防災ジャック広告_2022_左防災ジャック広告_2022_右 防災ジャック広告_2022_スマホ
  1. Home
  2. ライフ
  3. 猛暑が続いてます! 小まめに水分補給をして熱中症を予防しよう

猛暑が続いてます! 小まめに水分補給をして熱中症を予防しよう

熱中症を予防しよう

  • 情報掲載日:2022.07.04
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

 

6月下旬にして新潟県が梅雨明け(驚)。

観測史上最も早い梅雨明けだったみたいですね。気温が30度を超える日が連日続き、電力不足なんてニュースも出てきています。猛暑日が続くと、私たちの体のバランスも崩れ「熱中症」になってしまうリスクが高まります。

熱中症は重症化すると命の危険があります。正しく予防し、この夏を健康に過ごしましょう!

 

7・8月は熱中症に要注意です!

新潟市では昨年5~9月、309人が熱中症で救急搬送されました(グラフ参照)。熱中症は例年、気温が上がる7・8月に集中して発生しています。子どもや高齢者は体温調節機能が低いので、特に注意が必要となります。

 

 

熱中症予防のポイントをまとめました!

熱中症を知り、自分でできる熱中症対策を心がけましょう。

●小まめに水分補給をする
・のどが渇いていなくても水分を取る
・寝る前や起きた時、入浴前後にも水分を取る
・大量に汗をかいたときは塩分補給も忘れずに

●暑さを避ける
・エアコンや扇風機を使い、室温を28度以下にする
・外出するときは涼しい服装をし、日傘や帽子で日差しをよける

●しっかり体調管理をする
・3食きちんと食べ、よく寝て生活リズムを整える

●適宜マスクを外す
・屋外で周りの人と2m以上離れているときや会話をほとんどしないときはマスクを外す

 

「熱中症かな?」と思ったら・・・

・涼しい場所で安静にする
・衣服を緩め体を冷やす(首の周り、脇の下、太ももの付け根などを冷やすと効果的)
・飲めるようであれば、水分や塩分を少しずつ頻繁に取る(スポーツドリンクなど)
※出典:厚生労働省「熱中症予防のための情報・資料サイト」

★ためらわずに119番通報を!!
意識の低下、自分で水が飲めない、動けない、全身のけいれんなどの症状がある場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

 

熱中症警戒アラートを確認しよう

気温の上昇などで熱中症の危険性が極めて高いと予想される日の朝に、気象庁から「熱中症警戒アラート」が発表されます。熱中症警戒アラートが発表されたときは、普段以上に熱中症予防を意識して行動しましょう。

熱中症警戒アラートは気象庁ホームページなどで知らせるほか、にいがた防災メールや新潟市LINE公式アカウントでも情報を配信します。

★登録はこちらから
にいがた防災メール
新潟市LINE公式アカウント

DATA

問い合わせ先
新潟市消防局救急課
問い合わせ先
電話番号
025-288-3260
リンク
市報にいがた 令和4年7月3日発行 2770号

関連記事