大人酒ごはん_ジャック縦_左大人酒ごはん_ジャック縦_右 大人酒ごはん_ジャック縦_スマホ
  1. Home
  2. スペシャル
  3. 「Fun to Drink;(楽しく飲む;)」がテーマ! まちの酒屋として地域活性…

「Fun to Drink;(楽しく飲む;)」がテーマ! まちの酒屋として地域活性化を目指す店主・寺田さんに新発想の原点を聞きました

Niigataモノ・コト創造人 from NICO press

  • 情報掲載日:2022.12.09
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

『Niigataモノ・コト創造人』とは

「新潟県の産業をもっと元気に」を使命に、チャレンジする県内企業を応援する、公益財団法人にいがた産業創造機構(NICO)が発行する機関誌『NICO press』の連載コーナー。
今回は、新潟市江南区でまちの酒屋として地酒を専門に販売するわたご酒店の店主・寺田和広さんのインタビューをお届けします。

わたご酒店のコンセプトは?

大学卒業後、東京にある御問屋・日本酒類販売(株)や酒屋・今田商店でキャリアを重ねた寺田さん。酒業界に携わっていくなかで、次第に地酒の魅力に気付いたといいます。2017年に新潟にUターンして母方の祖父母が営む酒屋、わたご酒店を継ぐことを決意。2020年に「Fun to Drink;」をスローガンに掲げ、お酒を楽しく飲むことを重視した店づくりやサービスをスタートしました。今では次々と新しい取組を生み出すお店として注目を集めています。

酒屋ならではの新しい企画はどのように生まれた?

「お酒を販売するだけではなく、亀田エリアに楽しい場所を作っていき、地域活性化を目指したいです」と話す寺田さん。その言葉のとおり、亀田公園を舞台に『Farmers and Kitchen』という食のイベントの企画・運営も行っています。「新しい企画の発想は“素材”を見つけることから始まります。町の人や農家さんとお酒を交わし、情報交換をしています」。アイディアの原点は、このようなコミュニティから発見されていたのです。

これからお店をどのように成長させていきたいのか?
そして、まちの酒屋として、どのように地域を盛りあげていきたいのか?
インタビューの続きは下のリンクからご覧いただけます。

関連記事