大地の芸術祭左大地の芸術祭右 大地の芸術祭携帯
  1. Home
  2. スペシャル
  3. 阿賀の自然の素晴らしさを伝えるCM動画を作りました【阿賀黎明高校】

阿賀の自然の素晴らしさを伝えるCM動画を作りました【阿賀黎明高校】

【新潟※コメジルシプロジェクト】高校生が新潟の魅力発信中!

  • 情報掲載日:2022.03.31
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

新潟の良さって何だろう?
県内各地の高校生がさまざまなやり方で
ふるさとの素晴らしさを発信する活動をしています。
彼ら、彼女たちの活動を見てみると、
いままで気づかなかった魅力に気づかされますよ。

高校生のリアルな視点で阿賀町の自然を動画で表現/阿賀黎明高校

阿賀野川の悠々たる光景から始まり、阿賀町の自然や街並みが映し出されるCM動画。
思わず郷愁を誘う映像を作ったのは阿賀黎明高校の3年生。新潟県の魅力を県内外に発信する、という目的で行われている『新潟ふるさとCM大賞』にも応募された力作です。
そんな動画を作った同校代表の齋藤君と清野君にお話を聞いてみました。

動画制作が地元の良さを見つめ直すいい機会に

写真提供/UX新潟テレビ21
写真提供/UX新潟テレビ21

阿賀黎明高校では、生徒たちが改めてふるさとの良さを見つめ直し再発見することを目的に、阿賀町の歴史や文化などを学ぶ『地域学』という授業を実施。この授業の一環で『新潟ふるさとCM大賞』応募に向けた動画の制作が始まりました。
動画は30秒。限られた時間の中で何を伝え、ふるさとの魅力をどう凝縮するのか。そしてテーマは——? 彼らは、意見を出し合うために、ふせんに阿賀町の魅力を書き出して発表することから始めました。
「阿賀町のいいところって何だろう?」幼少期からこの地で育ち、親しんできた彼らですが、改めてのそんな問いかけは、地元の良さを見つめ直すいいきっかけになったようです。齋藤君は「阿賀町は自然が豊かなんです」と自慢します。その意見に呼応するかのように清野君も「自然があるからこそ、透き通った空気がおいしくて、人が暮らしやすい町だと思うんです」と語ってくれました。
彼らの言う通り、阿賀町は大きくて広い山と川に見守られながら自然たちと肩を寄せ合って暮らしています。阿賀町の風土をよく知っているからこそ、「自然」をテーマに発信することは、すんなり決まったようです。

地元の魅力を30秒の動画に凝縮。視聴者の想像力を掻き立てる展開

このCMの語りべは、ふらりと阿賀町にたどり着いた旅人(を連想させます)。
その人の目線を想像させる光景が幾重にも映し出され、最後には「あなたの帰りを待っています」と、旅人を見送っているかのような優しい声色が流れ、動画は終わります。
清野君は「阿賀町は人口が少ないので人を呼びたいんです」と話します。自分たち地元民側の視点というよりは町外から来た阿賀町を知らない人の視野に焦点を当てることで、町を客観的に見た演出にしたそうです。

当たり前の日常で気付いた再発見

作成期間に撮影機材のタブレットを片手に町中を歩き、高校生のリアルな観点でまとめたこのCMには阿賀町の魅力がたっぷり詰まっています。
「自分たち若者のしたいことが実現する町になったらいいです」と阿賀町の展望を語ってくれました。

「新潟※コメジルシプロジェクト」実施中!

モノでも、コトでも、人でも、景色でも、なんでもいいので
「#新潟のコメジルシ」とともにSNSにあげてね。

「新潟のいいところ」を「※(コメジルシ)」と名付けて、県内外に発信する新潟県公式Webサイト『新潟コメジルシプロジェクト』。
新潟にゆかりのある人へのインタビューや気になる人・モノ・コトの徹底取材を通して、新潟の魅力を再発見する新潟愛にあふれたプロジェクトです。
みなさんの新潟愛を「#新潟のコメジルシ」を付けて、投稿してみませんか?

関連記事