ひだりみぎ よこ パーソナルジム
  1. Home
  2. グルメ
  3. 秋葉区のロースター、BERONのコーヒーが3月末まで古町で飲める!

秋葉区のロースター、BERONのコーヒーが3月末まで古町で飲める!

  • 情報掲載日:2024.02.17
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

新潟市秋葉区に焙煎所を構えるBERON COFFEE ROASTER(ベロンコーヒーロースター)が、古町で間借り営業を行なっています。

場所は新堀通り沿いにあるビルの2階。
THE LONG RIDEという店舗です。
営業日には写真のようにのぼりと看板が出ています。

伊藤久幸さん。サラリーマン時代に独学でコーヒー焙煎をスタート。最初は手焙煎から始めたのだそう!
伊藤久幸さん。サラリーマン時代に独学でコーヒー焙煎をスタート。最初は手焙煎から始めたのだそう!

迎えてくれるのは、BERON COFFEE ROASTERの伊藤久幸さん。

伊藤さんの肩書はROASTER/FARMER。
そう、農家でもあるのです。

伊藤さんは家業の米作りをしながら、スペシャルティコーヒーを中心としたコーヒーの焙煎をしています。
トレーサビリティを重視し、農家とコミュニケーションがとれた信頼のおける業者から直接豆を仕入れ、それぞれの個性をいかすように独自の感覚で焙煎。
フレッシュな状態で提供しています。

一杯づつ丁寧にドリップ
一杯づつ丁寧にドリップ

要予約で焙煎所での直売もしていますが、それ以外はイベント出店が主で、定期的に伊藤さんがいれるコーヒーを飲める機会は多くありません。

今回の間借り営業は1月から3月まで!
しかも現在は水曜から日曜まで営業(日曜は第1・3のみ)!
3カ月間、しかも週に最大5日も、古町で伊藤さんのコーヒーが飲めるのです!!!

シングルオリジンコーヒーは11種類で1杯650円~。
豆の個性をいかしたいとの思いから、浅煎り、中煎りが中心です。
個性的な味わいのコーヒーも多いので、ぜひ伊藤さんに聞きながら選んでくださいね。
ブレンドはハウスブレンドと、深煎りのダークブレンドの2種類で、各550円。
ほか、エスプレッソやアメリカーノ、オーツミルクラテ、コーヒー豆の果皮を使ったお茶・カラカスティーなどもあります。

おいしいコーヒーと一緒に味わってもらいたいのがスコーン。
自家製酵母でのスコーン作りを行なうlilyのものです。
プレーン(350円)もありますが、伊藤さんのおすすめは『ゲイシャスコーン』(写真右・500円)。
ゲイシャ種のコーヒー豆を使ったスコーンで、注文するとリベイクした後、ゲイシャ豆の粉末と和三盆を合わせた特製のパウダーをかけて提供してくれます。
コーヒーに抜群に合います!ぜひお試しあれ。

店内
店内

窓が大きくとられた店内は明るく居心地抜群。
伊藤さんとの会話を楽しみながらカウンターでコーヒーを味わうもよし、古町の景色を見下ろしながらのんびり過ごすもよし。
テイクアウトもできますので、コーヒースタンド的に利用するのもアリです!

お話し好きでとっても明るい伊藤さん。ダブルピースでにっこり
お話し好きでとっても明るい伊藤さん。ダブルピースでにっこり

THE LONG RIDEでの間借り営業は3月末まで。
古町散策がてらふらりと立ち寄ってみてください!

DATA

BERON COFFEE ROASTER POPUP@THE LONG RIDE
開催期間
~3月30日(土)10:00~16:00
会場名
THE LONG RIDE
会場住所
新潟市中央区古町通8-1508・2F
休み
月・火曜、第2・4・5日曜
問い合わせ先
BERON COFFEE ROASTER
問い合わせ先
電話番号
メール contact@beron-coffee.com
リンク
BERON COFFEE ROASTER Instagram
備考