防災左防災右 防災上
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 「大地の芸術祭」の拠点施設がリニューアルしたよ|十日町市

「大地の芸術祭」の拠点施設がリニューアルしたよ|十日町市

越後妻有里山現代美術館 MonET(モネ)/まつだい「農舞台」フィールドミュージアム

  • 情報掲載日:2021.07.29
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2021』は残念ながら来年に延期。

でも、芸術祭の2大拠点施設「越後妻有里山現代美術館 MonET(モネ)」と、まつだい雪国農耕文化村センター「農舞台」が7月22日にリニューアルオープン!

さらに、まつだい雪国農耕文化村センター「農舞台」の裏につづく松代城では、日本とイタリアの作家3組の新作が公開されました。

来年の本開催前にチェックしておこう!

越後妻有里山現代美術館 MonET(モネ)

レアンドロ・エルリッヒ「Palimpsest:空の池」
レアンドロ・エルリッヒ「Palimpsest:空の池」

越後妻有里山現代美術館[キナーレ]は、越後妻有里山現代美術館 MonET(モネ)(英:Museum on Echigo-Tsumari)に改称し、常設作品の入れ替えを行なってリニューアルオープン。

名和晃平、中谷ミチコ、“目”などの著名な現代美術作家をむかえ、「大地の芸術祭の里」の拠点として構えられました。。

目「movements」。無数の小さな時計をムクドリの群れのように配置したインスタレーション作品
目「movements」。無数の小さな時計をムクドリの群れのように配置したインスタレーション作品
イリヤ&エミリア・カバコフ「16本のロープ」。頭上に張り巡らされた16本のロープには、紙切れや木片などのゴミがぶら下げられ、自然、家事、愛などをめぐるさまざまな会話が書かれたメモが付けられている
イリヤ&エミリア・カバコフ「16本のロープ」。頭上に張り巡らされた16本のロープには、紙切れや木片などのゴミがぶら下げられ、自然、家事、愛などをめぐるさまざまな会話が書かれたメモが付けられている

妻有ポークのスペシャルメンチカツ
『TSUMARI BURGER』

Photo by Yanagi Ayumi
Photo by Yanagi Ayumi

1階の回廊には、株式会社良品計画がデザイン監修したコミュニティスペー スが誕生。

そこでは米澤文雄シェフ監修の「TSUMARI BURGER~妻有ポークのスペシャルメンチカツ」を期間限定で販売している。

2015年から越後妻有に関わってきた米澤文雄シェフ。
越後妻有の食材を知り尽くしたシェフこだわりのハンバーガーは、柔らかでジューシー。

その名も『TSUMARI BURGER』(1,350円)。
香ばしく焼き上げた自家製オニオンバンズに、ふきのとうフリットとふき味噌デミグラスソース、ザワークラフトとソイマヨネーズで食べごたえ十分だ!

提供は9月20日(祝)までの11:00〜16:00(LO15:30)。
※8月末までは水曜定休、9月以降は土日祝のみ販売

DATA

越後妻有里山現代美術館 MonET(モネ)
住所
十日町市本町6丁目
電話番号
025-761-7767
営業時間
10:00〜17:00
休み
水曜
料金
大人1,000円/小中学生500円
リンク
オフィシャルサイトはこちら

まつだい「農舞台」フィールドミュージアム

イリヤ&エミリア・カバコフ「10のアルバム 迷宮」
イリヤ&エミリア・カバコフ「10のアルバム 迷宮」

まつだい「農舞台」や松代城を含むまつだい城山エリア全体が、まつだい「農舞台」フィールドミュージアムとして生まれ変わった。

農舞台には、イリヤ&エミリア・カバコフの新作4点が公開され、野外の人気作品と合わせてカバコフの作品群が集積する、ほかに類を見ないスポットとなった。

イリヤ&エミリア・カバコフ「アーティストの図書館」
イリヤ&エミリア・カバコフ「アーティストの図書館」

松代城

エステル・ストッカー「憧れの眺望」(1階)
エステル・ストッカー「憧れの眺望」(1階)

まつだい雪国農耕文化村センター「農舞台」の裏につづく城山。

城山頂上にたたずむ松代城の各階にて、日本とイタリアの作家3組の新作が公開。
お城を模した外見と、内部の現代アートというコントラストを楽しもう。

豊福亮「樂聚第」(2階)
豊福亮「樂聚第」(2階)
鞍掛純一+日本大学芸術学部彫刻コース有志「脱皮する時」(3階)
鞍掛純一+日本大学芸術学部彫刻コース有志「脱皮する時」(3階)

DATA

まつだい「農舞台」フィールドミュージアム
住所
十日町市松代3743-1
電話番号
025-595-6180
営業時間
10:00〜17:00
休み
火・水曜
料金
大人1,000円/小中学生500円
※農舞台のみは大人600円/小中学生300円
※松代城のみは大人500円/小中学生200円
リンク
オフィシャルサイトはこちら

関連記事