ひだりみぎ よこ gym
  1. Home
  2. グルメ
  3. スパイスの刺激をスイートなパフェで癒して|三条市

スパイスの刺激をスイートなパフェで癒して|三条市

  • 情報掲載日:2023.03.12
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
田園風景の中に建つ、カレーキッチン Pandora
田園風景の中に建つ、カレーキッチン Pandora
店主・市川淳之介さんと妻・みや子さん
店主・市川淳之介さんと妻・みや子さん

カレーキッチン Pandoraがあるのは、三条市の栄地区。
ご主人が作る無添加・グルテンフリーのスパイスカレーと、奥様が作るパフェがお店の二枚看板です。

『にんにく豚カレー』(1,000円)
『にんにく豚カレー』(1,000円)

カレーメニューのなかでも定番人気というのが『にんにく豚カレー』。
前日からスパイスに漬け込んだ豚肉がゴロッと入っています。
カレーが仕上がったら、熱したスパイスオイルをかけて完成!
鮮烈なスパイスの香りとニンニクのうまみがクセになります。
ご飯は奥様のご実家で採れたコシヒカリを五分つきにしたもの。
カレーをかけて味わうのではなく、カレーに浸して味わうのがご夫妻のおすすめです。

辛いんでしょう!? と思われそうですが、甘口と辛口を選ぶことができ、甘口は一切辛みがないので小さな子どもでも安心して食べられるそうです。


さあ、カレーを食べ終わったら、スパイシーになった口の中をパフェで癒しましょう!

『越後姫とブリュレシフォンの雪解けパフェ』(950円)
『越後姫とブリュレシフォンの雪解けパフェ』(950円)

パフェは定番『チョコバナナパフェ』(850円)と旬の果物を使う季節のパフェの2種類。
現在の「季節のパフェ」は、今年の春限定の『越後姫とブリュレシフォンの雪解けパフェ』です。

主役のイチゴは、店主ご夫妻が惚れ込んだ、地元の熊谷農園と内山農園の採れたて越後姫。
生クリーム入りの自家製シフォンケーキの上面をキャラメリゼし、「パリパリ、フワッ」の食感で雪解けをイメージしています。
底に入ったパンナコッタのなめらかな食感もよく合います。


ちなみにパフェを提供することになったのは、「自分の食べたいカレー」を作り上げ提供するご主人に対して、「奥さんも好きなものを提供してみたら?」というお客さんからのひとことがきっかけだそう。
もともと甘いものが好きで、ご自身でもよく作っていたというみや子さん。
その究極形がパフェだったといいます。
「作るからには理想のパフェを作ろう!」と奮起。
ふたつのパフェを作り上げたというわけです。
ちなみに「季節のパフェ」はイチゴの後は絶大な信頼を寄せる福島の農家から取り寄せるサクランボ、同農園の桃…と続くそう。
越後姫のシーズンが終わっても、引き続き足を運ぶ楽しみがありますね!


「カレーキッチン」ですがカフェ遣いもOK。
パフェ目当ての来店も大歓迎だそうです。

なお混雑時にはパフェ提供に時間がかかる場合あるそうなのでお知りおきを。

DATA

カレーキッチン Pandora(パンドラ)
住所
三条市若宮新田719-1
電話番号
0256-45-6535
営業時間
11:30~19:30(LO19:00)
休み
日・月曜
席数
20席
駐車場
10台
リンク
カレーキッチン Pandora Instagram
備考

同じエリアのスポット