ひだりみぎ よこ パーソナルジム
  1. Home
  2. グルメ
  3. 阿賀町産スパイスを使い、農福連携で作られたレトルトカレーが話題!

阿賀町産スパイスを使い、農福連携で作られたレトルトカレーが話題!

農×福スパイスカレー

  • 情報掲載日:2023.07.02
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
室谷集落
室谷集落

阿賀町の上川地区にある室谷集落。
県道227号沿いの最後の集落、まさに「阿賀町の最奥」です。

この室谷集落在住・出身・ゆかりのある20~40代で結成され、地域活性を目的にさまざまな活動を展開しているのが室谷青年会。

彼らが関わるレトルトカレーが話題を呼んでいます。

室谷青年会副会長の清野和幸さんとラグーンの飯塚有紀さん。バックはラグーン敷地内に栽培されたコリアンダー!
室谷青年会副会長の清野和幸さんとラグーンの飯塚有紀さん。バックはラグーン敷地内に栽培されたコリアンダー!
レトルトカレーのもとになった『ラグーンカレー』。ラグーンカフェの看板メニューです
レトルトカレーのもとになった『ラグーンカレー』。ラグーンカフェの看板メニューです
ラグーンカフェがあるのは新潟市西区の佐潟のそば。 祝日、第4金曜除く月~金曜10:00~14:00営業(食事は11:00~提供)
ラグーンカフェがあるのは新潟市西区の佐潟のそば。 祝日、第4金曜除く月~金曜10:00~14:00営業(食事は11:00~提供)

「もともと『ラグーンカレー』のファンだったんです」と言うのは、阿賀町・室谷(むろや)青年会の清野さん。

「看板メニューの『ラグーンカレー』をもっと多くの方に食べてもらいたいと考えていました」と、ラグーンカフェを運営する就労継続支援B型 ラグーンの飯塚さん。

双方の思いが合致し、玉ネギとトマトをたっぷり使ったスパイスチキンカレー『ラグーンカレー』をモデルに、青年会メンバーが育てた室谷産スパイスを使ったレトルト商品を作ることに。

室谷地区のコリアンダー畑。面積は400平方メートルほど
室谷地区のコリアンダー畑。面積は400平方メートルほど
5月下旬に撮影にお邪魔した際には、かわいらしい小さな白い花が咲いていました
5月下旬に撮影にお邪魔した際には、かわいらしい小さな白い花が咲いていました

室谷地区で栽培するスパイスは、害虫の被害を受けにくいコリアンダーに決定。

コリアンダーはパクチーのこと。

室谷産のコリアンダーシード(種)
室谷産のコリアンダーシード(種)

ご存じのように葉の香りは強烈ですが(ちなみに室谷地青年会のみなさんはパクチーの葉は苦手で誰も食べないそうです。だから種を育てることに専念できるというわけ!)、種は柑橘のようにさわやかな香りで、カレーにまろやかな甘みを与えます。

地元のお母さんたちの助けを借りながら、休耕地を利用しコリアンダーを栽培。

秋に収穫した種を粉末にし、レトルトカレーに使用しています。
現在の収量は年間1キロほどだそうです。

ラグーン利用者も参加した種まきの様子。地域の人々と 楽しく共同作業
ラグーン利用者も参加した種まきの様子。地域の人々と 楽しく共同作業
『農× 福スパイスカレー』表面
『農× 福スパイスカレー』表面
『農× 福スパイスカレー』裏面
『農× 福スパイスカレー』裏面

種まきにはラグーンの利用者も参加し、パッケージにはラグーンアトリエ部のしゅんすけさんの絵を用いるなど農福連携を図っています。

「現時点では室谷産コリアンダーの使用量は全体の1割程度ですが、もっと収量を増やして、使用量も増やしていきたいです」と清野さん。

100%阿賀町産のレトルトカレーが完成する日が楽しみです!

『農×福スパイスカレー』は648円。
新潟伊勢丹 1階 NIIGATA 越品(新潟市中央区)、ラグーンカフェ(新潟市西区)、いわむろや(新潟市西蒲区)、道の駅 阿賀の里(阿賀町)、パンとおやつ 奥阿賀コンビリー(阿賀町)などで購入できます。

DATA

農×福スパイスカレー
問い合わせ先
パンとおやつ 奥阿賀コンビリー
問い合わせ先
電話番号
0254-92-7100

DATA

問い合わせ先
ラグーンカフェ
問い合わせ先
電話番号
025-239-2150(就労継続支援B型 ラグーン)
リンク
農×福スパイスカレー物語 - 就労継続支援B型ラグーン

関連記事