ひだりみぎ よこ gym
  1. Home
  2. スペシャル
  3. 【新店】抹茶ラテと古着のお店が学校町通にオープン|新潟市

【新店】抹茶ラテと古着のお店が学校町通にオープン|新潟市

  • 情報掲載日:2023.06.28
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
お抹茶STAND chill pill/無人古着屋 empty clothing store 外観
お抹茶STAND chill pill/無人古着屋 empty clothing store 外観

新潟市役所や新大病院のすぐそば、新潟市の学校町通に、抹茶ラテと古着のお店がオープンしました。

お店があるのは学校町通の入口付近、第四北越銀行白山支店の手前です。
国道116号からもこの外観がチラリと見えるので、気になっていた方もいるかもしれませんね。

店主・目黒由希さん。手に持っているのは抹茶碗と抹茶をたてる茶せんです
店主・目黒由希さん。手に持っているのは抹茶碗と抹茶をたてる茶せんです

オーナーは、これまで飲食業界、アパレル業界で仕事をしてきた目黒さん。
その経歴をいかし、ひとつの店舗でふたつのお店を営んでいます。

まずは抹茶ラテのテイクアウト専門店、お抹茶STAND chill pill(チルピル)。

目の前で抹茶をたててくれます
目の前で抹茶をたててくれます

おばが茶道の師範だったことから、茶道が身近だったという目黒さん。
京都・宇治の抹茶と、おばから受け継いだ茶道具を使い、注文の都度抹茶をたてます。
そこに冷たい牛乳とかわいい丸い氷を加えて、抹茶ラテが完成!

右が抹茶ラテ、左がほうじ茶ラテ
右が抹茶ラテ、左がほうじ茶ラテ

『抹茶ラテ』は500円、『ほうじ茶ラテ』は550円。
デザート感覚で楽しんでほしいと、白玉トッピング(+100円)、アイストッピング(+300円)を用意しています(写真はどっちもトッピングしたゴージャスバージョン!)。
アイスは抹茶、ほうじ茶、バニラから選べます。

看板と一緒に「映えー」な写真も撮れます! ちなみにchill pillは鎮静剤のことですが、そこから派生し「ゆったり」「落ち着いて」という意味も持つことから、「抹茶ラテを飲んでまったりしてほしい」という思いを込めて名付けたそうです
看板と一緒に「映えー」な写真も撮れます! ちなみにchill pillは鎮静剤のことですが、そこから派生し「ゆったり」「落ち着いて」という意味も持つことから、「抹茶ラテを飲んでまったりしてほしい」という思いを込めて名付けたそうです

続いてはもうひとつのお店、無人古着屋 empty clothing store(エンプティ クロージング ストア)。

無人古着屋 empty clothing store 店内。かつて理容室兼民家だった建物を利用した店内のつくりにも注目です
無人古着屋 empty clothing store 店内。かつて理容室兼民家だった建物を利用した店内のつくりにも注目です

こちらは、24時間いつでも入店可能な無人古着店。
佐渡初の無人古着店、empty clothing store from SADOの姉妹店です。
無人なので、スタッフの目を気にせず、ゆっくりと気に入った商品を探せます。

取り扱う商品は海外から仕入れた80年代のアイテムが中心。
パッと見ておもしろいものを集めているそうです。
Tシャツは2,000円、シャツは3,000円、パンツは2,500円の均一プライス。
いずれもユニセックスで着用できます。

支払いは現金なら写真右のポストにイン。
ペイペイ払いも可能です。

また、目黒さんが『MAUVE』というブランド名で手掛けるハンドメイドアクセサリーも販売。
イヤリング、ピアスをメインに、女性らしいデザインのアクセサリーが揃います。

 


「ちなみに、このふたつの店には共通点があるんですよ」と目黒さん。

抹茶ラテと古着のお店の共通点??

それは「どちらも古いものを使って、今の感覚で若い世代の人たちに提案するお店」ということ、でした。

なるほど!!

 

DATA

お抹茶STAND chill pill/無人古着屋 empty clothing store
住所
新潟市中央区学校町通2-5306-2
電話番号
なし
営業時間
お抹茶STAND chill pillは13:00~18:00、無人古着屋 empty clothing storeは24時間営業
休み
お抹茶STAND chill pillは不定休、無人古着屋 empty clothing storeは無休
駐車場
なし
リンク
chill pill Instagram
EMPTY CLOTHING STORE Instagram
備考

同じエリアのスポット