アピタ_左アピタ_右 アピタ_スマホ
  1. Home
  2. スペシャル
  3. ビールのうまさにゴールはない。どんどん挑戦したい~東京出身のビール職…

ビールのうまさにゴールはない。どんどん挑戦したい~東京出身のビール職人が胎内市で奮闘~ 胎内高原ビール園 住山祐次郎さん

にいがたU・Iターン総合サイト「ニイガタビト」インタビュー

  • 情報掲載日:2019.11.20
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」では、新潟へU・Iターンした先輩や新潟で夢に向かって輝いている方を『ニイガタビト』として紹介しています。

今回のニイガタビトは胎内市にあるクラフトビールのブルワリー「胎内高原ビール園」で働く住山祐次郎さんです。東京都世田谷区生まれ、川崎市育ちのシティボーイで「東京以外の場所で暮らすなんて考えもしなかった」という住山さんですが、2016年に新潟県にIターン。現在は「胎内高原ビール園」の醸造部の係長として、うまいビール造りに奮闘する日々を送っています。

東京での生活、クラフトビールとの出会い、そしてなぜ新潟県に移住することになったのか? 「ビールのうまさにゴールはない。どんどん挑戦したい」と話す若きクラフトビール職人の新潟移住のストーリーとは?

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS