フリークス1フリークス2 フリークス3
  1. Home
  2. スペシャル
  3. 食べに、撮りに行きたい! 華麗なる丼が勢揃い。10月号は『魅せる丼』特…

食べに、撮りに行きたい! 華麗なる丼が勢揃い。10月号は『魅せる丼』特集です

月刊にいがた2021年10月号

  • 情報掲載日:2021.09.22
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

めーぐる、めぐる季節のなかでー

ってなんの歌だっけ?

順調に季節はめぐっておりますね。
すっかり秋です。

稲刈りもすでに終盤。
新米を食べられるのももう間もなく、かな!?


さて、そんな食欲の秋、新米の秋に贈る、月刊にいがた10月号が完成しました!

月刊にいがた2021年10月号 表紙
月刊にいがた2021年10月号 表紙

DONBURI!

そう、巻頭は「丼」の特集です。

ちなみに表紙のおいしそうな丼は、糸魚川の漁師直営 魚祭 UOSAIの『南蛮エビ丼』(エビがこれでもか!とのったビジュアルがインパクト大!!)と、村上駅前の石田屋の『鮭ばっかり丼』(はらこと塩引鮭を一緒に味わえる贅沢メニュー!)です。
見ているだけでよだれが出てきます。じゅるじゅる。

『魅せる丼』特集 扉
『魅せる丼』特集 扉

丼といえば、カツ丼や天丼などが思い浮かびますが、今回ご紹介するのは、うっとりしちゃう見た目や度肝を抜くインパクトなど、舌にも目にも印象に残る、その名も「魅せる丼」(と命名!)。
県内各地の「魅せる丼」をどどーんと(丼特集だけに)ご紹介します!

中身を少しお見せしますね!

『これぞ魅せる丼』。「魅せる丼」オブ「魅せる丼」たる3杯を迫力のビジュアルでお届します
『これぞ魅せる丼』。「魅せる丼」オブ「魅せる丼」たる3杯を迫力のビジュアルでお届します
『一軒でいろんな丼を楽しむ』。さまざまな「魅せる丼」を提供するお店。何度も足を運んで全部食べたい!
『一軒でいろんな丼を楽しむ』。さまざまな「魅せる丼」を提供するお店。何度も足を運んで全部食べたい!
『エリアを代表する海鮮丼』。新潟っておいしい海鮮丼、たくさんありますよね。だから県内各エリアを代表する海鮮丼を選んでみました!
『エリアを代表する海鮮丼』。新潟っておいしい海鮮丼、たくさんありますよね。だから県内各エリアを代表する海鮮丼を選んでみました!
『雰囲気も味わいたいおしゃれ丼』。すてきカフェのすてき丼をすてきに味わいたい
『雰囲気も味わいたいおしゃれ丼』。すてきカフェのすてき丼をすてきに味わいたい
『魅せる丼アラカルト』。まだまだあるよ、県内の「魅せる丼」総ざらい!
『魅せる丼アラカルト』。まだまだあるよ、県内の「魅せる丼」総ざらい!
『「魅せる丼」の宝庫! 南魚沼の本気丼(マジどん)』。今年もこの季節がやってきました! 10月スタートの本気丼のなかでも特に「魅せる丼」たる3杯を独断でピックアップ!
『「魅せる丼」の宝庫! 南魚沼の本気丼(マジどん)』。今年もこの季節がやってきました! 10月スタートの本気丼のなかでも特に「魅せる丼」たる3杯を独断でピックアップ!

…といった内容です。
どれもビジュアルがすばらしいので、とにかく写真を大きく使って、その魅力を存分に伝えております。
きっと食べに、撮りに行きたくなるはず!


余談ですが、これまでであればきっとタイトルに「映え」を使っていたと思うんです。
今回はこのフレーズを一切使用しておりません(どこかのコンテンツのリード文に1回出てきたかな)。
「映え」を使わずに表現するフレーズとして「魅せる」をひねり出したわけですが、本編中でもいかにこの「映え」を使わず表現したか、編集者たちの意地をご確認ください(どうでもいい!)。



 

月刊にいがた2021年10月号は県内書店、コンビニエンスストアにて、1冊488円で発売中です。

またお店でのご購入が難しい方のために、通信販売も行なっています。
下のリンクよりどうぞ!!

関連記事