BARBER左BARBER右 BARBERトップ outdoor_expo2022
  1. Home
  2. ライフ
  3. 【安心して子育てできるまち】新潟市の子育て支援などを紹介します

【安心して子育てできるまち】新潟市の子育て支援などを紹介します

切れ目ない支援で安心して子育てできるまち

  • 情報掲載日:2022.05.02
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

 

新潟市では、すべての家庭が安心して子育てができ、子どもが健やかに育つ環境づくりを進めています。

今回はそんな新潟市が取り組んでいる、子育てに関する不安や悩み事を相談できる「妊娠・子育てほっとステーション」と、子育て中の人に優しい、笑顔あふれる社会の実現を目指す「スマイルプラス運動」を紹介していきます。

 

不安や悩み事は「妊娠・子育てほっとステーション」に相談を

妊娠から子育てまで切れ目なく支援!

「妊娠・子育てほっとステーション」は皆さん一人一人の子育てなどの悩みや不安に寄り添い、一緒に考えていく相談窓口です。相談内容に応じてマタニティナビゲーターや保育コンシェルジュ、家庭児童相談員などの専門知識を持つ職員が対応し支援します。こども医療費助成などの申請手続きもワンストップで案内しています。

●日時:月~金曜8時半~17時半 ※祝日除く
●場所:新潟市区役所健康福祉課
●対象:妊婦、子育てをしている保護者とその家族

★トピック★

子育て応援アプリを活用しよう 妊娠期~子育て期の人を対象にしたスマートフォン用アプリです。利用方法など詳しくは新潟市ホームページに掲載しています。

[便利な機能]
•予防接種日程の一覧表示
•子育て応援情報の配信
•子どもの成長記録と家族間共有 など

 

みんなで子育てを応援! スマイルプラス運動

「スマイルプラス運動」とは、新潟市が市民・地域・企業とともに取り組んでいる、子育て中の人に優しい、笑顔あふれる社会の実現を目指す運動です。3つのステップで子育てをサポートしています

・ステップ1「理解する」
子育て世代に関心を持ち、悩みを理解しよう

・ステップ2「行動する」
一人一人ができることから行動しよう

・ステップ3「提供する」
社会全体で子育てしやすい環境を作ろう

マタニティマークを見かけたら思いやりある行動を

妊娠中、特に妊娠初期は赤ちゃんの成長と母親の健康維持のためにとても大切な時期です。体がつらくても、外見からは判断がしにくい場合があります。皆さんの優しさでサポートしていきましょう。

●思いやりある行動の例
•体調の悪そうな妊婦に気付いたら声を掛ける
•電車やバスなどで妊婦に席を譲る
•妊婦の近くでタバコを吸わない

DATA

問い合わせ先
新潟市こども政策課
問い合わせ先
電話番号
025-226-1193
リンク
市報にいがた 令和4年5月1日発行 2766号

関連記事