新潟県_ジャック縦_左新潟県_ジャック縦_右 新潟県_スマホ
  1. Home
  2. スペシャル
  3. 異業種が手掛けたお店、最近増えてません?

異業種が手掛けたお店、最近増えてません?

【今月の気になる!!】『月刊にいがた』2023年5月号

  • 情報掲載日:2023.04.26
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

編集部が気になる話題を取材する『今月の気になる!!』。

今回は、異業種が手掛けた注目の飲食店をご紹介します。


素敵なお店だなぁと思って調べると、経営しているのがまったく別の業種だった、ってことが最近多いような?

そこで気になった、県央エリアの2軒を取材してきました!

カーショップが開いたカフェ

COFFEE GARAGE CONTEMPORARY

LICENSE 外観
LICENSE 外観

COFFEE GARAGE CONTEMPORARY(コーヒーガレージコンテンポラリー)を営むのは、燕市分水にあるカーショップLICENSE。
『ボッシュ カーサービス(BCS)』整備工場として、国産車、輸入車問わず販売、整備、コーティング等を行なっています。

来店のきっかけを作り、お客との関係性を作る手段としてコーヒーに注目。
「おいしいコーヒーが飲めるカーショップ」「クルマのメンテナンスができるコーヒースタンド」として双方のお客にメリットをもたらしています。

ところでどこにコーヒーのお店があるの? と思われるかもしれませんが、写真のLICENSE店内にあるんです。

店内にあるキッチンカーでコーヒーを提供。ドリップバッグなどの販売も行なっています
店内にあるキッチンカーでコーヒーを提供。ドリップバッグなどの販売も行なっています

店内に入るとまず目に飛び込んでくるのがこのキッチンカー。
シトロエンHバンをシルバーに塗装したキッチンカーでコーヒーを提供しています。

豆の特徴が書かれたカードを添えて提供
豆の特徴が書かれたカードを添えて提供

「豆の産地による味の違い、選ぶ楽しさを知ってほしい」と、メニューにブレンドコーヒーはなし。
トレーサビリティにこだわった5種類の定番豆に加え、数種類の限定豆が用意され、1 杯400円からと手頃な価格で味わえます。

SCAJコーヒーマ イスターの齊藤桐麻さん。ドリップには燕製の道具も使用する
SCAJコーヒーマ イスターの齊藤桐麻さん。ドリップには燕製の道具も使用する
カウンター席は特等席!
カウンター席は特等席!

コーヒーを提供してくれるのは、SCAJコーヒーマ イスターの齊藤桐麻さん。
コーヒーに関する知識が豊富で、齊藤さんとの会話を楽しめるカウンター席は特に人気です。

コーヒーの味のみならず、いれる楽しみも味わってほしいと開催するコーヒーセミナー(予約制)も好評です。

なお、カフェ営業を本格化させるべく、5月から改装工事に入る予定ですが、イベント出店は継続。
出店予定などはインスタグラム@cgco_licenseでご確認くださいね。

DATA

COFFEE GARAGE CONTEMPORARY(コーヒーガレージコンテンポラリー)
住所
燕市笈ヶ島1281-4 LICENSE内
電話番号
0256-97-1038(LICENSE)
営業時間
13:00~17:00(土・日曜は10:30~。金曜は17:00~21:00)
休み
月・火曜、隔週水曜(5月以降の営業は要問い合わせ)
席数
17席
駐車場
4台
リンク
COFFEE GARAGE CONTEMPORARY Instagram
備考

電気工事店が開いたカフェ

杢|MOKU

髙山電気 外観
髙山電気 外観

杢|MOKUを営むのは、三条市の電気工事店・髙山電気。
ARTS & LIGHTINGをコンセプトに、高度な照明設計と施工の確立を目指しており、総合電機設備工事、空調設備工事なども行なっています。

杢|MOKU 店内。シンプルな照明ながら効果的に演出された店内は見どころ満載
杢|MOKU 店内。シンプルな照明ながら効果的に演出された店内は見どころ満載

杢|MOKUは、髙山電気のショールームを兼ねたシェアスペース・MEETS STUDIOで、月・水・金曜のみ営業しています。

電気工事店は対企業とのやりとりが中心となるため、エンドユーザーとつながることのできる場所を作りたいとカフェをオープンさせたのだそう。

店内には、店舗や住宅のデザインのヒントになりそう
なアイデアがいっぱい。
気になったらすぐに声をかけられる近さが魅力です。

店長の髙山えみ子さん。焼菓子はすべて髙山さんの手作り!
店長の髙山えみ子さん。焼菓子はすべて髙山さんの手作り!
お皿のスイーツ、奥は『スパイシージンジャーローフ』(450円)、手前は『ほうじ茶とキウイのレアチーズケーキ』』(450円)
お皿のスイーツ、奥は『スパイシージンジャーローフ』(450円)、手前は『ほうじ茶とキウイのレアチーズケーキ』』(450円)

店長の髙山さんが作る焼菓子が看板で、チーズケーキやパウンド型で焼いたローフ、サブレなどがカウンターに並んでいます。
シンプルに見えてユニークな素材使いをしたものが多く、「どんな味? と聞いてもらえるのがうれしい」と髙山さん。

ドリンクとともに、窓の外に広がる季節の田園風景を眺めながら味わうのがおすすめです。

人気の 『檸檬ケーキ』(1個350円)
人気の 『檸檬ケーキ』(1個350円)

焼菓子のテイクアウト利用も多いそう。
なお、お菓子が売り切れ次第終了となりますので来店はお早めに。

DATA

杢|MOKU
住所
三条市吉田99-3
電話番号
なし
営業時間
10:00~15:00(商品なくなり次第終了)
休み
日・火・木・土曜、5月3日(祝)・5日(祝)
席数
7席
駐車場
5台
リンク
杢|MOKU Instagram
備考

こういったお店、今後も増えていきそう。
ぜひ注目を。

 

 

 

関連記事