スペシャリスト ジャック_左スペシャリスト ジャック_右 スペシャリスト ジャック_スマホ
  1. Home
  2. イベント
  3. 【公開リハレポートあり】Noism今シーズンの集大成となる公演。目に焼き付…

【公開リハレポートあり】Noism今シーズンの集大成となる公演。目に焼き付けたい!

  • 情報掲載日:2020.07.01
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
『FratresⅠ』(2019年)Photo:Kishin Shinoyama
『FratresⅠ』(2019年)Photo:Kishin Shinoyama

今年6月に初演が予定されていたものの、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から2021年夏に延期となった最新作『春の祭典』『Fratres Ⅲ』が、8月に「プレビュー公演」として上演されることに!

本公演のような演出は伴わないものの、これまで創作を重ねてきた成果を披露します。

実験舞踊vol.2『春の祭典』にはNoism0&1&2の総勢21名が出演。
20世紀舞踊史に燦然と輝く“問題作”を、Noism芸術監督・金森穣氏が「もし『春の祭典』を演奏するオーケストラが踊りだしたら?」という実験的アプローチで創作した作品です。

『FratresⅢ』は、2019年夏に初演されたNoism1による『FratresⅠ』、12月に初演された金森氏による独舞『FratresⅡ』と続いた「Fratres」シリーズの第3弾。
集団で芸術活動を行なうことの意味を改めて問い直すべく創作してきたこのシリーズの最終章となります。

この2作品に加え、Noism0による新作『Adagio Assai(仮)』の同時上演も決定!

2022年8月までの活動更新が正式に決定し、“新章”の幕開けとなった今シーズンの集大成といえる公演は必見です!


さて、8月のプレビュー公演を前に、Noism活動支援会員対象の公開リハーサルが行なわれました。

編集部もお声がけいただき、公開リハーサルに取材にお邪魔させていただくことができました。

 

その模様をお伝えしますね。

公開リハーサル時の劇場のようす
公開リハーサル時の劇場のようす

まず、劇場入口で体温チェックが行なわれ、連絡先の記入が求められました。
緊張感漂うホワイエを抜け、劇場に入ると、目に入ってきたのが規則的に白い紙が貼られた客席でした。
この日の定員は50人。
ソーシャルディスタンスの確保のため、横並びは3つ、縦は1列の間隔をあけて席が設けられています。
これが“ウィズコロナ”の劇場なのですね。。。少し寂しい気もしますが致し方ないですね。


公演はNoism0による最新作『Adagio Assai(仮)』からスタート。

Noism0『Adagio Assai(仮)』
Noism0『Adagio Assai(仮)』

Noism0の井関佐和子さん、山田勇気さんによる、美しくもどこか切なさを感じさせるデュオ。
前回公演『シネマトダンス―3つの小品』同様、映像と実演を織り交ぜた作品でした。

Noism0+Noism1『Fratres Ⅲ』
Noism0+Noism1『Fratres Ⅲ』

続いて『Fratres Ⅲ』。
金森氏の圧倒的な独舞に始まり、そこに亡霊のように現れたNoism1メンバーが、金森氏を取り囲むように群舞を展開していきます。
一糸乱れぬ動きを展開するNoism1メンバーの姿は、厳しい環境に身を置き鍛錬を積む武道家のようにも、全身全霊で祈りを捧げる修行僧たちのようにも見え、その気迫に胸を打たれます。


ここで休憩をはさみ、いよいよ実験舞踊vol.2『春の祭典』です。

Noism0+1+2 実験舞踊vol.2『春の祭典』
Noism0+1+2 実験舞踊vol.2『春の祭典』

須長檀によるイスがズラリと並ぶ舞台に、RATTA RATTARR(ラッタラッタル)による衣裳に身を包んだ舞踊家たちが登場。
音楽が始まると、その1音1音に合わせて舞踊家たちの体が動き始めます。
音楽の盛り上がりに合わせるように舞台は展開。途中には「りゅーとぴあの劇場をこんなふうに使うのか!」という演出があったり、2008年初演の名作『Nameless Hands-人形の家』を思い起こさせる場面があったり(!)で終始興奮しっぱなしでした。

終演後
終演後

終演後、「公開リハーサル」であるにもかかわらず「ブラボー」という声と絶賛の拍手が劇場に響きました。みんな待っていたのです!
メンバーも久々の実演を終え、その表情に満足感とうれしさをにじませていたように見えました。

舞台に上がった金森氏は、メンバーをねぎらい、控室に戻した後、マイクをとりました。

「本当は昨日が初演だったんですけど…」と言った後、声を詰まらせる金森氏。その胸にあったのは、悔しさなのか、うれしさなのか――そんなことを考えると、最高の舞台を観終えたという感動と合いまり、胸がいっぱいになりました。

「これが今できるすべてです」としつつも「8月にはもう少し届けられると思います」という言葉に、8月のプレビュー公演への期待も高まりました!


…ということで、プレビュー公演は8月27日(木)・28日(金)開催です。
今回の公開リハーサルよりも客席はかなり増えるそうですが、早めの売り切れが予想されます。
チケット発売は7月10日(金)です。ぜひ気合を入れて入手を!

Information

Noism0+Noism1+Noism2 実験舞踊vol.2『春の祭典』/『Fratres Ⅲ』プレビュー公演
開催期間
8月27日(木)19:00~
8月28日(金)18:00~ 
会場名
りゅーとぴあ 劇場
会場住所
新潟市中央区一番堀通町3-2
料金
全席指定:一般3,000円(税込)、高校生以下1,000円(税込)
※チケット7月10日(金)りゅーとぴあオンライン・チケットのみで発売開始
問い合わせ先
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
問い合わせ先
電話番号
025-224-5521
リンク
Noism Web Site
備考

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS