ひだりみぎ よこ gym
  1. Home
  2. ライフ
  3. プジョー408試乗記|精悍かつ筋肉質なデザインとしなやかで軽快な走りが魅…

プジョー408試乗記|精悍かつ筋肉質なデザインとしなやかで軽快な走りが魅力!

  • 情報掲載日:2023.08.18
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

2023年夏に登場したプジョー『408』。クルマ好きならひと目で現代のプジョーと分かる精悍なデザイン。セダンの品格とクーペの美しさに、SUVの快適性を融合させたファストバックモデルです。

今回、プジョー新潟(新潟市中央区)さんから試乗車を借りてドライブしてきました。

プジョーといえばライオンのエンブレムでおなじみですが、ヘッドライト下のLEDデイタイムランニングライトは、まるでライオンの牙のよう。

フロントウィンドーからルーフ、そしてリアへと続くラインが美しく、筋肉質なフォルムと路面を力強く蹴り上げそうな大径ホイール&タイヤが印象的です。

既存のカテゴリーやジャンルにとらわれない強烈な個性。このクルマのキーワードは『解き放たれた新種』ですが、まさにその通りだと思いました。

室内の造りも外観同様かっこよく、ブラックを基調としたシックで流麗な空間。軽快なハンドリングを実現する小径ステアリングや、スマートフォンのように操作できる10インチタッチスクリーンなど、プジョー独自の『i-Cockpit』を採用しています。

そしてスタイリッシュなシルエットですが、スペースを犠牲にしていません。後席は広々としていて荷室も容量たっぷり! 5名収容で536ℓ、後席を倒すと最大1,611ℓの荷室容量を確保しています。

しなやかで安定感のある走り。これぞプジョーの“猫足”!

さて、お楽しみのドライブへ。このビジュアルからどんな走りを見せてくれるのか楽しみでした。

今回はプジョー新潟ショールームを出発して、新潟市西蒲区の『夏井のハザ木』までドライブしてきました。ここは落語家・立川談志さんが生前、田植えや稲刈りをしにきた場所です。

存在感あるデザインから大きく見えますが、実はほどよくコンパクトのため取り回しも良く、SUVよりもハッチバック寄りのスポーティなドライブフィーリングです。

1.2ℓターボエンジンは吹け上がりがよく、こまめに切り替わる8速オートマチックとの相性は抜群。直進とゆるやかなカーブが多い農道を運転してきましたが、常に車体は安定。軽快な走りを楽しめました。

『談志の田んぼ』だけにスポーティながらも落ち着いた(オチついた)走り(笑)。あえてサスペンションを上下に動かすような操作をしても、しなやかに吸収して決して乱れることがなく安定しており、「これがプジョーの“猫足”なのか」と感心しました。

走りはスポーツ・ノーマル・エコの3つから選べますが、スポーツモードに切り替えると、10インチタッチスクリーンの文字色が赤に変化。ギアが切り替わる回転数が上がり、エンジンの回転フィールを感じながらよりスポーティな走りを堪能できました。

また、スイッチをD(ドライブ)からM(マニュアル)に変えれば、ステアリングにあるパドルシフトを駆使してドライブでき、クルマとの一体感がさらに高まります。

なお、運転支援システムの採用も新型車ならでは。アクセル&ブレーキ操作をサポートするアクティブクルーズコントロールやレーンポジショニングアシスト、駐車シーンや狭い路地の走行時にサポートする360°ビジョンなどでドライバーをサポートしてくれます。

今回は1.2ℓ3気筒ターボエンジン搭載のガソリン車でしたが、1.6ℓ4気筒ターボエンジンを搭載するプラグインハイブリッド車(PHEV)も用意されています。4気筒ターボのフィーリングやモーターアシストの走りも試してみたいと思いました。

DATA

プジョー新潟
住所
新潟市中央区網川原1-1-1
電話番号
tel.025-283-8045
営業時間
9:00~18:30
休み
月曜
備考

同じエリアのスポット