新潟のパーソナルジム新潟のパーソナルジム 新潟のパーソナルジム
  1. Home
  2. グルメ
  3. 【新店】穏やかなコーヒータイムを提供する「ひとり時間」カフェ|新潟市…

【新店】穏やかなコーヒータイムを提供する「ひとり時間」カフェ|新潟市中央区

  • 情報掲載日:2024.05.24
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

新潟市にある三社神社の敷地内で臨時出店していたカフェ、Coffee Stand Me time。

この春、新潟市の東中通で土・日営業のお店としてスタートしました。

コンセプトは日常の喧騒から離れて自分と向き合うための「ひとり時間」。

木を基調とした落ち着いた雰囲気の店内はコーヒーブレイクにぴったり。

豆がもこもこ膨らむ様子はまるで理科の実験みたい
豆がもこもこ膨らむ様子はまるで理科の実験みたい
落ち着いた色のマグカップで提供する『東中通ブレンド』(550円)
落ち着いた色のマグカップで提供する『東中通ブレンド』(550円)

定番のブレンドコーヒー『東中通ブレンド』『アイスコーヒー』(各550円)と『東中通カフェオレ』(600円)は通年で提供。
豆を焙煎した後、数日間寝かせて一番うまみが引き出た状態で提供します。

ブレンドはしっかりとした苦味にすっきりとした後味があり、バランスの取れた味が特徴。
高品質な豆を使用しているため雑味がなく、冷めていく過程の味の変化も楽しめると人気です。

『東中通カフェオレ』は中深煎りのコーヒーにたっぷりとミルクを注ぎ、コクのある味わい。


ここのブレンドを楽しみたいけれど、カフェインは控えたい…という人のために『カフェインレス』(650円)も提供しています。

カスタムで『カフェインレス』のカフェオレもできます♪


また、季節に合わせたブレンドコーヒーも登場。

今シーズンは『花街の調べ』(700円)。新潟市にある花街をイメージした華やかで香り高いコーヒーです。
華やかな香りが特徴のエチオピア産の豆をたっぷり使用し軽やかな口当たりに仕上げています。

夏は『港町ワルツ』(700円)を提供予定。コスタリカの豆を使用し、柑橘系の香りと軽やかな味わいでリズミカルだけれど上品な「ワルツ」を表現しています。

プレゼントでもらったらうれしい華やかなパッケージ
プレゼントでもらったらうれしい華やかなパッケージ
コーヒー味(左)とプレーン味(右)の『ビスケット』(200円〜)
コーヒー味(左)とプレーン味(右)の『ビスケット』(200円〜)

主役のコーヒーを引き立てる焼菓子にも注目。
自家製の焼菓子は米粉を使用しやさしい味わいに仕上げています。

『ビスケット』(200円〜)は素朴な風味と高温で焼き上げたカリッとした食感が特徴。
味の素朴さに見た目が合うよう、あえて形を整えていないのだとか。
月に1回の頻度で味を変えるそうで、現在はコーヒー味を提供しています。


パウンド型の『チーズケーキ』(400円)は甘さが控えめでさっぱりとした風味。
米粉、ヨーグルト、クリームチーズを使用し、糖質を抑えています。そのため健康に気を遣いながらも罪悪感なく食べられます。

ほかに『米粉パウンド』も提供。入っているラム酒にはリラックス感を高める効果があります。

Coffee Stand Me timeが健康に繋がるメニュー提供を心掛けていることがうかがえます。

「健康を意識した材料選びを心掛けています」とオーナー・みどりさん
「健康を意識した材料選びを心掛けています」とオーナー・みどりさん

店内の本棚を覗くと、北欧の話の本や、純文学などが並んでいます。
登場人物の生き方や、作者の哲学を文章から感じ取るのが好きだというみどりさん。
感受性豊かなオーナーがセレクトした本で新たな発見や出会いがあるかも。


なお月に1回、新潟市にある寄居諏訪神社にてイベント出店もしています。

海に近い神社なので、アイスコーヒーを飲みながら海辺を散歩するのもいいですね。

たまには日常から離れて、やさしさにあふれたカフェでコーヒーを味わう「ひとり時間」を過ごしてみてはいかが。


この情報は、月刊にいがた2024年6月号に掲載されたものです。

DATA

Coffee Stand Me time(コーヒースタンドミータイム)
住所
新潟市中央区東中通2-288-2 マンション司1F
電話番号
なし
営業時間
10:00〜17:00
休み
月〜金曜(ほか不定休あり)
席数
8席
駐車場
なし
リンク
Coffee Stand Me time Instagram

同じエリアのスポット