ひだりみぎ よこ パーソナルジム
  1. Home
  2. ライフ
  3. さらに凛々しいデザインに!フレンチコンパクトSUVプジョー『2008』試乗記

さらに凛々しいデザインに!フレンチコンパクトSUVプジョー『2008』試乗記

  • 情報掲載日:2024.02.26
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

コンパクトSUVのプジョー『2008』がマイナーチェンジしたので、プジョー新潟さんから試乗車をお借りしてドライブしてきました。

ショールームで実車を見ると、堂々とした佇まいで、プレスリリースなどで見るよりも大きく見えました。

プジョー新潟の加藤さん(写真左)と編集部・ヤング
プジョー新潟の加藤さん(写真左)と編集部・ヤング

彫刻的な造形とバランスのとれたスタイルで、天井からリアにかけてクーペのような印象もあり、クラスを超えた力強い存在感を放っています。

マイナーチェンジでのおもな変更点はフロントマスクとホイール。車体をより立体的に見せるグリルになったほか、プジョーを象徴するライオンのかぎ爪をイメージした3本のデイタイムライトの採用、新デザインのアロイホイールの採用などです。

また新色として、今回取材した車両のセレニウム・グレーとオケナイト・ホワイトが追加されました。

続いて室内をチェック。運転席のコクピット感はプジョーならではのもの。小径でスポーティなステアリングやトグル型のスイッチをはじめ、機能性と美しさを両立しているインパネまわりのデザインが、“よし、走るぞ!”と気持ちにたかぶりをもたらせてくれます。

全席にアルカンターラとテップレザーを組み合わせたシートを装備し、フロントにはシートヒーターおよび運転席パワーシートを標準装備。

そして今回のモデルから10インチの大型タッチスクリーンや高解像度のパークアシストカメラ、 15Wのワイヤレススマートフォンチャージャーを装備。「3D i-Cockpit」とあわせて最先端のテクノロジーを感じさるなど、細部にいたるまでデザインとクオリティが追求されています。

なお、リアシートの居住性や荷室の広さは、ボディサイズを考えたら十分です。

コンパクトな車体を力強く引っ張るディーゼルエンジン

さて、お楽しみのドライブへ。試乗車は1.5ℓディーゼルターボエンジン搭載の『2008 GT BlueHDi』。

発進からゆとりのトルクで車体を引っ張ってくれます。室内にほどよく入り込むディーゼルエンジンの音が心地よいです。直進安定性も高く、ブレーキは初期タッチから効き目がよいです。

新潟バイパスも走りましたが、どんなシーンでも力強く加速し、運転感覚はSUVというよりハッチバックのようにスポーティでした。

なお、スポーツ・ノーマル・エコの3タイプのドライブモードがあり、ナビ画面のカラーもモードに合わせて、赤(スポーツ)・黄緑(ノーマル)・青緑(エコ)と変わります。スポーツモードの赤は気分も高まりました。

リラックスしながら爽快にドライブできる『2008』。ウインタースポーツやアウトドアなどのシーンで使いやすいのはSUVだからこそ。

デザインと走り、実用性を高いバランスで兼ね備えていると思いました。

新潟市内の東堀通13番町にある日和山の坂道にて。上に見えるのは日和山住吉神社。下古町の風情ある場所です
新潟市内の東堀通13番町にある日和山の坂道にて。上に見えるのは日和山住吉神社。下古町の風情ある場所です

Information

プジョー新潟
住所
新潟市中央区網川原1-1-1
電話番号
025-283-8045
営業時間
9:00~18:30
休み
月曜
リンク
プジョー新潟 公式ホームページ

同じエリアのスポット