長谷川熊左長谷川熊右 長谷川熊携帯
  1. Home
  2. スペシャル
  3. 新潟を学びながら、新潟の幸に舌鼓──【古町通信】古町×Noism

新潟を学びながら、新潟の幸に舌鼓──【古町通信】古町×Noism

  • 情報掲載日:2022.07.30
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
右・庄島さくら(しょうじまさくら)さん/福岡生まれ。6歳よりバレエを学ぶ。スロバキア国立バレエ団でソリストとして活動。2021年9月よりNoism1所属
右・庄島さくら(しょうじまさくら)さん/福岡生まれ。6歳よりバレエを学ぶ。スロバキア国立バレエ団でソリストとして活動。2021年9月よりNoism1所属

りゅーとぴあの専属舞踊団Noism Company Niigataのプロフェッショナルカンパニー、Noism1メンバーが古町のお店を訪ねる連載。

今回は昨年スロバキアから10年ぶりに帰国、新潟生活2年目の庄島さくらさんの登場です。

 


「お酒が好き。新潟に来てからは日本酒をよく飲んでいます」というさくらさんと一緒に、石畳の東新道にある人気店、あがの割烹千原六助へ。

あがの割烹 千原六助 外観
あがの割烹 千原六助 外観

腕を振るうのは、「料理を通して故郷・阿賀野市の魅力を伝えたい」という店主・早川健人さん。

店主・早川健人さん
店主・早川健人さん

日本酒は県内蔵元のもののみ、辛口を中心に25種類ほどを揃えています(1合715円〜)。

『本日の隠れ酒』として超レアな銘柄を四合瓶で提供(早川さんが自ら県内の酒販店を回って入手してくるそう!)。これを楽しみに足を運ぶ常連さんも多いとか
『本日の隠れ酒』として超レアな銘柄を四合瓶で提供(早川さんが自ら県内の酒販店を回って入手してくるそう!)。これを楽しみに足を運ぶ常連さんも多いとか

この日出していただいたのは、阿賀野市の白龍酒造が阿賀野市水原産の酒米で醸した特別純米酒『越後府』。

『越後府』と『茄子と煮穴子の煮おろし』
『越後府』と『茄子と煮穴子の煮おろし』

「明治維新後の廃藩置県の際、水原にはわずか数年ですが水原県として県庁が置かれたんですよ」と早川さんに聞きながら『越後府』を味わうさくらさん。

お酒を飲む横顔も美しい!
お酒を飲む横顔も美しい!

「お米の味がします。飲みやすくて好みです」とにっこり。

このお酒に合わせるのは、コースの一品『茄子と煮穴子の煮おろし』。
丸ナスを使っていることを伝えつつ、「新潟はナス王国で、20種類ものナスがあるんです」と教えてくれる早川さん。

さくらさんと早川さんをカウンターで
さくらさんと早川さんをカウンターで

おいしく料理やお酒を味わいながら新潟を学べる、まさにさくらさんにうってつけのお店でした。

 


おまけ

イチゴ大福入り三角だるま最中!
イチゴ大福入り三角だるま最中!

食後、「お土産にどうぞ」と早川さんから手渡されたのは、阿賀野市の郷土玩具・三角だるまを模した最中。
中にはなんとイチゴ大福が入っていて、しかもその場でちゃかちゃかっと作ってくださったのには驚きました。

なんと粋な計らい!

撮影日には予約が立て込んでいるにもかかわらずご対応いただいてしまったので、次回はゆっくり訪れたい…と思った一同でした。

DATA

あがの割烹 千原六助(あがのかっぽう ちはらろくすけ)
住所
新潟市中央区東堀通9-1407-3 プロジェクトビル1F
電話番号
025-378-6224
営業時間
18:00~23:00(LO22:30)
休み
日曜、祝日、月2回月曜、8月14日(日)~16日(火)
席数
16席
駐車場
なし
リンク
あがの割烹 千原六助 Instagram
備考

同じエリアのスポット