防災ジャック広告_2022_左防災ジャック広告_2022_右 防災ジャック広告_2022_スマホ
  1. Home
  2. ライフ
  3. 命を守る「ゲートキーパー」。大切な人の悩みに気づこう、支えよう!

命を守る「ゲートキーパー」。大切な人の悩みに気づこう、支えよう!

  • 情報掲載日:2021.12.08
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

「ゲートキーパー」って言葉を知っていますか?

「ゲートキーパー」って言葉をみなさんご存知ですか?

あまり聞き慣れない言葉なので
知らない人も多いかと思いますが、これを機に覚えてくださいね。

「ゲートキーパー」とは、
“自殺の危険を示すサインに気づいて
必要に応じてその専門家につないで、見守る人”
のことを言います。

分かりやすく言うと「命の門番」っていう意味です。

「ゲートキーパー」になるには、特別な資格は一切不要。
難しいことは必要ないんです。

皆さんの周りで悩んでいる人がいたら、まずは声をかけてあげてください。

その一言がひとりの命を救うかもしれません。

ゲートキーパーの役割について

(1)周囲の人の変化に気づいてあげよう

友達や家族、同僚など、あなたの周囲の方で、
以前に比べて『眠れない』『食欲がない』『元気がなくなった』などの変化はありませんか?

最近、家族と死別した、転勤や配置転換などで職場環境が変わった、引っ越しや結婚、出産などのライフイベントなどもストレスになることがあります。

まずはそれに気づいてあげることが大切なんです。

(2)声をかけ、話を聴こう

あれ? おかしいな?
って、変化に気づいたら
「最近元気がないけど、どうしました?」と声をかけてください。

話しやすい環境をつくり、ゆっくり話を聴いてあげましょう。

相手の話すペースに合わせて、安易に励ましたり、気持ちを否定したりしないようにすることが大切です。

・じっくりと話を聴くこと自体が、極めて重要。
・話を聴くことは悩む人への最大の支援となります。
・悩む人は話を聴いてもらうことで安心できます。
・丁寧に話を聴くことがとても大切です。

一方的なアドバイスより、話をきちんと聴いてあげましょう。

(3)専門の相談窓口につなごう

話を聴いたら、相談できる専門相談窓口を一緒に考えます。

悩み事を解決するために、どこに相談すればいいのか、どこになら相談できそうか、本人と一緒に考え、専門の相談窓口に相談をするように伝えましょう。

どこに相談すれば良いかわからない場合は、新潟県のホームページ「こころの相談 にいがた」で検索してみてください。

悩み事に合った相談窓口が掲載されています。

(4)見守ろう

温かく寄り添いながら、じっくりと見守ります。

必要があればいつでも相談に乗ることを伝えてあげましょう。

気分が落ち込む、不安やつらい気持ちが続くなど、
こころの健康に関する相談窓口

新潟県では「新潟県こころの相談ダイヤル」を設置しています。

専門の相談員が話を聴いて、悩みごとの解決に向けて一緒に考えてくれます。

新潟県こころの相談ダイヤル(毎日24時間受付)
TEL.0570-783-025(ナビダイヤル なやみ なしにいがた)
※相談無料、別途通話料がかかります

参考:厚生労働省ホームページ『まもろうよ こころ』

DATA

新潟県福祉保健部 障害福祉課
いのちとこころの支援室
リンク
こころの相談 にいがた

関連記事