ZAO_左ZAO_右 しろめチ_スマホ
  1. Home
  2. スペシャル
  3. 5月号巻頭特集は「二大流行麺」――シビ辛麺とタンメンの魅力に迫る!

5月号巻頭特集は「二大流行麺」――シビ辛麺とタンメンの魅力に迫る!

  • 情報掲載日:2019.04.23
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

史上最大10連休のGWがもうすぐやってきますね!

今年のGWは何をして過ごしますか?

なにも予定が決まっていないという人、まずは『月刊にいがた』5月号をぜひ手に取ってみてください。

はい、ということで、『月刊にいがた』5月号が発売となりました!

表紙は村上市荒川の「あしら.」さんのタンメンと、長岡市「天弓」さんのマーボー麺です
表紙は村上市荒川の「あしら.」さんのタンメンと、長岡市「天弓」さんのマーボー麺です

表紙からもお分かりの通り、巻頭特集は「ラーメン」です。

表紙と同じラーメンですが、扉ページはさらに迫力満点です。うまそう!
表紙と同じラーメンですが、扉ページはさらに迫力満点です。うまそう!

月刊にいがたでは、ここ数年5月号でラーメンの巻頭特集を展開しています。

今年のラーメン特集のテーマは「二大流行麺」です。

「二大」のひとつは「シビ辛麺」。
激辛麺の人気は相変わらずですが、「シビ辛」も今人気ですよね。
唐辛子の辛さとはちょっと違う、山椒をきかせた、舌がビリビリとしびれるような辛さ――そんな「シビ辛」なグルメが、ラーメンを筆頭に注目を集めています。

もうひとつが「タンメン」。
炒め野菜がのった塩味スープの定番ラーメンです。
あっさりとしたイメージですが、最近ではこってり濃厚なタンメンが大人気。
さらに昨今のヘルシーブームから、野菜がたっぷり摂れるメニューとして女性ファンも増加中です。
タンメン、きてますよ!!

ということで、このふたつの流行麺に注目して特集を展開しました。

中身をちょっとお見せしますね。

まずは「シビ辛麺」の注目店、三条市の175°DENO担担麺燕三条店さん。どんなところがウケているのか、その魅力を徹底解剖します
まずは「シビ辛麺」の注目店、三条市の175°DENO担担麺燕三条店さん。どんなところがウケているのか、その魅力を徹底解剖します
続いては「シビ辛麺」の老舗、ということで長岡市の喜京屋さん。陳麻婆豆腐で有名なお店のマーボー麺、気になりません?
続いては「シビ辛麺」の老舗、ということで長岡市の喜京屋さん。陳麻婆豆腐で有名なお店のマーボー麺、気になりません?
有名人の愛する「シビ辛麺」として、アルビレックス新潟のチョ・ヨンチョル選手がお邪魔したのは、県民おなじみ三宝亭さん!
有名人の愛する「シビ辛麺」として、アルビレックス新潟のチョ・ヨンチョル選手がお邪魔したのは、県民おなじみ三宝亭さん!
続いては「タンメン」コンテンツ。いまの「タンメン」人気を引っ張る注目店、極濃湯麺フタツメさんの魅力にぐいぐいと迫っております!
続いては「タンメン」コンテンツ。いまの「タンメン」人気を引っ張る注目店、極濃湯麺フタツメさんの魅力にぐいぐいと迫っております!
続いては「タンメン」の老舗。新潟市の下町(しもまち)、蓬来軒さんで長きにわたり愛されるタンメンを取材してきました
続いては「タンメン」の老舗。新潟市の下町(しもまち)、蓬来軒さんで長きにわたり愛されるタンメンを取材してきました
有名人が愛する「タンメン」ページに登場してくれたのはNegicco・Nao☆さん! 古町の人気居酒屋・喜ぐちさんのタンメンをご堪能いただきました
有名人が愛する「タンメン」ページに登場してくれたのはNegicco・Nao☆さん! 古町の人気居酒屋・喜ぐちさんのタンメンをご堪能いただきました

けっこうソソる誌面になっているのではないかと思います!

もちろん誌面でお見せした以外にも、たくさんのシビ辛麺、タンメンのお店をご紹介していますので、乞うご期待です。

GWは「二大流行麺」を食べにおでかけ、なんていかがでしょうか!!

そして5月号ではもちろん、GWにぴったりのおでかけスポットやイベントをご紹介する「10連休は新潟を遊びつくせ!」特集も展開していますよ。

車、住宅からスクール、お医者さんまで、ママ・パパお役立ち情報が満載の「新潟おやこLIFE」特集もあります。

月刊にいがた5月号は1冊480円で発売中です。

ぜひお手に取ってごらんくださいませ~!

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS