1. Home
  2. ライフ
  3. 1時間に最大48,000枚!超巨大輪転機に仰天!繊細すぎるレーザー加工に感動!

ジョーイのわ〜くわ〜く会社訪問

1時間に最大48,000枚!超巨大輪転機に仰天!繊細すぎるレーザー加工に感動!

第1回・第一印刷所に行くの巻

  • 情報掲載日:2022.06.15
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

月刊にいがた6月号からスタートしたジョーイのわ~くわ~く会社訪問

犬のような生き物・ジョーイが、新潟県内の会社を訪問し、普段は見ることができない企業のすごいところをみんなに紹介するよ!

第一回目は『月刊にいがた』が毎月お世話になっている第一印刷所に行ってきたよ~

主な登場人物

第一印刷所は、昭和18年創設の歴史がなが~い会社で、紙媒体をはじめインターネットを利用した企画開発、イベント業務や商品開発も行なっているよ。

今回は、敷地面積「東京ドーム二分の一」という広さを誇る工場に潜入!!

JOYのプチ情報:志田さんは最近バイクにハマっているらしいよ。現在の全走行距離は10㎞、バイク屋さんから家までだって!これからの季節はツーリングが楽しみだね
JOYのプチ情報:志田さんは最近バイクにハマっているらしいよ。現在の全走行距離は10㎞、バイク屋さんから家までだって!これからの季節はツーリングが楽しみだね
JOYのプチ情報:昔使っていた活字は、大切に保管されているんだって
JOYのプチ情報:昔使っていた活字は、大切に保管されているんだって

第一印刷所の工場ロビーには、昔の印刷道具が展示されていたよ!

昔は活字をひとつ、ひとつ手で拾って並べながら印刷する文章を作っていたんだって…大変だ…。

今はデータで処理ができるから、本当に便利になったよね!!!

偶数ページで一気にカラーで印刷して、誌面のページに合うように織り込まれた状態で大きな印刷機械から出てくるんだ。

1時間に最大48,000枚刷れちゃう巨大印刷機、輪転機!

冊子のぺージごとに折られて印刷される機械が、この輪転機という機械になるよ。

毎月、月刊にいがたを刷ってくれているんだって。(ありがとうね)

JOYのプチ情報:工場内はインキ臭い…よ…でも志田さんは慣れちゃったみたい!
JOYのプチ情報:工場内はインキ臭い…よ…でも志田さんは慣れちゃったみたい!

印刷用紙は、こんなにデカいロール状のもの。600㎏くらいあるんだって!

この日はジョイフルタウンが発行している『新潟観光いいトコどり』の印刷の日。

印刷をしている迫力のある動画を撮影してきたからチェックしてね↓↓

印刷だけじゃない! レーザー加工技術も凄いんです!

第一印刷所の工場にはレーザー加工ができる機械もあったよ。

御朱印帳のデザイン、名刺やジーンズのビンテージ加工までできちゃうほどの優れもの。

その機械をスタート時から扱っているのが、レーザー加工のプロ伊藤さんです!

こんなに細かい葉っぱの模様まで表現できちゃうんですって。

JOYのプチ情報:伊藤さんの名刺は、いろいろなレーザー加工が施されてあって何枚も欲しくなっちゃうよ
JOYのプチ情報:伊藤さんの名刺は、いろいろなレーザー加工が施されてあって何枚も欲しくなっちゃうよ

レーザーが照射されて、僕の顔が出来上がっていくよ! あっという間にできちゃう!

完成品がこちら

レーザーの強さでドット加減を調節して、抜かれて落ちない程度に線を表現しているよ
レーザーの強さでドット加減を調節して、抜かれて落ちない程度に線を表現しているよ

アクリル板にもレーザー加工してもらったよ! 光を当てて、ルームライトとして使おうっと。

最後にひとことちょ~だい!

これからも進化し続ける印刷工場の未来が楽しみだな~!

次回も、僕がどこかの会社に行ってくるよ、お楽しみに★

関連記事