきたら、値段は上げます(笑)。

でも、その分練乳をプラスするなど、お得な内容にしますよ!」と店主。

取材に行ったタイミングでは、味はメロン・イチゴ・レモンの3種類。

100円とは思えない量の多さで食べ応え抜群。

お店で食べる場合、テイクアウトに比べて量がたっぷり。

外の席だとフレッシュ本町の雰囲気を感じながら食べられるので、それも楽しいのです。

「暑くなったら値段も上げる」という店主の基準が難しいところでありユニークなところ(笑)。

「今日はいくらなのか?」というのも楽しみながら、運試しも兼ねてたごさくに行くのもいいですね。

もちろん、メインは種類豊富なラーメンとお得なセットメニュー。

店主自慢のラーメンを食べた後に、ひんや~り甘くて、美味しいかき氷。という楽しみ方が一番! 


夏が終わる前にお試しあれ。

Information

らーめん たごさく
住所
新潟市中央区本町通12-2746-1
電話番号
025-225-2539
営業時間
11:00~22:00(LO21:30)
休み
不定休
席数
14席(新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、現在は半分の7席で営業)、外テラス8席
駐車場
なし

続いて訪れたのは、らーめん たごさくのすぐお隣にある、小森豆腐店。

その名の通りのお豆腐店ですが、ここの『豆乳ソフトクリーム』がおいしいと評判なのです!

現在の店舗になったのはもう15年前で、現店主は4代目の小森正人さん。

 「お店の目玉商品を作って子どもたちを呼びたい!」という気持ちから、この店舗で営業を始めてから1年後に作って発売したのが『豆乳ソフトクリーム』なのです。

現在では子どもから大人まで、幅広い年代のお客さんに大人気の商品です。

通常、ソフトクリームというと甘いイメージがありますが、小森豆腐店の『豆乳ソフトクリーム』は豆乳の味がしっかりして、後味は想像以上にさっぱりしています。

砂糖や水飴が入っていながらも、甘さ控えめでさっぱりとした味わいの秘密は、何よりも美味しい豆乳を使うことだそうです。

お値段は通常サイズが150円(税込)、小さいハーフサイズが100円(税込)と、とってもリーズナブルな価格になっています。

「お店のやりがいは、たくさんのお客さんが来てくださることです」と小森さんは言います。

店主の優しさに溢れた小森豆腐店の『豆乳ソフトクリーム』をぜひ、一度味わってみてください。

Information

小森豆腐店
住所
新潟市中央区本町通12番町2746-1
電話番号
025-210-2113
営業時間
10:00~18:00
休み
日曜、祝日
駐車場
なし

フレッシュ本町で見つけた、100円台のひんやりスイーツ! 

この夏は、たまにはゆっくり歩きながら、商店街を巡っていい汗をかいて、らーめん たごさくのかき氷と、小森豆腐店の豆乳ソフトクリームを一気にハシゴ、なんて楽しみ方もいいですね♪

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS