防災左防災右 防災上
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 秋田県由利地域を一泊二日でめぐる!鳥海山麓ロ~ングドライブ+(プラス)

秋田県由利地域を一泊二日でめぐる!鳥海山麓ロ~ングドライブ+(プラス)

鳥海山をメインに自然の恵みと新鮮な海山の幸がいっぱい!!

  • 情報掲載日:2021.07.12
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

霊峰「鳥海山」と「日本海」に抱かれた秋田県由利地域(由利本荘市・にかほ市)。

・豊かな「自然」

・新鮮な海の幸、山の幸が揃う「食」

・いにしえから伝わる「歴史」

…魅力が詰まったスポットがたくさんあります。

今回はそんな秋田県由利地域の魅力を満喫できる一泊二日のモデルコースをご紹介!

新潟をスタートして秋田県9ヵ所+山形県1ヵ所、全10ヵ所を巡るロ~ングドライブ+です!

編集部スタッフが実際に巡ってきました!

1日目

①道の駅鳥海「ふらっと」

農産物直売所には新鮮な野菜がズラリ
農産物直売所には新鮮な野菜がズラリ

場所は秋田県の県境手前の山形県遊佐町。

地元の農家さんが作った新鮮な野菜や加工品を販売する農産物直売所、県漁協女性部のお母さんたちが運営する鮮魚直売所をはじめ、特産品売り場やラーメン店、パン店など、バラエティ豊かな店舗が揃います。

おすすめグルメのファーストフードは海鮮串焼き。

また目の前で焼いてくれる鮮魚直売所の銀ガレイ焼は一年を通して大人気です。

●住所:山形県飽海郡遊佐町菅里字菅野308-1
●電話:0234-71-7222 
●営業時間:9:00~18:00(施設により異なる)
●定休日:12/31、1/1休
●駐車場:213台

②象潟・九十九島

大人の休日倶楽部のCMと同じポーズでパシャリ
大人の休日倶楽部のCMと同じポーズでパシャリ

かつて日本三景の松島と並び「東の松島、西の象潟」と称された景勝地。

 約2,500年前に起きた鳥海山の山体崩壊により海に土砂や岩が流れ込み島となり、その後に起きた象潟大地震により地盤が隆起したことでできたのが九十九島です。

 田んぼに水が張られる時期には、当時の潟湖に浮かぶ島が姿を現します。歩いて周れる珍しい島々を自由に散策するもよし、蚶満寺からの島めぐりコースをめぐるもよし。

 にかほ市観光案内人協会のガイドさんと一緒なら、より深く九十九島について知ることができますよ。

※大人の休日倶楽部のCM撮影地となった花見島へは、令和3年秋まで行くことができます。

●住所:秋田県にかほ市象潟町
●電話:0184-43-6608(にかほ市観光協会)

③道の駅象潟「ねむの丘」

『地魚丼』(写真右・1,550円)、『海鮮丼』(写真左奥・1,450円)、『岩がき』(写真手前・時価)
『地魚丼』(写真右・1,550円)、『海鮮丼』(写真左奥・1,450円)、『岩がき』(写真手前・時価)
象潟の自然を360度眺めることができる展望塔
象潟の自然を360度眺めることができる展望塔

東北最大級の道の駅。

連日多くのお客で賑わうレストランでは、地魚をふんだんに使った地魚丼や定番の海鮮丼、地元で水揚げされた大ぶりの天然岩ガキをはじめとする新鮮な海の幸を堪能できます。

また、物産館にはいちじく加工品や鱈のしょっつる、日本酒などの特産品が所狭しと並び、秋田のお土産を網羅!

そのほか、360度の大パノラマを楽しめる展望塔や日本海を一望できる展望温泉といった施設も一体になっていて、ここだけでも1日中楽しめること間違いなし!な充実ぶりです。

●住所:秋田県にかほ市象潟町字大塩越73-1
●電話:0184-32-5588
●営業時間:9:00~21:00(物産館9:00~19:00、レストラン11:00~20:30ラストオーダー20:00)
●定休日:無休(温泉のみ7・8月除く第3月曜、12~3月は第3月曜全館休館)
●駐車場:普通車315台 大型車17台

④元滝伏流水

『コーヒー(水出しアイス)』(400円)
『コーヒー(水出しアイス)』(400円)

鳥海山に染み込んだ雨や雪解け水などが長い歳月をかけて幅約30メートル、高さ約5メートルの苔むした岩肌から吹き出す滝は圧巻!

