フリークス1フリークス2 フリークス3
  1. Home
  2. スペシャル
  3. Negiccoが「北陸道応援大使」に就任! そこには意外な縁が!

Negiccoが「北陸道応援大使」に就任! そこには意外な縁が!

北陸道開通30周年の今年はNegicco結成15周年。さらに「誕生日」も同じ7月20日なんです!

  • 情報掲載日:2018.04.04
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

今年は北陸道が開通して30周年。そして新潟県での高速道路初開通から40周年という年でもあるんです。

それを記念して、4月3日(火)、NEXCO東日本新潟支社(新潟市中央区)にて、Negiccoへの「北陸道応援大使」委嘱式(いしょくしき)が行なわれました。

これからNegiccoは、「北陸道応援大使」として、NEXCO東日本が主催する高速道路のサービスエリア・パーキングエリアなどで行なうイベントに参加するほか、さまざまなメディアを通して北陸道の役割・歩みや沿線地域の観光や文化・歴史などの情報を発信していくそうです。

【NEXCO東日本新潟支社 寒河江支社長のコメント】
「北陸道開通30年、新潟での高速道路開通40年の節目に、<応援大使>としていろんなイベントの応援をNegiccoさんにお願いしていきます。

実は昨年も磐越道20周年ということで応援大使をやっていただきましたし、北陸道が全通した7月20日はNegiccoさんの結成日。また30年前はリーダーのNao☆さんが生まれた年でもあるなど、なにかとNegiccoさんとはご縁があります。

今、高速道路は皆さんの日常の足として存在しているわけですが、地域社会への貢献と発展がNEXCO東日本の企業理念であり、新潟を拠点に活動しながら今や全国的に活動しているNegiccoさんと共に、これからもこの地域を盛り上げていきたいですね」。


その後、Negiccoに「北陸道応援大使」の委嘱状とタスキが授与されました。

↑ちなみにグリーン×ホワイトの色使いも、NEXCO東日本とNegiccoの共通ポイント!
↑ちなみにグリーン×ホワイトの色使いも、NEXCO東日本とNegiccoの共通ポイント!

寒河江支社長とともにお決まりのポーズ!

その後、Negiccoの3人も大使就任に伴う意気込みを笑顔で語ってくれました。

【Nao☆】
「今年の7月20日で、北陸道は関西から新潟まで全線開通してから30年。そして、私達Negiccoも今年の7月20日で結成15周年を迎えます。本当にこれは運命だと思っています!」

【Megu】
「結成当時から高速道路に公私ともにお世話になってます! もう、自称ですが、<高速道路アイドル>といっても過言ではないかなと(笑)。なので、今年も昨年に引き続き応援大使に就任させて頂き、本当にありがとうございます。これからも高速道路や観光ドライブの魅力、情報を発信していきたいと思います」

【Kaede】
「NEXCO東日本さんとはずっとお付き合いさせて頂いているんですけれども、これからも地域を巻き込んだ活動をNegiccoはやっていきたいと思っておりますので、皆さんぜひ楽しみにしていてくださいね」。

ちなみに、Negiccoの3人に高速道路を使ってきた中での思い出を聞いたところ、それぞれが以下のコメントを残してくれました。

【Nao☆】
「私、パンが大好きなんですけど、栄のサービスエリアのパンがすごく美味しくて、Negiccoのお仕事で高速道路を移動するたびに『絶対、栄に寄ってください!』ってスタッフさんにお願いするんですね。で、美味しいパンを買ってみんなでドライブを楽しみつつ仕事に向かうっていうことをずっとやってきたので…、これからも大使としていろんなサービスエリアに寄って、いろんな美味しい食べ物などをたくさんの方に発信していけるように頑張りたいなと思います」。

【Megu】
「今回、北陸道の応援大使をさせていただくわけですが、北陸道といったら米山サービスエリアの日本海を見渡せるレストランがすごいお気に入りで。あそこでいつも、ご飯を食べながら日本海の夕日が沈む姿を見て『今日も一日頑張ったな』とか『また明日も頑張ろう!』と思うんです。そんな、私の中のパワースポットになってます!!」

【Kaede】
「私は黒埼のサービスエリアがすごく好きで。やっぱりずっと車に乗っていると疲れてしまったりするんですけども、そんなときアイスだったりを食べて気分をリフレッシュさせたりとかってことがよくありますね」。


というわけで、高速道路とNegiccoの深い縁も感じさせた応援大使の委嘱式が終了...と思ったら、なんと…!

Nao☆さんは4月10日が30歳の誕生日ということで、スタッフからサプライズで誕生日の花束が!

取材したメディア陣たちも含めて、その場にいるみんなが笑顔あふれる委嘱式となりました。

関連記事