新潟のパーソナルジム新潟のパーソナルジム 新潟のパーソナルジム
  1. Home
  2. スペシャル
  3. 新潟の素晴らしい風景をとらえた写真がズラリ! 県民が見つけた第2回「わ…

新潟の素晴らしい風景をとらえた写真がズラリ! 県民が見つけた第2回「わたしの黄金(こがね)・白銀(しろがね)フォトコンテスト」受賞作発表!

●新潟県 第2回「わたしの黄金・白銀フォトコンテスト」入賞作発表

  • 情報掲載日:2023.03.10
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

稲穂、佐渡金銀山、雪、夕日など黄金(こがね)色や白銀(しろがね)色に輝く美しい景観や食、文化の宝庫である新潟県

観光立県の実現に向けて、新潟県では「黄金と白銀で酔わせる新潟」をキャッチフレーズとして掲げており、県民に広く黄金・白銀に輝く宝を再発見してもらおうと、昨年8月から11月にかけて「あなたが見つけた新潟の黄金・白銀」にまつわる写真を募集する2回目のフォトコンテストを開催しました。

結果、前回を上回る635もの作品応募が!

そして、その中から審査員の審査による8つの受賞作と、一般の皆さんからのWEB投票による特別賞が決定しました!

新潟県が誇る黄金・白銀の魅力をぜひお楽しみください。

最優秀賞
『白銀の滝をのぼる』

撮影者:小野卓行(出雲崎町)
<撮影者コメント>命をかけて滝を登る鮭。これほど生命に満ちた自然に出逢うことは滅多にない。
<撮影者コメント>命をかけて滝を登る鮭。これほど生命に満ちた自然に出逢うことは滅多にない。

黄金賞
『黄金に輝く夕日と蒸気機関車』

撮影者:野村健太郎(新潟市)
<撮影者コメント>黄金に輝く夕日に蒸気機関車が照らされ、手を振る車掌さんに更に癒される。
<撮影者コメント>黄金に輝く夕日に蒸気機関車が照らされ、手を振る車掌さんに更に癒される。

白銀賞
『波濤』

撮影者:吉田昌弘(新潟市)
<撮影者コメント>新潟市関屋分水で撮影。波と波がぶつかってできる造形が美しい。
<撮影者コメント>新潟市関屋分水で撮影。波と波がぶつかってできる造形が美しい。

審査員賞(審査員:岩佐十良 氏)
『金色に染まる山古志の夜明け』

撮影者:大村博明(長岡市)
<撮影者コメント>通い続けてやっと撮れた、まだ誰も見ぬ山古志。
<撮影者コメント>通い続けてやっと撮れた、まだ誰も見ぬ山古志。

審査員賞(審査員:渡邊喜之 氏)
『暮色のトビシマカンゾウ』

撮影者:小松周平(新潟市)
<撮影者コメント>劇的な夕暮れにトビシマカンゾウが輝いていました。
<撮影者コメント>劇的な夕暮れにトビシマカンゾウが輝いていました。

審査員賞(審査員:山田彩乃 氏)
『光の並木道』

撮影者:斉藤敬幸(新潟市)
<撮影者コメント>銀杏並木に秋の光が差し込み、キラキラの世界を演出してくれました。
<撮影者コメント>銀杏並木に秋の光が差し込み、キラキラの世界を演出してくれました。

審査員賞(審査員:遠藤麻理 氏)
『魚沼の春』

撮影者:上田孔希(新潟市)
<撮影者コメント>儀明の棚田の桜を撮影しました。夕焼けに染まる水田と桜がとても美しかったです。
<撮影者コメント>儀明の棚田の桜を撮影しました。夕焼けに染まる水田と桜がとても美しかったです。

審査員賞(審査員:新潟県観光文化スポーツ部長)
『雪原とはさ木の朝』

撮影者:稲益弓代(長岡市)
<撮影者コメント>小千谷市池ヶ原のはさ木です。夜明け前から太陽が現れるまで、刻一刻と黄金色やマゼンタ色に変化。心に残る夜明けの風景を見ることができました。
<撮影者コメント>小千谷市池ヶ原のはさ木です。夜明け前から太陽が現れるまで、刻一刻と黄金色やマゼンタ色に変化。心に残る夜明けの風景を見ることができました。

★WEB投票で最多票を獲得!
特別賞
『妙高連山を望む』

撮影者:金子 武(上越市)
<撮影者コメント>冬の朝、澄んだ空気の中で、遠くに雪の妙高連山が白銀に輝く、木々にも昨日の雪が白く残る。
<撮影者コメント>冬の朝、澄んだ空気の中で、遠くに雪の妙高連山が白銀に輝く、木々にも昨日の雪が白く残る。

以上9作品、本当に見事な写真ばかりですよね!
これら入賞作品をはじめ応募いただいた作品は、今後、新潟県の観光振興の推進に活用されていく予定です。

この「わたしの黄金・白銀フォトコンテスト」、2回の開催で総数1,100以上の作品応募があったことに対し、主催者である新潟県の担当者も「本当にたくさんの県民の皆様から黄金・白銀に輝く素晴らしい作品をご応募いただき、ありがとうございました!」と感謝しています。

読者の皆さんもぜひ、受賞作を見て楽しんでもらうとともに、「あなたならではの新潟の黄金・白銀」を意識するきっかけにしてみてください。

新潟県 第2回「わたしの黄金・白銀フォトコンテスト」開催詳細

1_作品テーマ
「わたしの黄金(こがね)・白銀(しろがね)」 ※風景、食べ物、動物やイベントの様子など、黄金、白銀と思うものであれば被写体や色の制限はありません。
2_募集期間
2022年8月10日~2022年11月25日
3_応募数
635点(黄金部門:433点、白銀部門:202点)
4_審査員
 ・岩佐 十良 氏 (株式会社自遊人 代表取締役)
 ・渡邊 喜之 氏 (株式会社link up photography 代表取締役、フォトグラファー)
 ・山田 彩乃 氏 (NPO法人リリー&マリーズ理事長、にいがた観光特使)
 ・遠藤 麻理 氏 (フリーアナウンサー)
 ・新潟県観光文化スポーツ部長

↓↓こちらもチェックしてみてください↓↓

関連記事