光に照らされてキラキラと輝く苔と水のコントラストが美しく、神秘的な雰囲気に包まれています。

また、元滝近くの駐車場では、にかほ市観光協会が伏流水(真純水)でいれたコーヒーや軽食をキッチンカーで10月末まで販売しています。

大自然の中で飲むコーヒーは格別ですよ。

●住所:秋田県にかほ市象潟町関字元滝
●電話:0184-43-6608(にかほ市観光協会)

⑤仁賀保高原南展望台

鳥海山が約2,500年前に山体崩壊した跡を観察できるこちらの展望台は、令和2年10月に完成したばかりの新スポット。

視界を遮るものがなく、目の前に迫ってくるような鳥海山と日本海に沈む夕日は絶景です。

さらに、山腹には天然記念物に指定されているブナ原生林が広がっていて、四季折々の表情を見せてくれます。

●住所:秋田県にかほ市伊勢居地字グミノ木森
●電話:0184-43-6608(にかほ市観光協会)

⑥ホテルフォレスタ鳥海

こちらはスイートルーム。ツインが基本なので、どの部屋も広々としています
こちらはスイートルーム。ツインが基本なので、どの部屋も広々としています
大浴場のほか、貸し切りの家族風呂もあり
大浴場のほか、貸し切りの家族風呂もあり
北欧風のレストランでシェフ自慢の料理を堪能
北欧風のレストランでシェフ自慢の料理を堪能

全客室から鳥海山を望めるリゾートホテル。

日帰り入浴も可能な天然温泉は美肌の湯として知られ、旅の疲れを心地よく癒してくれます。

夕食は、秋田のブランド和牛・秋田由利牛など、地元食材をふんだんに使った洋食のフルコースや和洋懐石コースを用意。

ホテルの敷地内に今年オープンしたバーベキューハウスで昼間から家族でゆったりと過ごすのもおすすめです。

●住所:秋田県由利本荘市鳥海町猿倉字奥山前8-45
●電話:0184-58-2888

2日目

⑦鳥海高原花立牧場公園

ジャージー牛乳を使用した『チーズトースト』(500円)と『アフォガード』(380円)
ジャージー牛乳を使用した『チーズトースト』(500円)と『アフォガード』(380円)

鳥海山麓の高原地帯にあるロケーション抜群な牧場公園。

公園内にあるジャージーハウスカフェでは、チーズトーストやアフォガードなど、新鮮なジャージー牛乳を使った乳製品グルメが味わえます。

そのほか、全長800メートルのゴーカートコースやパークゴルフといったアクティビティが楽しめたり、ポニー(小型の馬)と触れ合うことも。

高原の涼やかな風を感じながら伸び伸びと遊ぶことができます。

●住所:秋田県由利本荘市矢島町城内字花立96
●電話:0184-55-2929(株式会社鳥海高原ユースパーク)
●営業日:4月下旬~11月上旬 ※「花立クリーンハイツ」内レストランは水曜定休(8月は無休)

⑧ゆり高原ホースパーク

豊かな自然に囲まれたこちらの乗馬パークでは、馬たちが本来の生活スタイルでストレスなく過ごせるように、24時間放牧する飼養管理を行なってます。

引き馬体験や乗馬レッスンをリーズナブルな価格でできるのが魅力で、教えてくれるのは、かつて牧場長としてダービーやオークス出走馬を育てた経験を持つベテランのインストラクターさん。

初めての人でも気軽に乗馬を楽しめます。

●秋田県由利本荘市黒沢字東由利原4-1
●電話:0184-53-9122
●営業時間:4~10月9:00~17:00、11~3月9:00~16:00
●定休日:火曜(祝日の場合は水曜)
●駐車場:50台

⑨発酵小路 田屋

『自家製食パンのプレート(ドリンクセット)』(写真手前・1,100円)、『大吟醸ソフトバウム』(写真左奥・570円)
『自家製食パンのプレート(ドリンクセット)』(写真手前・1,100円)、『大吟醸ソフトバウム』(写真左奥・570円)

齋彌酒造店直営のショップ&カフェ。

カフェでは、酒かすを使ったソフトクリームやケーキ、地域の新鮮な食材と発酵食品、日本酒の仕込み水を使った自家製パンを組み合わせたランチプレートなどを味わうことができ、ちょっとした休憩に最適です。

食後は併設されたショップでお土産探し。

齋彌酒造店の「雪の茅舎」シリーズをはじめとする日本酒や酒粕、あま酒、奈良漬けなどのオリジナル発酵食品が豊富に取り揃えられています。

●住所:秋田県由利本荘市石脇字石脇279
●電話:0184-74-8207
●営業時間:10:00~17:00
●定休日:木曜
●駐車場:30台

⑩苔と流木のある工房

約10種類の苔の栽培と販売を行う工房。

苔や流木を使って制作されたアートを鑑賞することができ、苔玉やテラリウムを作るワークショップは旅の思い出作りにぴったり!

ワークショップではスタッフさんが丁寧に教えてくれるので、知識が深まり、より苔を身近に感じられるようになりますよ。

苔と流木をふんだんに使ってDIYされた店内にも注目ですよ。

●住所:秋田県にかほ市金浦字下谷地77-6
●電話:0184-74-5292
●営業時間:10:00~17:00
●定休日:不定休
●駐車場:10台

関連記事