アピタ_左アピタ_右 アピタ_スマホ
  1. Home
  2. グルメ
  3. 愛され続ける見附の名物アイスは常に進化中!

愛され続ける見附の名物アイスは常に進化中!

  • 情報掲載日:2019.08.11
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

しかし、毎日暑いですね~。こうも暑いと、毎日でもアイスが食べたくなりますね。ジェラートショップもカフェのアイスもいいですが、たまには昔ながらのレトロなアイスはいかがですか?

ちびっ子から通りがかりの近所のお母さんまで。 老若男女、見附市民に愛され続けているのが谷信のアイスです!
お菓子作りを始めてからすでに70年以上。名物のディッシャーアイスを県内で初めて販売し始めたのはもう50年も前のこと。見附市新町の商店街の一角にある店舗を訪れると、昔ながらの変わらない看板やレトロな雰囲気に、思わず心がホッとするのです。

レトロな外観や看板は、一周回って、若い世代には新しく感じるようです。 スマホを片手に写真を撮る若者も多いんですって。
でも、ご存じですか? 店構えは変わらなくても、アイスは常にアップデートしていることを。ド定番の『アヅキ』(250円)や『バニラ』(250円)などのレギュラー組に加えて、実は毎年2種類の新作が登場しているんです!

谷江潮里さん
谷江潮里さん

「アイスを作るのは主人なので、ふたりでああでもないこうでもないと話しながらどんな味を作るかを決めて、チャレンジしています。あんまり売れないとすぐにショーケースから消えていくんですよ(笑)」とお店に立つ店主の奥様・谷江潮里さん。今年の新作は『ピスタチオ』(300円)と『ブラックココア』( 250円)。

左から『イチゴ』(250円)、『ピスタチオ』(300円)、『ブラックココア』( 250円)
左から『イチゴ』(250円)、『ピスタチオ』(300円)、『ブラックココア』( 250円)
『白アイス』(各100円)
『白アイス』(各100円)

暑くてヘトヘトな日は、シンプルでやさしい甘さの『白アイス』もおすすめです。

ちなみに潮里さんの個人的おすすめは『ラムレーズン』と『ほうじ茶』だそう。

ということで、どうぞ店頭で迷ってください(笑)。8月中は夜9時半まで営業中です。夕涼みや夏の夜ドライブに、ここを目指して出かけてみるのもいいですね。

Information

谷信菓子店
住所
見附市新町1-7-7
電話番号
0258-63-1360
営業時間
9:30~20:00(8/31土までは~21:30)
休み
不定休
駐車場
なし

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS