大人酒ごはん_ジャック縦_左大人酒ごはん_ジャック縦_右 大人酒ごはん_ジャック縦_スマホ
  1. Home
  2. ライフ
  3. もうすぐ冬到来! 新潟市の道路除雪や雪に関する情報が満載

もうすぐ冬到来! 新潟市の道路除雪や雪に関する情報が満載

みんなの協力でつなぐ冬の安全な道路

  • 情報掲載日:2022.12.05
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

12月に入り本格的な冬に近づいてきました。雪国・新潟に住む私たちが心配になってくるのが大雪ですね・・・。大雪は一種の災害です。新潟市ではそんな災害に備えてさまざまな除雪体制を整えています。今回は、新潟市が取り組む除雪体制をはじめ、私たちができる大雪に対する備えなどを紹介していきます。

今年もみんなで力を合わせ冬を乗り越えましょう!

 

新潟市の道路除雪について

■除雪する道路
利用状況や幅などによって除雪する道路をあらかじめ定めています。

■除雪の時間
渋滞や事故を避けるため、除雪は主に夜間に行ないます。長時間雪が降り続くと、朝までに作業が終わらないことがあります。雪道は慎重に運転・通行してください。

■除雪の優先順位
救急車などの緊急車両や路線バスの通行を確保するため、降雪量や時間によって、交通量の多い幹線道路を優先して除雪します。

■出動基準
車道は積雪10センチ以上、歩道は20センチ以上になったときに除雪を行ないます。

■除雪方法
限られた時間でより多くの道路を除雪できるよう、雪を道路の両脇に寄せる「かき分け除雪」を行ないます。除雪車が通過した後、自宅前に残った雪は皆さんで除雪をお願いします。

★道路除雪についてのお知らせや除雪計画など、詳しくは新潟市ホームページに掲載しています

 

1人1人の思いやりが除雪の力になります!

■自宅・歩道の除雪についてのお願い
・歩行者の安全な通行のため、歩道に雪を積まないでください
・自動車を運転するときは譲り合い、歩行者に配慮してください
・ごみ集積場やバス停など、みんなで使う場所は助け合って除雪をしましょう
・自宅前の除雪をするついでに近所のお年寄りの家の前も除雪するなど、思いやりの心を持ちましょう

■道路除雪についてのお願い
・作業中の除雪車に近づかないでください
・自宅敷地内の雪を道路に出さないでください
・道路にせり出した木の枝や、車の乗り入れブロックは撤去してください
・路上駐車や夜間のごみ出しはしないでください

 

大雪のときは外出を控えて!

近年、短時間で集中的に降る大雪がたびたび発生しています。平年並みの量を超える雪が降ると、除雪作業に長い時間がかかることがあります。大雪時には、交通渋滞の発生や公共交通機関の運休、歩行の危険、ライフラインの寸断など、市民生活への災害級の影響が想定されます。不要不急の外出は控えてください。

■大雪に備えよう
・日頃から天気や降雪の最新情報を確認しましょう
・自宅に除雪用具や防災グッズ、食料品・飲料水を備えましょう
・車にタイヤチェーン、スコップ、スノーブラシ、懐中電灯、毛布、携帯食料品・飲料水を積んでおきましょう
・やむを得ず外出する場合は時間に余裕を持って行動しましょう

 

LINE(ライン)で最新の大雪情報を確認できます

新潟市LINE公式アカウント」のメニューバナーに最新の大雪情報を表示しています。新潟市LINE公式アカウントで「防災情報」の受信設定をしている人には、プッシュ通知で大雪情報を配信します。

●問い合わせ:新潟市広報課 TEL.025-226-2111

 

寒さや雪に備えよう! 冬のお知らせ

●自治会などへ除雪費用を助成
自治会・町内会が除雪計画路線以外の市道、農道、私道の除排雪を業者に委託して行う経費の助成を行なっています。詳しくは問い合わせてください。
問:新潟市区役所建設課

●大雪対応ボランティアを募集
大雪時に除雪などを行うボランティアに協力できる人は、区社会福祉協議会で登録をお願いします。詳しくは問い合わせてください。
問:新潟市社会福祉協議会地域福祉課
TEL.025-243-4370

●一人暮らしの高齢者など大雪時の生活相談窓口
大雪のときは、緊急を要する生活上の困り事などの相談窓口を区役所健康福祉課に開設します。開設する場合は新潟市ホームページなどを通じて発表します。利用対象は、一人暮らしの高齢者、高齢者のみの世帯、障がい者がいる世帯などで支援者がいない世帯です。
問:新潟市福祉総務課
TEL.025-226-1170
※相談については新潟市健康福祉課

●ごみ集積場の除雪に協力を
円滑なごみ収集のため、積雪時のごみ集積場周りの除雪に協力をお願いします。
問:新潟市廃棄物対策課
TEL:025-226-1403

●気温マイナス4度以下のとき水道管の凍結・破裂に注意
水道管が屋外や北向きの風当たりが強い場所に設置してある場合は、特に注意が必要です。

止水栓の一例
止水栓の一例

■凍結を防ぐために
むき出しの水道管に発泡スチロールの保温材や凍結防止ヒーターを取り付ける
※市指定の給水装置工事事業者へ相談する

■破裂による被害を防ぐために
帰省や旅行などで長期間留守にする場合は止水栓を閉める。賃貸住宅の所有者などは、入居者のいない家屋の止水栓が閉まっているかを確認する
問:水道局コールセンター
(フリーダイヤル0120-411-002)

●天気や公共交通機関などの情報を確認しよう

★天気予報(新潟地方気象台)

★列車(JR東日本「どこトレ」)

★バス(新潟交通「バス運行情報」)

★バス(区バス位置情報「e区バス」)

★フェリー(新日本海フェリー)

★フェリー(佐渡汽船)

※航空路の運行状況は各航空会社へ

DATA

問い合わせ先
新潟市土木総務課
問い合わせ先
電話番号
025-226-3017
リンク
市報にいがた 令和4年12月4日発行 2780号

関連記事