ひだりみぎ よこ パーソナルジム
  1. Home
  2. グルメ
  3. 佐藤食肉がヤスダヨーグルトと長岡牧場と連携して生み出した新ブランド豚…

佐藤食肉がヤスダヨーグルトと長岡牧場と連携して生み出した新ブランド豚「純白のビアンカ」とは?

  • 情報掲載日:2023.12.12
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
栄養豊富な飼料を与えられ、豊かな自然のなかで育った豚はとっても健康的
栄養豊富な飼料を与えられ、豊かな自然のなかで育った豚はとっても健康的

「当社では以前から地元企業との連携を積極的に行なっていて、純白のビアンカの取り組みもそのひとつでした」と佐藤食肉の常務・佐藤広国さん。

2017年に誕生した純白のビアンカは「やむを得ず捨ててしまう資源の再利用」「女性が食べやすい豚肉」をテーマに、ヤスダヨーグルトの製造過程で出るホエイ(乳清)を飼料として使用。

広大な自然に囲まれた長岡市の養豚場、長岡牧場で大切に育てられます。

高い栄養価と豊富な乳酸菌が、透き通るような白い脂身、歯切れのよい肉質、上品な甘さに繋がっています。

出荷数は毎週約25頭ととても貴重で、現在は県内の100軒ほどの飲食店に卸しているそうです。

純白のビアンカはおもに佐藤食肉の本社工場で加工されています
純白のビアンカはおもに佐藤食肉の本社工場で加工されています
加工工場の現場責任者である渡辺芳法さん
加工工場の現場責任者である渡辺芳法さん
ヤスダ ヨーグルトの『ヨーグルトフロマージュ』を作る過程で生まれるホエイを使用
ヤスダ ヨーグルトの『ヨーグルトフロマージュ』を作る過程で生まれるホエイを使用

一般向けには佐藤食肉ミートセンターとオンラインショップで販売されています。

インパクトのあるブランド名が印象的ですが、「ビアンカ」にはイタリア語で「白」という意味があり、ホエイの色や新潟の雪を連想させます。

ロマンチックな雰囲気から、結婚式などのシーンにもぴったりな食材です。

販売元 佐藤広国さんがおすすめする、純白のビアンカが食べられるお店

『日本昔話盛』(2,178 円)
『日本昔話盛』(2,178 円)
豚バラを使用。さっぱりとした脂と、うまみの強い赤身が特徴です
豚バラを使用。さっぱりとした脂と、うまみの強い赤身が特徴です

全国から厳選したアサリやハマグリなどを使った貝ダシ料理が注目を集める一方で、昨年から提供を始めた『あがの豚丼』も口コミで話題に。

北海道の郷土料理・十勝豚丼をモデルに、溶岩石で焼いた純白のビアンカをご飯にのせたオリジナルメニューです。

写真は肉を贅沢に20枚(!)のせた『日本昔話盛』(2,178円)。

8枚の並盛(935円)から提供しています。

お店の場所はにいつフードセンター五泉店の駐車場内
お店の場所はにいつフードセンター五泉店の駐車場内
お店の場所はにいつフードセンター五泉店の駐車場内
お店の場所はにいつフードセンター五泉店の駐車場内

DATA

さらい
住所
五泉市赤海599-1
電話番号
0250-47-4660
営業時間
11:30~13:30/18:00~23:00(土・日曜、祝日は11:30~14:00/18:00~24:00)
休み
月曜
席数
28席
駐車場
60台
リンク
さらい公式インスタグラム

関連記事