ZAO_左ZAO_右 しろめチ_スマホ
  1. Home
  2. スペシャル
  3. 野球への愛は誰にも負けない! 新潟の女子野球発展に奮闘する日々

野球への愛は誰にも負けない! 新潟の女子野球発展に奮闘する日々

にいがたU・Iターン総合サイト「ニイガタビト」インタビュー

  • 情報掲載日:2019.01.22
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

\インタビュー更新/

にいがたU・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」では、新潟で夢に向かって頑張っている方やU・Iターンされた方の インタビューやコラムを『ニイガタビト』として紹介しています。

今回は新潟で女子野球の普及に尽力している頓所(とんしょ)理加さんです。

埼玉県出身の頓所さんは21歳の時、結婚をきっかけに夫の地元である新潟市に移住しました。小学生の時から野球が大好きでしたが、プレーができる機会に恵まれず、学生時代はソフトボール選手として活躍しました。

新潟に移住して7年が経ったタイミングで家族に「野球がしたい」という思いを告白! 学童野球のコーチに就いたことをきっかけに女子野球の普及活動を始めました。

新潟県女子野球連盟の会長として、新潟で女子野球の普及に全力を注ぎながら、さらなる大きな夢にチャレンジする頓所さんの熱い言葉をお届けします!

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS